« 真冬のち春 | トップページ | 換毛期 »

2019年3月27日 (水)

すだちに実がならないから「環状剥皮」をしてみた

わが家の小さな庭には、すだちの木がありまして。

すだちは、徳島県出身の人間には必需品ですから、毎年、田舎から送ってくれたり、ネットで注文したりしております。

自分の家ですだちが獲れたらさぞ素敵だろうなと、たぶん、もう10年くらいにはなると思うのですが、近所のホームセンターで、すだちの木を買いまして、初めのうちは小さな鉢で育てていたのですが、一向に実がならないので、何年かして、地面に植え替えました。

後で聞いた話ですが、すだちは鉢植えの方がいいとか・・・。

まあ、そのうち実がなるだろうと気長に構えていたのですが、何年経っても一向に実がなるどころか、花も咲きません。


『咲かぬなら、咲くまで待とう、すだち』


スッゴイ棘がたくさんあって、剪定した後とかゴミ出しにも難儀するし、幾らなんでもこのままではまずい。

ググッてみますと、蝶の幼虫がいたら捕殺するようにという記事を見つけました。

わが家のすだちの木は、アゲハ蝶の楽園です。

毎年、おおくの幼虫が、スダチの新しい葉を食べて食べて食べまくって、すくすくと育っています。

しかし、これを捕殺するのはなんとも忍びない。

昨年は、アゲハの蛹が羽化するところも見たし。

P_20180930_141500

P_20181013_075945

という事で、さらにググッてみますと、『環状剥皮』なる奥義があることが分かりました。

これは、幹を一定の幅で薄く樹皮を剥ぐというもので、これをやった翌年、1000個採れたとか、凄い記事を見つける一方で、下手をすると枯らしてしまうこともある、なんとも危険な技の様です。


『咲かぬなら、咲かせて見せよう、すだち』


すだちにもなって欲しいし、枯れるのも嫌だということで、大元の幹ではなく、幹から分かれた3つの大きい枝のうちの一本で試してみることにしました。★実は、このことが大変重要で要素となります。

 P_20190324_122929

P_20190324_122935

こんな感じです。

さて、どうなることやら。

<2020.10.15追記>
実を付けました。(その後の様子)↓
環状剥皮で酢橘(すだち)が初めて実をつけた件

 

◆ちなみに、普段は実家や親戚が送ってくれたりするのですが、買う時は以下のどっちかで買っています。

【楽天市場】阿波のうまいやっちゃ

【yahooショッピング】徳島県物産センター

 

|

« 真冬のち春 | トップページ | 換毛期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真冬のち春 | トップページ | 換毛期 »