« 編集中★川の防災情報リニューアルの件の続き 【5】各種 ( メモ | トップページ | 1×4材、2×4材で縁側を作った »

2021年4月 9日 (金)

2021年すだちの木の状況(その1)

昨年、究極奥義『環状剥皮』によって、植えて十数年経って初めて実がなったすだちの木。

去年は全部で28個収穫できました。

今年も、状況をレポートしていきたいと思います。

結局、2020年の収穫後、メンテナンス的なことは何もしませんでした。

環状剥皮をしたら、翌年もしないといけないみたいな記事を見かけたりもしたのですが、確信も持てず、そのまま様子見です。

昨年は、秋になって、環状剥皮をした枝の葉は、一昨年同様黄色くなって落葉しました。

Oi000585rs1280
↑:2020.11.07

P_20210305_165951rs1280

↑:2021.03.05

 

環状剥皮の箇所はその後放置していますがこんな感じです。( ↓:2021.4.6 )

P4060067rs1280

 

今月になって、新しい葉っぱや、蕾が出て来ました。

昨年同様、蕾が出来ているのは、環状剥皮をした枝です。

P4070012rs1280

↑:2021.4.7

P4080035rs1280

↑↓:2020.04.08

P4080036rs1280

という事で、状態は一年前と似ています。

なんとなく、今年も収穫できそうな予感。

定期的にレポートしていきます。( たぶん )

 

■過去のレポート

2019.03.27 すだちに実がならないから「環状剥皮」をしてみた

2020.09.06 環状剥皮で、すだちに初めて実がなった

 

◆ちなみに、普段は実家や親戚が送ってくれたりするのですが、買う時は以下のどっちかで買っています。

【楽天市場】阿波のうまいやっちゃ

【yahooショッピング】徳島県物産センター

 

|

« 編集中★川の防災情報リニューアルの件の続き 【5】各種 ( メモ | トップページ | 1×4材、2×4材で縁側を作った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 編集中★川の防災情報リニューアルの件の続き 【5】各種 ( メモ | トップページ | 1×4材、2×4材で縁側を作った »