« facebookって凄いですね。 | トップページ | 造影剤 »

2014年7月 7日 (月)

胸の音を聴け

ちょっと村上春樹風のタイトルにしてみました。

会社サボってブログ書いています。

いやー、土曜の夜からなんとなく、調子悪かったんですが、日曜起きたら熱っぽくて関節も微妙に痛い。

さらに腰も微妙に痛い。

熱を測ると37.2℃。

ゴロゴロ東野圭吾など読んでいるうちに、熱がどんどん上がってきました。

風邪かとも思いましたが、咳もくしゃみも出なければ、お腹の調子も問題ありません。

最近、ハードだったから疲れが出たのか。

お昼前には38.9℃に達します。

節々の痛みは大したことありませんが、腰の痛みが気になります。


だいたい、咳もくしゃみもなく、吐き気も下痢もしなくて、熱だけ38.9℃ってなに。


日曜はゆっくりして、月曜直らなかったら医者行こう位に思っていたんですが、なにげに気になって来ました。


腎臓とかそっち方面だったらどうしよう。


数年前の、尿管結石の記憶が頭をもたげます。

あの、鈍激痛とも言うべき痛みは二度と勘弁です。


東野圭吾を脇において、スマホでググってみると、腎盂腎炎とか、いろいろ気になり始めました。


しょうがないので、15時過ぎに近所の病院に行きます。

待合室で熱を測ると37.4℃に下がっています。良くあることですが。


診察室に入ると、ドクターは何もせず、

「総合感冒薬を出しますから様子見ましょう。はい、いいですよ。」


( えっ? 尿検査とか、血液検査とかせんの? )

( 38.9℃を押して来たのに、それはないでしょ? )


「あの、尿管結石とか気になるんですけど・・」

「尿管結石はもっと痛いですね。」

「たしかに、前は凄く痛かったです。」

「腎盂腎炎なら、もっと熱あるし。」

( いや、家では、38.9℃あったし。そのこと、さっきあなたに言ったし。 )

「結石が気になるんならCT撮りましょうか? 1cmスライスなんで写るかどうか分かりませんよ。」

結局、CTを撮ることになりました。どちらかというと、尿検査とか血液検査とかして欲しいんですが、病院慣れしてないので中々言えません。


しかし、これは後になって気付いたことですが、私がドクターの診療内容が物足りないと思ったのは、尿検査とか血液検査がなかったからではありません。

本当に彼がなにもしなかったからなんです。

つまり、喉もみない。胸の音も聴かない。37.4℃という情報と2秒ほど私を見ただけでした。

咳も下痢もないと言ったのに、秒殺で「総合感冒薬出します」と。


喉診て、聴診器で胸の音を聞いて、もう少し会話すれば、こちらもいい気持で帰ったのではないかと。

結局、\6,550も取られました。


Dsc02463

さて、この話には尾ひれがありまして。


CTを撮り終って再度診察室に入ります。

「尿管結石は無いんですが、これが気になります。」

ドクターは腎臓の辺りをマウスで行ったりきたりさせています。

なにやら白いものが写ってまして、「石灰化してますね。なんだろう?」


(えっ?)


「 一度、造影剤入れて、撮った方いいかもしれないですね。」

( また、あいまいな言い方するし・・ )

その場で予約するかと聴かれたんで、「帰ってから電話します。」

えー、造影剤入れてCT撮るのか・・


おそらく一万円くらいはかかるであろうに、「一度、撮ったほうがいいかも知しれないですね」という言い方が躊躇させます。

そうですよね。嘘でも、「ぜひ撮りましょう」くらい言っていただかないと、仕事も忙しいし。

で、6,550円払って、処方箋も貰いましたが、総合感冒薬なんて飲んだってしょうがないので、薬局には行かずに帰ったのでありました。


幸い、朝には37℃台前半に下がりました。


えー、造影剤入れてCT撮るのか?


うーん、みつかった以上はねえ・・・。


|

« facebookって凄いですね。 | トップページ | 造影剤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胸の音を聴け:

« facebookって凄いですね。 | トップページ | 造影剤 »