« Googleアナリティクスで自分を除外する方法 | トップページ | そろそろこのBlogも閉じようかなシリーズ(その一) »

2020年11月 1日 (日)

刑事コロンボの階級は警部?警部補?警視?

今、BSで刑事コロンボやっています。

刑事コロンボ。好きなんですよね。

本日は、みなさんよくご存じの「刑事コロンボ」の階級の話です。

日本語吹替えのドラマでは「警部」になっていますよね。

英語音声で聞くと、「ルテナント コロンボ」と言ってます。

ルテナントは、lieutenant。直訳すると、警部補です。

なーんだ、警部補かー。

とずっと思っていたのですが、ロサンゼルス市警察における、lieutenantは、日本の警視に相当すると( wikipedia )に出ていました。 

警視と言えば、日本では、小さな警察署の署長。

警視庁だと捜査一課の管理官や理事官。

ドラマのコロンボを見ると、そこまで偉いという感じもしません。

とは言え、現場に出ているとはいえ、殺人事件では大勢の警官を指揮する捜査責任者です。

やはり警部補という感じでありません。

色々考えると、やっぱり、警部というのが日本人の感覚に合っているんですかね。

警部だと、警視庁の本庁だと係長。所轄署だと課長。

まあ、古畑さんよりは偉いし、踊る大捜査線の初めの頃の室井さん程は偉くない感じです。

それはそうと、これまたwikipediaで恐縮ですが、ロス市警は日本のようなキャリア制度がないから、巡査からトップに上がることが出来るそうなんですね。

それが、普通というか、普通ですよね。

 

 

|

« Googleアナリティクスで自分を除外する方法 | トップページ | そろそろこのBlogも閉じようかなシリーズ(その一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Googleアナリティクスで自分を除外する方法 | トップページ | そろそろこのBlogも閉じようかなシリーズ(その一) »