« 第68回埼玉県高校演劇中央発表会 ( 1日目 ) | トップページ | 高校演劇を観始めたこと »

2019年11月17日 (日)

第68回埼玉県高校演劇中央発表会 ( 2日目 )

P_20191117_132905_s

本日も、与野本町に行ってきました。
本日は以下の4校です。

埼玉県立戸田翔陽高等学校『届け』作/品田歩(顧問創作)

埼玉県立新座柳瀬高等学校『 [hénri]! 』原作/ジョージ・バーナード・ショー 翻案/稲葉智己(顧問創作)

埼玉県立秩父農工科学高等学校『群青フェイク』作/コイケユタカ(顧問創作)

埼玉県立川越西高等学校『ゆーめいどりーむ』作/成井稔(顧問創作)

 

それで、今回は表彰式は観ずに失礼したのですが、これを書いているうちに、結果をネットで知りました。

最優秀:新座柳瀬、優秀一席:川越、二席:秩父農工科学 だそうです。

みなさまおめでとうございます。

 

ではわたくしの感想をば

 

埼玉県立戸田翔陽高等学校
『届け』作/品田歩(顧問創作)

従妹同士の関係が祖母と親友の関係に重なって、時代を隔てて交互に切り替わっていくお話です。
ここ
の舞台には、セットがなんにもありません。
そして、現代の従妹と、祖母と親友との切り替えが
淡々と続いていきます。

ちょっと時計を見たりはしたんですが、なんか、こう、じゅわーって伝わって来るものがありました。

ぐいぐい引き込まれるというのではなくて、なんかちょっと時間をおいてじゅわーっと。

いい感じでした。

一つ気になったのですが、祖母と親友のキャストは逆のほうが良かったのではないかと、なんか違和感をずっと感じておりました。

 

埼玉県立新座柳瀬高等学校
『 [hénri]! 』原作/ジョージ・バーナード・ショー 翻案/稲葉智己(顧問創作)

相変わらず素敵なセットです。

いつも通りの安定の新座柳瀬の舞台でありましたが、今回は、ちょっと月9的要素が弱かった。

女子が一人なのはいいとして、フレディの存在が今一つ弱かったし、ハラハラ感も薄かった。

暖かく優しくて、ほのかな愛情を紡いでいくという感じでありました。

ラストも二人が手をつないで出かけるという割と淡白な終わり方だったし。

これはこれで良かったし、苦手を克服していくという所に主題があったのかもしれませんが、ファンの勝手な期待値としては、月9度が高いほうが良かった。

とはいえ、緞帳が下りた後、客席ざわっとしてました。 

 

埼玉県立秩父農工科学高等学校
『群青フェイク』作/コイケユタカ(顧問創作)

お話としては、秩父農工の得意ないじめものです。

人の感情がよく深堀されているというか、アサヒの心の声にとても共感しました。

役者さんが皆さん立派で迫力があるのは、いつも通りです。

とてもよかったです。

それはそうと、今回どおしたんでしょう?
舞台にお金かけた感がありません。
昨年は、プロジェクションマッピング(?)みたいなところまで行きましたから、初めのうちは何が出てくるんだろうかと期待しておりました。
今回は原点回帰ということでしょうか。

 

埼玉県立川越西高等学校
『ゆーめいどりーむ』作/成井稔(顧問創作)

これは数年前に、入間向陽の舞台を地区大会で拝見しました。

今回は前よりずいぶん良かったです。

ずっと繰り返されて、やっぱり途中ちょっと眠くなったりもしたのですが、力強く迫力がありました。

緞帳が上がるときに、放射線のマークが映し出されていたのと、最後に防毒マスクの人が出てきて、なんていうか、8年経ったんだなあと。

割と、震災をひきづったり、そこでもがくヒューマンな舞台が多い中、まったく別の側面の台本で、8年前の空気感を思い出しました。

 

ということで、二日間で10校拝見しました。

私のつけた順番は、

1. 川越高校『いてふノ精蟲』作/阿部哲也(顧問創作)

2. 芸術総合高校『さらば夏の思い出』作/市堂令(劇団青い鳥)潤色/芸術総合高校演劇部(既成)\\

3. 秩父農工科学高校『群青フェイク』作/コイケユタカ(顧問創作)

であります。

川越は圧倒的で私の中では今回別格でした。

芸総と秩父は迷ったんですが、今回の芸総は、美しさと眠くならないストーリーの両立しつつある作品であったと思いました。

 

 

それから、『生徒鑑賞委員会』による『感想会』なるものが、幕間にロビーの片隅で行われておりました。

これはいったい・・・。
ご自由に聞いてくださいってなっていて、周囲を人が取り囲む中、長机2つに生徒さんが数人と先生が一人。

劇の感想を話し合っています。

しかし、これは誰の発案なのでしょう。なんか、いかにも学校の先生が考え付きそうなことといいますか、生徒に感想を述べさせて、それを参観日風に周りで大人が聞いているという。

私だったら頼むから勘弁してくれという情景が展開されていて、ちらっと見に行きましたけど、いたたまれなくなってそそくさと立ち去ったのでありました。

 

ということで、充実の二日間でありました。

今日のビールはうまいに違いない。

 

 

 

|

« 第68回埼玉県高校演劇中央発表会 ( 1日目 ) | トップページ | 高校演劇を観始めたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第68回埼玉県高校演劇中央発表会 ( 1日目 ) | トップページ | 高校演劇を観始めたこと »