« 新緑眩しい多摩川 | トップページ | ぶんにょりだらだら »

2015年5月 3日 (日)

縁台のお手入れ

この記事は、ほぼ、次回の作業に向けた覚書であります。

GW2日目。

いやー今日も疲れました。心地よい疲れです。

今年のGW。天気がいいのは2日と3日ということだったんで、今日は縁台にステインを塗り直そうと考えておりました。

前回は、2013年の3月ですので、2年2ヶ月ぶりです。

その前が2010年の10月なので、2年4ヶ月余。

だいたい、2年ちょっとが寿命な様です。

今回も使ったのはこれです。


近所のホームセンターで、1,780円で買いました。

茶色のバリエーションが何種類かあるんですが、毎回透明を買ってます。


11時くらいからはじめまして、まあ2時間あれば終わるだろうと思っていたら、全然あまかった。

縁台は二つあるんですが、一つ目に取り掛かる前に、雑草が目に留まります。

これを放っておいて、縁台の塗りなおしはないだろうと、まず、雑草を抜きます。

そうして、一つ目に取りかかろうとしますが、紅葉の木がぐんぐんと、縁台の上まで、枝を延ばしています。

このままでは、塗れません。まずは紅葉の剪定からです。

これが中々時間掛かりまして。

結局12時過ぎから開始です。


before : こんな感じです。(↓)

Dsc04166


Dsc04176


オービタルサンダーで磨きます。( 事前に雑巾掛けして、汚れを取ってあります。 )

一台目は、60番のサンドペーパーを使いました。

二台目は40番を使ったんですが、40番の方が、どんどん削れていい感じです。

さて、一台目をひととおり磨くと、板が一枚浮いてきてます。

Dsc04178


Dsc04179


Dsc04180


Dsc04182

Dsc04184


一度これをはずして、いちいち釘を抜きます。

釘締めで埋めてあるので、裏から叩いて抜いたんですが、大きい穴が開きました。

結局抜いた穴に釘は刺せず、隣にねじ止めしたので、単に穴が開いただけに終わりました。


手順的には、2台の縁台に紙やすりを掛けてから、ステインを塗ります。

Dsc04186

( 1台目。やすりがけが終わったところ )

Dsc04188

( 2台目。やすりがけの途中 )


1台目を塗って、2台目を塗って、また1台目を塗って、ちょっと時間が早すぎたので、さらに庭木の剪定やら草抜きやらをしまして、2台目を塗ります。


前は、隙間とかも塗りましたが、今日は面倒なので上の面しか塗りません。

熱中症になるといけないんで、時々水を飲みながら作業します。

Dsc04199

( 1台目、完了 )

Dsc04201

( 2台目、完了 )


片づけやらなにやら一通り終わったのが、だいたい16時頃でありました。

いやー疲れました。

Dsc04205


Dsc04209


そして、風呂入って縁台タイム。

ただ、残念ながら、まだ完全に乾いてなくて、縁台にはグラスと皿を置いただけでありました。

いやー、疲れた。


|

« 新緑眩しい多摩川 | トップページ | ぶんにょりだらだら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縁台のお手入れ:

« 新緑眩しい多摩川 | トップページ | ぶんにょりだらだら »