« 夏休み第二弾の初日 | トップページ | 夏休み第二弾の二日目の後半は東京地裁 »

2016年8月21日 (日)

夏休み第二弾の二日目の前半は築地市場

今日は、8/21で、今はもう21時を回ったので、夏休み第二弾もそろそろおしまいです。

まあ、4連休なんざ、あっと言うまですよね。


で、一昨日の二日目はですね、初日と打って変わって活動しました。

6:30に家を出て、電車に乗ります。

朝当番のときと同じ電車で同じ車輌なのがそこはかとなく哀しい。

向かうは築地市場。

実ははじめての築地です。

マグロのセリは5時から始まるので、ちょっと選択肢になりませんが、通常の見学エリアはどうやら9時からの様です。

8時半に築地駅到着。

とりあえず時間があるので、本願寺にお参りします。

Dsc01610

その後は、場外市場を目もくれず素通りして、場内へ。


ところが目的地の「水産仲卸売場」に近づくと、警備のお兄さんが、「仲卸売場10時から」なるプレートを待って立ちはだかっています。

仕方ないので、いったん場外に出て、場外市場を散策します。

Dsc01620
  ( 場外市場 割と外れの人の少ないところ )

海鮮系の丼の店がやたら多くて、価格は1,500~4,000円。まあ2,500~3,500円が最多価格帯でしょうか。

折角なんで、どこかで食べようと思ったんですが、とにかく外国人が多い。

白人系の方と中国の方が半々。数えなかったので日本人との比率は不明ですが、とにかく多い。

そうなってくると、なんとなく、「外国人観光客向け価格なんだろうなあ」としらけて来まして。

ホタテを焼いてたりするのが、えっ?!って値段だったりして、もともと、朝から海鮮丼食べる食欲もなく、とりあえず、100円の卵焼き食べて、どうしようかなと。

ぷらぷらと歩いていると焼鳥丼のお店があって、気になってたんですが、いやいや、築地に来て焼鳥丼はないだろうと、常識に囚われていたんですが、いやいや、築地はなにも水産物だけの市場ではないだろうと気づいて、勢いよく、焼鳥丼のお店に入ったんでありました。

あとで分かったことですが、築地は、水産物と青果なんですね。。。

加熱してある食べ物とはいえ、朝の10時前から焼鳥丼はきつい。

で、10時過ぎに市場内へ。まずは「水産仲卸売場」へ。

Dsc01629

Dsc01631

Dsc01633

Dsc01642

勇んで入場したものの、なんとなく、もう、片付けてる雰囲気です。

まあ、そりゃそうですよね。見物客いっぱいいたら仕事になりませんよね。

そこかしこで、ホースで水を出して、いろいろ洗ってました。

実際、売ってる人と、観光客しか居なかった。

売り買いの現場を見ることはできませんでした。


まあ、とはいっても、場外市場とは雰囲気違いますから、一度くらい、有給とって行ってみていいと思います。

建物は相当古くて、雰囲気あります。たしかにそろそろ移転していいような状態ですねえ。

|

« 夏休み第二弾の初日 | トップページ | 夏休み第二弾の二日目の後半は東京地裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み第二弾の二日目の前半は築地市場:

« 夏休み第二弾の初日 | トップページ | 夏休み第二弾の二日目の後半は東京地裁 »