« 東京国立博物館 | トップページ | 2013 多摩川鮎解禁 6/23 と 奥多摩カップ 6/16 »

2013年3月10日 (日)

所沢航空発祥記念館 零式艦上戦闘機52型

『ビブリア古書堂の事件手帳』で、剛力さんがおもむろに100万円以上する本を、立ったまま手に取って無造作にページをめくったりするシーン、どうも合点が行きません。

せめて座って、机の上において、手袋をして扱うのが自然ではないでしょうか?


さて、国立博物館に行った翌日の金曜、午前休だったので、所沢航空発祥記念館へ。

まあ、科学・工学系だと解説が多くなるのは当然ですが、東京国立博物館と比べると圧倒的に多いですね。

そもそも解説も多いですが、解説用の造作や展示物が多い。
「飛行機がなぜ飛ぶか?」的な説明用の風洞実験装置みたいなのとか・・・。

やはり、博物館の性格によって展示内容が変わってきます。


そんな中、ゼロ戦を展示している一角は違います。

Imag0698


なんといっても、零式艦上戦闘機52型の本物です。

しかも、「 唯一現存する飛行可能な『伝説の機体』 」だそうです。

Imag0699


多少の解説パネルはありますが、

「 ごちゃごちゃ解説する必要ないでしょ? 本物なんだから! いいかい、本物だよ! 」

といわんばかり。通常、入館料500円のところ、零戦との共通券がなんと1000円。

さすが、零戦です。

Imag0696

ちなみにこの零戦は、3/31まで展示されています。

|

« 東京国立博物館 | トップページ | 2013 多摩川鮎解禁 6/23 と 奥多摩カップ 6/16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所沢航空発祥記念館 零式艦上戦闘機52型:

« 東京国立博物館 | トップページ | 2013 多摩川鮎解禁 6/23 と 奥多摩カップ 6/16 »