« 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の③( 坂戸、秩父農工科学 ) | トップページ | 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の5 俳優賞とその他 »

2018年11月22日 (木)

第67回埼玉県高校演劇中央発表会の④ ( 南陵、草加南 )

12:50 昼食休憩

13:50 南稜高校「部活紹介って何すればいいの?」作:村上 健(顧問創作)

幕が上がるまで、演劇部の部活紹介だとばかり思っていました。

実質的に登場人物は二人。

剣道部の女子部員が二人、部活動紹介をすることになって、悩んだ末に狂言をすることに。

そこまでが前半。後半は実際に狂言。

恥ずかしながら狂言など観た事もなく、どう評価したらよいかも分からず。

そもそも、能と狂言の違いも分からず、途中、寝てしまったのは確かです。

ただ、有名な狂言師の舞台だったとしても、たぶん寝てしまったと思います。

昔、N響のコンサートに行って寝たのと同じかと。

実験的で、アイデアは良いのだとおもいますが、中々それを完成させるところまで達していないという感じでした。

主役の子はなかなかいい味出していました。

そして、出場校の中でここが一番少人数。スタッフも入れて総勢5人。

いろいろとご苦労があったでしょう。

その中での県大会進出。とてもえらいです。

そして、一年生は2人。

どうか頑張って、新入生を沢山入れて、来年の県大会で観られることを期待しています。


15:10 草加南高校「はなまぼろし」作:大谷駿雄(既成)

南稜まで観たところで、暫定一位は迷うことなく、坂戸。

2位は、新座柳瀬か秩父農工科学かはたまた浦和南か。

しかし、幕が上がって1分後には、えっ? なにここ凄いってなりまして。

とにかく美しい。

話は明治時代でしょうか、古臭い感じで、今風に変えても良かったようにも思いますが、水子と言い、風と言い、舞台が美しかった。

おじいさんの顔が若いのと、杖の突き方にキャップがあったのと、桜子の業みたいなのが良く分からなかった。

あと、洋服来た娘と両親が2回ほど出てきたのが良く分からなかったですが、これは分からないほうが駄目ですよね。たぶん。

でも、本当に美しかった。


で、こんなことを書くと大変失礼かも知れませんが、芸総はこれをやればいいのではないかと。

これを芸総風にアレンジすれば、全国間違いなしと、無責任に思ったのでありました。

という事で、順位です。( 既にtwitterでつぶやいてますが )

1位は迷いましたが・・・

1. 草加南高校「はなまぼろし」
2. 坂戸高校「うさみくんのおねえちゃん」

粗はあったかも知れないけど、草加南はどうしたって、美しかった。


そして、3位も迷いましたが、以下となりました。

3. 秩父農工科学高校「ゼロデプス」
4. 新座柳瀬高校「Ernest!?」
5. 浦和南高校「緑の教室」

結局、私の選んだ3校は、いずれも3位内に入りませんでした。


という事で、今日は残業で遅くなったので続きは週末に。


あとは、俳優賞の発表と、雑多な事を書く予定であります。

|

« 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の③( 坂戸、秩父農工科学 ) | トップページ | 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の5 俳優賞とその他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の④ ( 南陵、草加南 ):

« 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の③( 坂戸、秩父農工科学 ) | トップページ | 第67回埼玉県高校演劇中央発表会の5 俳優賞とその他 »