« 入間と狭山のプラネタリウム 「懐かしの昭和レトロプラネタリウム」 | トップページ | 2021年すだちの木の状況( その2:今年は豊作か?! ) »

2021年6月 8日 (火)

時間だけ超えて、漱石に会いに行ってきた。『漱石山房記念館』

先日、ここに行って来ました。初訪問です。

早稲田南町にある『新宿区立 漱石山房記念館』

実は漱石好きなんです。

ここは、漱石が晩年の9年間を過ごした場所で、実際に住んだ土地に記念館が建てられていています。

再現された書斎がある他、草稿やら初版本やらが展示されています。

P_20210603_130530

書斎にはたくさん本が並んでいますが、本物ではなくて、漱石の蔵書(東北大学附属図書館が保有している)に基づいて作成したレプリカとの事です。

草稿やら初版本は幾つか展示されていますが、愛用の品とかがある訳ではなく(長襦袢があったけど)、ここは、実際に漱石が過ごした地理的空間という事で、それに浸るところなのかも知れません。いや、そうに違いない。

そう、時空を超えなくても、時間だけ超えればいいという。

すぐ横にある道草庵のスタッフの方が、『あの水道の蛇口のあたりに書斎があったらしいです』と教えてくださいました。

目を閉じて過去に思いをはせると、漱石の気配を感じられるかもしれません。

記念館を出た後はさっさと帰ったのですが、もっと散策とかすればよかった。

ちなみに、写真は撮ってもいい場所がごく限られています。

入館料は300円でした。

P_20210603_133309

P_20210603_135159

また、書斎の様子は、神奈川近代文学館から得た情報で再現したそうで、ググっているうちに、神奈川近代文学館に行ってみたくなりました。

なんか、35年くらい前に行ったことがある様な気もするし、それは全然別の所のような気もするし。。。

今度そっちも行ってみよう。

新宿区立 20漱石山房記念館

神奈川近代文学館 夏目漱石デジタルコレクション

|

« 入間と狭山のプラネタリウム 「懐かしの昭和レトロプラネタリウム」 | トップページ | 2021年すだちの木の状況( その2:今年は豊作か?! ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入間と狭山のプラネタリウム 「懐かしの昭和レトロプラネタリウム」 | トップページ | 2021年すだちの木の状況( その2:今年は豊作か?! ) »