« 羽村堰と郷土博物館と魚観荘 | トップページ | 布買いました »

2012年11月25日 (日)

グモテックスジュニア フロアマットの修理

三連休の最終日。
今は22時前ですが、結構酔っているからいいものの、しらふだときついですよね。
やはり、3連休は、金土日より、土日月の方がいい。


さて、本日はまさに好天でした。空気は冷たいものの、日差しは暖かい。なかなかのカヌー日和です。

しかし、日曜だし( = 明日会社 )、三連休の最終日だし( = 帰り道渋滞 )、そう悶々とすることなく、あっさりと、ぶんにょり過ごすことに決まったのでありました。

Tさんは先月のうちに早々とシーズンオフ宣言、Mさんに至っては今年まだパドルを握らず。
この時期になってきますと、予定がないと、なかなかソロで行くという決断は精神的に難しい。

来週はもう12月ですし、結局、10/20の秋川が、今シーズンの最終戦だったという事になりそうな気配であります。


で、本日はグモテックスジュニアのフロアマットの修理であります。

昨日、何気なく物置を開けて、目に留まったのでありました。

Dscn0128

↑ はじめは、水につけて、ぷつぷつと泡が出る程度だったんですが、紆余曲折を経て、このようになりました。


Dscn0130

↑ 修理の材料は、古くなった自転車のタイヤチューブです。


Dscn0131

↑ 適当なおおきさにカットします。


Dscn0133

↑ 外側から貼るだけでは心もとないので、内側からも貼ります。
 これはかなり微妙な、そしてきちんとは中々出来ない作業です。
 
 ゴム片をマットの中に入れて、へらで不器用に接着剤を塗ります。

 ★タイヤチューブは、内側は粉っぽくなっていて、一度洗ったんですが、接着剤はつきませんでした。ご注意ください。


Dscn0134

↑ でその後、外側からも貼り付けます。

  ちなみに、内側はゴムのり、外側はG17ボンドを使いました。
  特に根拠も確信もありません。なんとなくです。


Dscn0135

↑ 貼った後は、クランプで圧着です。


Dscn0139

↑ で、数時間後、こんな感じになったんですが、30分も経たない内に萎んでおりました。
  水をかけてみると、違う場所からふつふつと泡が・・・・・。


まあ、結局のところ経年劣化によるもので、一箇所貼ったら直るというものではないと言う事でした。

フロアマットだけ売っているだろうか・・・。


ということで、明日から会社であります。

ちょっと憂鬱だけど、仕方ありません。よしっ。


|

« 羽村堰と郷土博物館と魚観荘 | トップページ | 布買いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グモテックスジュニア フロアマットの修理:

« 羽村堰と郷土博物館と魚観荘 | トップページ | 布買いました »