« エアコンのフィルターは定期的に点検しましょう | トップページ | スパシオもうすぐ17歳 »

2017年1月30日 (月)

『海賊と呼ばれた男』読みました

先日、「海賊と呼ばれた男」を観まして、中々面白かったので、本も買いました。

 


原作のほうも面白かったです。一気に読了しました。

出光興産すごいなあ、出光佐三すごいなあ。

馘首なし、タイムカードなし、定年無し。社員は同業他社に較べて段違いに働く。

(現在は勤務時間管理や定年制が導入されているようですが)

一代で出光興産を築いた佐三さん。社員を愛し、国を愛する、不屈反骨の明治男。

登場人物がみなさん、「この人の下で働けて本当に幸せだったー」みたいな感じです。


たぶん、そうなんでしょうけど、見方を変えればちょっとかなりブラックでもあります。

いやー、私だったらついていけなくて、直ぐに辞めてしまったんではないかと・・・。


映画も原作もよかったですが、ちょっと気になったのは、どれくらい脚色が入っているんだろうかということ。

凄い人だったという事は本当だと思うんですが、それはそれはとても愛国者に描かれていて、実際そうだったんだろうとは思うんですが、「カエルの楽園」読んでから、百田さんかなり盛ってたりするんじゃなかろうかと、ちょっと思ってしまいました。


面白かったし、戦後のことも良く分かったし、いいと思います。

|

« エアコンのフィルターは定期的に点検しましょう | トップページ | スパシオもうすぐ17歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『海賊と呼ばれた男』読みました:

« エアコンのフィルターは定期的に点検しましょう | トップページ | スパシオもうすぐ17歳 »