« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月28日 (月)

バードテーブル

また、一週間が始まりました。

で、土曜日は歯医者に行った後、整体に行きまして。

いやー、最近肩こりは辛いし、ぎっくり背中(?)になったりもしてたので、それはそれはもう気持ちよかったんですが、またしても、あまりの気持ちのよさに眠ってしまいました。

「いやー、寝ないようにしないとですよねー。」

終わった後にそう申しましたら、院長さんが、

「もったいですよねー」って。

えっ、いや、それは、言わんでくださいっ!
本人重々分かってますし。

( いったいどれくらい眠ったんだろう。。。 )


で、実はここの整体院に、かわいい甲斐犬がいる事がわかりまして。

何回も行っているのに会ったのは初めてで、可愛いので、撫でて撫でてしてましたら、そりゃ、もものことが浮かんでくるのですが、なんかももの事を話題にする気にもなれず、ただ、よしよしよしよしって撫でておりました。


で、日曜は、遅くおきまして、そのままダラダラするかと思いきや、トイレ掃除をしたり、珍しく生産的な活動をしていたと思ったら、随分前にバードテーブが朽ち果ててしまって、そのままになっていたのを思い出したので、家にあった木切れで再建しました。

Dsc01880

朽ちていた残骸ですが、なんか虫に食われた様になっていました。まさか白蟻では?!


Dsc01883

ベニヤ板の切れッ端1枚と、何かを作ったときの余った木が2本。


Dsc01884

これくらいのネジ締めは、手でやればいいんですが、ドリルの出番です。


Dsc01885

水抜きの切れ込みが、適当だったので出来上がってから何度かのこぎりを入れます。


Dsc01888

で、こんな感じ。


Dsc01890

で、いつのか分からないとっくに賞味期限切れ(?)のペンキの缶があったので、それを開けましたら、上澄みの鮮やかな青と、沈殿してねっとりした灰色に分離しておりました。

刷毛を突っ込んでぐるぐる混ぜていたらいい感じの色になりまして。

Dsc01892

こんな感じになりまして。


Dsc01895

乾かしているうちに小雨が降ってきて、設置は来週かと思ってたんですが、雨がポツポツまで止んできたので、まあいいかって、設置しました。

穴が浅いのでグラグラなんですが、周囲のブッシュに支えられています。


それでですね、今日のようにほんのちょっとペンキ塗るときは面倒なので服を着替えません。

ミスをしなければ大丈夫だろうと。

それで今まで何度、服にペンキを着けたことか。

分かっていながら、今回も着替えません。

しかし、幸いなことに、珍しくノーミスで作業を終えました。

久し振りに、メジロとか来るかなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ももが向こう側に行きました

2016/11/25 カヌー犬ももが、亡くなりました。

生前可愛がって頂いた皆様、どうもありがとうございました。

1480252071370


一応、カヌー犬ではありますが、実はたぶん、カヌーはそれほど好きではなかったのだと思います。
ただ、とにかく川が大好きな犬でありました。

大人の事情でここ3年ほどは一緒に暮らしておりませんで、最後に会ったのは半年前です。(写真は、11/20のものです。)

また、改めてご報告させていただきます。

2002/2/1 生まれですので、享年、14歳9ヶ月になります。中型犬ですので、人間の年だと、71歳くらいになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

第65回埼玉県高校演劇中央発表会の続き

いやー、今朝の地震、結構揺れました。

さてと、10校中7校拝見しましたので、私なりの順番を表明しないといけないと思います。


その前に、既に埼玉県高等学校演劇連盟のサイトに結果が出ておりました。

 最優秀賞 秩父農工科学高校
 優秀賞一席 新座柳瀬高校

 以上、関東大会に推薦

 優秀賞二席 松伏高校
 創作脚本賞 「M・H・P」飯能高校演劇部

受賞された皆様、おめでとうございます。

うーん、そう来たか。


またしても、農大三高が選に漏れるとは。

今年こそは選ばれると思っていたのに。

農大三高が選ばれないというのはいかがなものか。

あの芝居が2年続けて選ばれないなら、あの路線そのものが、評価されないということになってしまいやしないか。

連盟のサイトも載っているのは結果だけで、講評的なものはありません。

審査員は3人なので、名前は伏せたとしても、講評をネットに載せるのは、やはり不味いということか。


で、いよいよ、海部郡山川町の選ぶ芝居の発表です。

ちなみに観たのは、★印の7校ですので、7校が分母です。
坂戸、宮代、星野さんあいすみません。

 ★草加南高校「想稿・銀河鉄道の夜」作:北村 想
 ★東京農業大学第三高校「翔べ!原子力ロボむつ」作:畑澤聖悟
 ★飯能高校「M・H・P」作:飯能高校演劇部
 ★松伏高校「先生、放課後って何時までですか?」作:大渕秀代
  坂戸高校「生徒総会」作:畑澤聖悟/潤色:坂戸高校演劇部
  宮代高校「肉体改造クラブ 女子高校生版~♯1ギャルゲーさやか ♯2ダイエッターセリナ~」作:古城十忍
 ★川口高校「トシドンの放課後」作:上田美和
 ★新座柳瀬高校「Love & Chance!」原作:ピエール・ド・マリヴォー/作:稲葉智己
 ★秩父農工科学高校「流星ピリオド」作:コイケユタカ
  星野高校「男でしょっ!」作:一宮高志/潤色:星野高校演劇部

では。

 1位 川口高校「トシドンの放課後」作:上田美和
 2位 東京農業大学第三高校「翔べ!原子力ロボむつ」作:畑澤聖悟
 3位 新座柳瀬高校「Love & Chance!」原作:ピエール・ド・マリヴォー/作:稲葉智己
 4位 秩父農工科学高校「流星ピリオド」作:コイケユタカ
 5位 松伏高校「先生、放課後って何時までですか?」作:大渕秀代
 6位 草加南高校「想稿・銀河鉄道の夜」作:北村 想
 6位 飯能高校「M・H・P」作:飯能高校演劇部

うーん。優れているという基準で選ぶと、農大三高と新座柳瀬になると思います。
もし、私が審査員なら、関東大会への切符を渡すのは、農大三高と新座柳瀬かと。

でも幸い私は審査員ではありませんので、一等賞は川口高校に差し上げたいと思います。

本当に、引き込まれました。素晴らしかった。ホント良かった。

で、農大三高。
いや、よかったし。それに去年も良かったし。
二年連続で、農大三高を落としたらダメです。


そして、新座柳瀬。ここが一番難しい。

昨日は高校生らしくないと書きましたが、いったいその正体はなにか?

もちろん、彼らが図抜けた才能の持ち主で華麗に演じたなどと言う事はなくて、物凄く練習して努力してあの芝居に至ったんだと思うのです。

ただ、やはりあの舞台を観ると、生徒の自主性や裁量が、一定程度制約された中で作られたのではという印象を持ってしまうのです。

立派な大道具もそうですけど、あれだけの芝居で、なぜ、プログラムのスタッフ欄には、照明と音響しか載っていないのか。

『 舞監も演出も、大道具も載っていないのは何で? あとの9校はみんな載せてるのに。』

うーん、「いやいや全然そんなことはないよ、何言ってんだお前!」ということであればホント、すみません。

そして、俳優賞。

 川口の三人(あかね、平野、先生)
 カムパネルらとジョバンニ ( 草加南 )
 当然ですが、新座柳瀬の主人公の二人(プログラム見ても、だれが誰かわかりません)

この7人です。この7人の中では、ちょっと甲乙付けがたい。


ということですが、少し、付け加えておくことがあります。

今回、県大会への切符を逃した「浦和北」。

県大会に出ていたとしても、なんら遜色はありませんでした。

浦和北が属するのはEブロック。(川越坂戸、浦和地区)

浦和北は、浦和地区に属します。

Eブロックで選出されたのは県立坂戸と星野。

いずれも川越坂戸地区です。そして、プログラムの講評を読むと、坂戸が決まって、星野と浦和一女(浦和地区)で悩んだと書いてあります。

残念ながら、坂戸も星野も一女も観ていないのですが・・・。

海部郡山川町としては、今回拝見した7校に浦和北を加えたとしても、浦和北は上位に行くと思います。


最後に、埼玉芸術劇場ですが、駐車場代が両日ともに1200円かかりました。(310円/h max1200円)
微妙に高い。
でも、あれだけの舞台が無料で観られたんだから、ケチな事を言ってはいけませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

第65回埼玉県高校演劇中央発表会の二日目

で、二日目です。
上演は下記の4校。うち、★印の3校を拝見しました。
全部観ればいいんでしょうけど、日曜だし、翌日から仕事だし・・・。

 ★川口高校「トシドンの放課後」作:上田美和
 ★新座柳瀬高校「Love & Chance!」原作:ピエール・ド・マリヴォー/作:稲葉智己
 ★秩父農工科学高校「流星ピリオド」作:コイケユタカ
  星野高校「男でしょっ!」作:一宮高志/潤色:星野高校演劇部

同じ時間に芸術劇場に着いたのですが、前日と違って、開場待ちの長い列。
土曜は、きっと日曜の出場校は観に来ないけど、日曜は土曜の出場校が見に来るということなんでしょうかね。
幸い、日曜は晴れていたので良かったです。

Dsc01866


では、感想をば。


川口高校「トシドンの放課後」作:上田美和
    「Dブロック」(熊谷、南部地区)

学校になじめなくて、生徒相談室に登校する、まじめでくらい系の男子(平野)と、男の子と不純異性交遊(死後?)で、謹慎になり、生徒相談室に登校する派手系女子(あかね)の交流。みたいな話です。

いや、これはですね、良かったです。実に良かった。引き込まれてしまいました。

キャストは生徒二人と、派手系女子の担任の熱血女教師の三人だけの10校中最少。

さらにスタッフも5人。キャストとスタッフを合わせた人数でも最少。

申し訳ない・・・。セットもちゃんと覚えてないですが、ショボかった気がします。

しかしながら、3人のキャストが、それぞれの役を完璧に演じきっていました。

けちの付け所としては、先生とあかねのやり取りでテンション上がったところが単に怒鳴りあう感じになっていたところが気になったのと、終盤のあかねがトシドンの面をつけてトシドンのセリフを話すところ。

なんとなく、付いていけなかった。

前者は川口高校の問題で、後者は脚本の問題でしょうか。

それでも、そんなことは補って余りある、素晴らしい舞台でありました。

新座柳瀬高校「Love & Chance!」原作:ピエール・ド・マリヴォー/作:稲葉智己
    「Aブロック」(西部A、東部北、大宮地区)
 
 公爵家の御曹司と伯爵家の令嬢がお見合いをするに当たって、相手の本性が知りたいから、それぞれ召使と入れ替わるのですが、召使に化けた本人同士が相手の正体に気づかないまま惹かれあって、最後は本人同士に、召使同士も結ばれるというベタなストーリーです。
 
 うーん、これはですね。ここはですね、凄いです。
 高校生がやっているとは思えない。極めて高い完成度です。
 
 3,000円でも、ぜんぜん高くはないと思います。というか、私はケチなので3,000円ですが、4,000円でもおかしくはない。
 
 舞台装置も良く出来ているし、キャストも申し分なし。
 
 最後に幕が下りたとき、客席が騒然としてました。
 まあ、ストーリー的に女子高生にとって、看過できない展開ということですよね。
 幕の下りる直前に、御曹司と令嬢が抱きしめあうときも、客席わーっとなってましたし。
 
 「 君たち落ち着いて! 」っていいたい感じでした。> 客席。
 
 令嬢が気が強いキャラというのも、お決まりの設定です。
 
 
 うーん、なんかですね、非の打ち所がないんです。
 
 逆に言うと、全然、高校生っぽくないんです。キャストも舞台も。
 
 まあ、そもそも高校演劇っぽくないストーリーですし、セットも良く出来すぎてるし。
 
 プログラムには、スタッフとして、音響、照明の二人が載っているだけですが、セット( 大道具? )には相当の労力なりコストがかかっています。
 
 
 ほんと凄いんですけど、一度か二度しかない高校の部活の舞台で、なんでこれをやったんだろうという気もします。
 
 なんというか、プロ野球と高校野球に期待するものは違うというか。
 
 まあ、私の期待は、どうでもいいことではありますけど・・・。
 
 なんかけなす言葉が多くなりましたけど、けなせばけなすほど、クオリティとしては褒めているわけです。
 
 あと、プログラムのキャストのところ、「(本物)」とか付けて貰わないと、どっちがどっちか分かりませーん。
 
 
 
秩父農工科学高校「流星ピリオド」作:コイケユタカ
    「Dブロック」(熊谷、南部地区)
 
 高校生のグループのLINEのやり取りを舞台上で演じた作品です。
 そして、ひとりは一年前に事故で死んでいて・・・。なのにグループチャットに現れて。
 
 ん? なんか、「あの花」みたいですが。秩父だし。
 
 
 いやいや、ここも良く出来てます。
 
 よく考えられています。舞台上でみんなが話すのですが、それはLINEのグループでの発言。
 
 若者たちの人間関係の難しいところも非常に良く描かれてます。
 
 これ、LINE知らない人が観たら、意味不明でしょう。
 
 晴れの舞台に祖父母を呼んだ人、たぶんじいちゃんばあちゃん分かってないよー。
 
 
 そして、ラストの飛び降り自殺のところ。
 
 高いところまで上ってのダイブ。ヒヤッとするくらいでした。
 
 大道具力(?)凄いですね!

 ただ、最後にユズハ(?)が死ぬことの背景が、描ききれてなかったと思います。
 
 それとこれは純粋に台本の問題ですが、なにもハルキヨとミイコの特殊な関係が必要だったのか、という気もします。極めて日常的な中で、展開させて欲しかった。 
 
ということであります。


でですね。7つ観たわけですから、一応数値で評価をいたしたいと思いますが、今夜も遅いので、明日という事で。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

第65回埼玉県高校演劇中央発表会

昨日今日と、さいたま芸術劇場に行ってきました。

第65回埼玉県高校演劇中央発表会。

Dsc01859


Dsc01860


全部で10校。

すべて拝見したいところですが、浮世の義理で叶いません。
★印をつけた7校の舞台を観させて頂きました。

11月19日(土)
 ★草加南高校「想稿・銀河鉄道の夜」作:北村 想
 ★東京農業大学第三高校「翔べ!原子力ロボむつ」作:畑澤聖悟
 ★飯能高校「M・H・P」作:飯能高校演劇部
 ★松伏高校「先生、放課後って何時までですか?」作:大渕秀代
  坂戸高校「生徒総会」作:畑澤聖悟/潤色:坂戸高校演劇部
  宮代高校「肉体改造クラブ 女子高校生版~♯1ギャルゲーさやか ♯2ダイエッターセリナ~」作:古城十忍

11月20日(日)
 ★川口高校「トシドンの放課後」作:上田美和
 ★新座柳瀬高校「Love & Chance!」原作:ピエール・ド・マリヴォー/作:稲葉智己
 ★秩父農工科学高校「流星ピリオド」作:コイケユタカ
  星野高校「男でしょっ!」作:一宮高志/潤色:星野高校演劇部


さすがに県大会だけあって、どこも素晴らしい。
では、感想をば・・・。

草加南高校「想稿・銀河鉄道の夜」作:北村 想
    「Bブロック」(越谷・春日部、深谷本庄地区)
 
 「正統派銀河鉄道の夜」という感じでしょうか。
 
 なかなか良かったです。舞台美術的なところも綺麗でした。
 
 ただ、この「正統派銀河鉄道の夜」で、観客を感動させるには何が必要なんだろうか?
 
 原作を大きく逸脱しないとしたら、「感動で胸が一杯」という状況をこの作品で実現するのはきわめて難しいような・・・。
 
 圧倒的な舞台美術とか照明とかでしょうか。
 
 
 そして、草加南の良かった点は・・・。
 
 なんといっても、キャスト。
 
 ザネリも良かったけど、カムパネルらとジョバンニ。

 特に動きが良かった。
 
 この二人が良かったという事に尽きるのではないかと思います。
 
 残念ながら二人とも2年生の様なので、もう観ることはないのかと思ったんですが、受付で貰ったチラシに、卒業公演の案内が入っておりました。 

 
東京農業大学第三高校「翔べ!原子力ロボむつ」作:畑澤聖悟
    「Cブロック」(所沢・入間、比企地区)
 
 核燃料廃棄物最終処分場を誘致した青森の町長が、廃棄物の無毒化を見届けるため、自身の冷凍保存をしたものの・・・。
 人間の時間軸と較べると、あまりに途方もない核廃棄物の半減期の長さに光を当てて、社会への警鐘を鳴らす作品です。
 
 いやはや、ここは凄いですね。
 
 動きがあって、リズムがあって、テンポとスピードがあって。

 去年の「もしイタ・・・」も凄くよかったけど、今年も甲乙付けがたくいいです。
  
 今年こそ、ぜひ、ブロック大会に進んでいただきたい。
 
 そして、来年も楽しみにしております。


 
飯能高校「M・H・P」作:飯能高校演劇部
    「Cブロック」(所沢・入間、比企地区)
 
 人生の選択を誤った(?) 人に、再び選択のしなおしを迫る、死神たちのお話です。。。
 ( ちょっとこの説明だと誤解を生むだろうか・・・ )
 
 なかなかですね、斬新で、冒険的で良かったと思います。
 さらに、前半は凄く面白かった。
 
 ただ、死神自身の苦悩や選択が描かれるようになったあたりからは、ちょっと・・・。
 
 エンターテイメント的だったのが、シリアスでシュールになって、ちょっと引き込まれなくなってしまいました。
 
 それでも凄くよかったです。
 
 それと、キャストとしてはですね、死神への出世を狙う手下役の子がとても良かったですね。

 存在感が凄くありました。
 
 来年の春季大会を楽しみにしております。
 
  

 Cブロックの審査員の方の評には、最後まで「所沢高校」が候補に残って、迷い抜いた末に決めたと書いてあります。
 農三は揺ぎないですから、所沢か飯能か、もし私が審査員だったとしても、悩みます。
 
 
 

松伏高校「先生、放課後って何時までですか?」作:大渕秀代
    「Bブロック」(越谷・春日部、深谷本庄地区)
 
 学校に泊まっている子が見つかって、当番の先生が話を聞いたり親に連絡したりしているうちに、他にも学校に泊まっている子達が発見されて・・・。
 
 いやいや、これは中々良かった。
 
 まず、職員室のセットが凄い。
 
 そして、キャストの人数がかなり多いにもかかわらず、一人ひとりに存在感が出せているのに感心しました。
 
 ほんのちょっと惜しむらくは、最後のほうの、初めに見つかった子と、お母さんとのやり取りが、ちょっと、引き込まれなかった。
 
 ガーって話すという技術的なところもあるでしょうけど、やはりディフォルメされてないキャラのお母さんと、子供のぶつかり合いで、お母さんを女子高生がやるのはやはり難しいんでしょうねえ。
 
 
 
 という事で、4本拝見しまして、与野を後にしたのでありました。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

色づき始めた多摩川を下る

で、日曜のお話です。

分かっていたことですが、ずばり晴天です。

紅葉への期待はありましたが、便利な時代になりまして、残念ながら、まだもう少し先ということはネットで調べて分かっていました。

しかし、再来週の週末が、天気が良いとは限りません。

逡巡に逡巡に逡巡を重ねた末に、いざ、多摩川へ。

Dsc01790

Dsc01810

Dsc01818

Dsc01821

ラフトのスラローム大会やっていました。( レース中に通していただきました )

紅葉はまだ始まったばかりです。

水はいよいよ澄んでいます。

軍畑の川原でコーヒーを淹れて昼寝して、いい感じの川くだりとなりました。


うーん、これが最後かなあ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

保護者会

土日は天気よかったですね。
金曜までは冬だったのに、やっと秋になりました。

やっぱり秋はいいですねえ。


で、土曜は下の子の学校へ。

いよいよ受験が迫っているという事で、入試直前保護者会なるものに出席。

メンタリティーにかかわるお話をお聞きして、三十数年前の自分なら、あほくさっ、うざっっ思ったでしょうけどさすがに親になると違います。

うんうん、そうそう、いいはなしだなあって聞いておりました。

いやー、あとちょっとです。

あとは、もうちょっと勉強してくれると安心なんですが・・・。

下の子の学校に行くのも、後は卒業式を残すのみとなりました。


保護者会のあとはバスケ部の保護者の方たちとお茶などしまして、更には夕方には歯医者にも行きまして、充実した一日となりました。


そして本日・・・。

あかん、ねむいので寝ます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

ゆういぎな週末

昨日も今日も、かなりいい天気でありました。

 

川に行く。

 

という選択肢もあったんですが・・・。

 

 

今シーズンは8/28の天竜川の大会を最後に川に行っていません。

 

このままシーズンを終えるとすると、カヌーを始めて以来の最早記録になってしまいます。

 

 

来週は保護者会と歯医者だし、再来週は高校演劇の県大会だし。

 

はたして、11/26に行くテンションがあるだろうか・・・。

 

行くなら今週しかない。

 

そう思っていたのですが、土曜の朝、以外に雲が多いのでほっとします。

 

「あんまりいいコンディションじゃないな。」

 

ただ、雲が多かったのは早朝だけで、日中は見事な快晴で、しかも暖かい。

 

 

でもって本日。

 

目が覚めると身体がどんよりしています。

 

しかし、いい天気。

 

なにかないかと探していたら、案外風が強いことに気づきました。

 

「いや、結構風きついから」

 

 

という事で、本日も川下りはパスとなりました。

 

果たして、このままシーズンを終えてしまうのか・・・。

 

 

まあ、このように書きますと、週末を無為に過ごした様ですが、とんでもない。

 

 

土曜には、パスタを茹でまして、日曜は、漸くゴーヤのネットを撤去したのでありました。

 

Dsc01742

 

 

そして、おでかけコンソール(関東)に、渋滞情報を追加しました。

 

そうそう、土曜はこれやってたんでした。

 

 

よしっ、あしたから一週間。頑張りましょう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

休みは木曜がいい

木曜休みっていいですよね。
若い頃は、連休がありがたかったですが、歳をとって来ると、週なかに休みがあるのが有難い。ベストは木曜。次に水曜。

最悪なのが金曜ですよね。連休のくせにいちにち経つと、後はただの土日。


で、本日は入間基地の航空祭であります。
昔は基地に行ったりもしましたが、やがて隣接する彩の森公園で済ますようになり、このところはずっと自宅の窓辺。

本日はちょっと頑張って、近所のスーパーの駐車場で見物しました。

買い物のついでですが。

屋上の駐車場まで行けばいいんでしょうけど面倒で行きません。

それでも、同じ様な人が大勢いました。

パートのおばちゃんも出てきていたし。

それで、分かったことですが、

『 えっ!? 気になってなかったのに、なんか飛蚊症が凄い。』

ただ、青いだけの景色なんて、見るの久しぶりだったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

おでかけコンソール( 関東 )

まあ、週末はダラダラしてるみたいにブログには書いているんですが、実は生産的活動もしていましてッ。

日曜に、アップしました。

おでかけコンソール関東

ちょっと名前がダサいので、検討中。


金曜の夜に、「明日どこ行こう。」

とか、

土曜の朝に「今日行くべきか・・・。」

みたいな時に、使います。

位置あわせにえらい時間かかりました。


ご意見ございましたら、このブログにコメントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »