« 今日こそは、障子張り替えて、網戸張り替えて | トップページ | 障子の張り替え3訓 »

2016年12月25日 (日)

第13回 年末ジャンボ演劇祭の感想

今日はですね、障子の張替えなんぞをしまして、もう、身体、ボロボロです。疲れたー。


で、土日は、「第13回 年末ジャンボ演劇祭」でありました。

この公演は、保護者でもなく卒業生でもない、ただの一般客が行くには、ギリギリの公演です。

いや、ギリギリと思っているのは私だけで、実際はギリギリを越えてますかね。

なので、今年も勇気を振り絞って行ってまいりました。


初日の土曜は、

 所沢北高校 「きっと訳あり家族」( ORANGE 作 )(既)
 所沢中央高校 「クリスマス☆ハビネス」( くうとん 作 )(既)
 芸術総合高校3年 「アントン、猫、クリ」予告編+α( 作・構想 篠田千明 作曲 安野太郎 製作 快快 )(既)
 芸術総合高校卒業生 「逆手の拍手」( 村井晴南 作 )(創)、ふたりは会☆シャイン


で、感想でございますが、今回はちょっと、うーんという感じでありました。

芝居の公演というより、イベントのような感じでありましたし、観客に見せるというより、自分たちが楽しむという雰囲気の、割と強めに出たイベントでありました。

まあそれはそれでいいんですが、そういうコンセプトもありだと思いますが、去年のクオリティが高かったので、ちょっと残念でした。


●所沢北高校
父と女子高生の二人暮らし。何故か家で拳銃を扱う変な親子・・・。
そのことに疑問を持つ娘だったが、実は、両親は殺し屋だった・・・。

所沢北は家族ものが多いですね。去年の年末ジャンボも、春の大会もそうでした。

で、今回はですね、ちょっと台本がいまいちでした。
 
両親が実は殺し屋というあり得ない設定なので、コミカルに走るのかと思えば、普通の展開。

それとですね、所北は「父+母+娘」という構成でやって来て、それは中々いい感じだったんですが、3年生の父と母が引退して、2年生の娘と1年生の父で同じような雰囲気になっているんですが、同じ路線だと、一枚足りないし、お父さんも中々先輩を越えられない。

ここは、路線を変えてもいいのではと、無責任に勝手なことを思うのでありました。

あと、秋季大会の奥野さん役の子が出てないのが残念。


●所沢中央高校
お母さんがいなくなってお父さんと二人で暮らす少女が、サンタクロースに宛てて書いた願いは「お母さんに会いたい」
サンタクロースの世界に紛れ込み、下級サンタ(?)たちと繰り広げる物語。果たしてお母さんに会えるのか。
みたいな。

えーと、ここはですね、客席や観客も利用した芝居になっていまして、クリスマスですし、年末ジャンボ演劇祭ですので、それは全然ありだと思うんですが、ちょっと、完成度というか、練度がいまひとつ。でありました。

 芝居としてもそうですし、ダンスの部分もそうでありました。

ダンス。やっぱり、披露するなら、しっかり練習して欲しい。

そして、台本も・・・。

キャストとしては、優菜とピットが存在感がありました。

優菜は秋季大会では「小道具」の一年生。次の春季大会が楽しみです。

それと、秋季大会の江原さん役の子が出てなくて、これも残念。

●芸術総合高校3年
予定していた芝居を間に合わせることが出来ず、予告編映像を映して、場つなぎ的にカットのいくつかをやって見せたり、それでも半分しか持たず、後半は顧問の先生と、OGの方を巻き込んで、客席を巻き込みながらの即興劇で、結局予定時間を10分オーバーして終わりました。
まあ、芝居をしていないので、なんとも言えません。
時にはこういうこともあるでしょうし、非常事態の中で、よく場を持たせたと思いますが、しかし、全国大会で優秀賞を取った舞台を引っ張った方たちにしてはちょっと・・・と思ってしまいます。

その、もう少し、お詫びをしても良かったのではないかと。

まあ、お金を出しているわけではないし、そもそも、お楽しみ会的な要素があるのでしょうけど、やはり、観に来た観客に、きちっと詫びるところから始めるべきではなかったかと思います。

パンフレットにも、お詫びか載っていましたが、多くは、関係者に向けられたものでしたし。

●芸術総合高校卒業生
2本立てです。
一本目は、ちょっと霊感が強い、或いはちょっと精神的に問題のある妹と、姉が出てきて、ちょっとシュールで、ちょっと難しいお話でした。
これは付いていけませんでした。

二本目は、残業する先輩後輩のはなし。
こちらはですね、日常的に残業しているものからして、ふーんと思ってしまう内容でした。

うーん、役者としては、高校生たちより一段上でしたが、芝居としては、ちょっと・・・。


そして、フィナーレ。
去年は所沢北賞が当たりました。今年も期待してたんですが、今年は二等賞が当たりました。ありがとうございました。


なんか、お金も払ってない、アウェー120%のオッサンが、失礼なことをいろいろ申し上げて相すみません。


日曜は、芸総の2年生の舞台がありまして。
去年のお勝手の姫で活躍した方たちが出るので観たいところではあったのですが、いい加減、障子の張替えしないといけませんから。


|

« 今日こそは、障子張り替えて、網戸張り替えて | トップページ | 障子の張り替え3訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 年末ジャンボ演劇祭の感想:

« 今日こそは、障子張り替えて、網戸張り替えて | トップページ | 障子の張り替え3訓 »