« タマゾン川 山崎 充哲 | トップページ | ひょんなことから下の子の部活の練習試合を観た話 »

2015年5月30日 (土)

ピーカンの日の室内で、高曇りの日に漕いだレポートを書く

今日の天気がそれなりにいいということは予報で知っていました。

でも、先週も晴れマーク並んでるのにフタを開けたら高曇りだったし、先週漕いだばかりだし、来週奥多摩カップだし、なので今週末は行かない積もりだったんですが、朝起きたらいい天気ではないですか!

それでも、屋内に居る間は、まあいいやくらいに思っていました。

しかし、洗濯物干して、枯れたノースポール片付けてたら、日差し強いし、なんか汗が出てきて、これ、ほぼ真夏じゃね?!

一気に、川行こうかとなったんですが、調布橋水位-2.49だし、それに青梅の天気予報は15時から曇りマーク。

既に普段より遅い時間だから、今更行って、行ったら曇ってても厭だしと。

そういうことで、ピーカンの日の室内で、高曇りの日に漕いだレポートを書くという、なんとも悲しい事になってしまいました。

従いまして、だらだらして、床屋行って、スーパー行って一日が終わりました。

夕方になって、RareOutさんとTwitter交換してたら、
「 アユ解禁、梅雨を考えると貴重な土曜日だったかもですね。・・・・・」

シマッターーーorz.

まあ、それでもいい感じの夕方を過したんでありました。

Dsc04364


本日はゴージャスな縁台ディナー。
12時の位置から時計回りに、葉しょうが、たこぶつ、酢の物、枝豆。

そして、本日のホッピーのベースは、キンミヤ焼酎。

いやー、ロックで呑むと、ぜんぜん違ってまろやかです。

じゃ、そんな感じで。

|

« タマゾン川 山崎 充哲 | トップページ | ひょんなことから下の子の部活の練習試合を観た話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーカンの日の室内で、高曇りの日に漕いだレポートを書く:

« タマゾン川 山崎 充哲 | トップページ | ひょんなことから下の子の部活の練習試合を観た話 »