« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月28日 (水)

布買いました

ちょいと、楽天で買いました。

ヘリオスのスプレーカバーを作ってみようかなと・・・。

Dscn0103_2

60円/10cm の生地を4m買いました。

かなりハードルが高い・・・。


撥水加工ナイロンタフタ無地【warm color】

価格:60円
(2012/11/24 12:50時点)
感想(7件)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

グモテックスジュニア フロアマットの修理

三連休の最終日。
今は22時前ですが、結構酔っているからいいものの、しらふだときついですよね。
やはり、3連休は、金土日より、土日月の方がいい。


さて、本日はまさに好天でした。空気は冷たいものの、日差しは暖かい。なかなかのカヌー日和です。

しかし、日曜だし( = 明日会社 )、三連休の最終日だし( = 帰り道渋滞 )、そう悶々とすることなく、あっさりと、ぶんにょり過ごすことに決まったのでありました。

Tさんは先月のうちに早々とシーズンオフ宣言、Mさんに至っては今年まだパドルを握らず。
この時期になってきますと、予定がないと、なかなかソロで行くという決断は精神的に難しい。

来週はもう12月ですし、結局、10/20の秋川が、今シーズンの最終戦だったという事になりそうな気配であります。


で、本日はグモテックスジュニアのフロアマットの修理であります。

昨日、何気なく物置を開けて、目に留まったのでありました。

Dscn0128

↑ はじめは、水につけて、ぷつぷつと泡が出る程度だったんですが、紆余曲折を経て、このようになりました。


Dscn0130

↑ 修理の材料は、古くなった自転車のタイヤチューブです。


Dscn0131

↑ 適当なおおきさにカットします。


Dscn0133

↑ 外側から貼るだけでは心もとないので、内側からも貼ります。
 これはかなり微妙な、そしてきちんとは中々出来ない作業です。
 
 ゴム片をマットの中に入れて、へらで不器用に接着剤を塗ります。

 ★タイヤチューブは、内側は粉っぽくなっていて、一度洗ったんですが、接着剤はつきませんでした。ご注意ください。


Dscn0134

↑ でその後、外側からも貼り付けます。

  ちなみに、内側はゴムのり、外側はG17ボンドを使いました。
  特に根拠も確信もありません。なんとなくです。


Dscn0135

↑ 貼った後は、クランプで圧着です。


Dscn0139

↑ で、数時間後、こんな感じになったんですが、30分も経たない内に萎んでおりました。
  水をかけてみると、違う場所からふつふつと泡が・・・・・。


まあ、結局のところ経年劣化によるもので、一箇所貼ったら直るというものではないと言う事でした。

フロアマットだけ売っているだろうか・・・。


ということで、明日から会社であります。

ちょっと憂鬱だけど、仕方ありません。よしっ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

羽村堰と郷土博物館と魚観荘

三連休の2日目、妻とどこかに出かけようということになりまして、ジョイフル本田か、羽村堰散策が候補となりました。

うーん、なんというプアーな選択肢でしょうか。

結局、向かったのは羽村堰。

羽村市立郷土博物館に車を停めて、妻に堰を案内します。

Dscn0105
 

Dscn0106

↑ 上下とも、堰下橋から。

写真だとイマイチですが、川原にはススキの穂が輝いています。


Dscn0110
 

Dscn0112

ここにも、目を見張る紅葉がありました。


Dscn0117
 

Dscn0118

羽村堰は玉川上水の起点です。


Dscn0119


ひと通り堰を見学した後は、博物館に戻るんですが、なにやら趣のある料亭風の建物の廃屋みたいなのが博物館の少し下流に見えます。

気になったので、博物館で聞いてみると、魚観荘という料亭だそうで、2年ほど前に店を閉じたとの事。

ちょっとのぞいてみたんですが、なんとも不思議な光景でありました。

千と千尋の神隠しというか、世にも奇妙な物語というか。
なんか写るとなんなので写真は撮りませんでした。

閉じてしまったのが惜しい。

帰宅してググってみると、一人5000円-10000円でランチがあった様です。
一度来てみたかったですね。

こうして、三連休の二日目が過ぎて行ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

続・続 Nikon AW100インプレッション

三連休です。


仕事の方が、もう相当にかなりのとこまで来てまして、今日は出る気満々だったんですが、一方で、残業時間規制みたいなのがありまして、「休出まかりならん」と。

ちょっと八方塞がりになってきつつあります・・・。

まあ、この件について書き始めると長くなるし、ここに書くのもなんなので、この場は素直に3連休を喜ぶことにいたしましょう。

いやー、祝日がくっついた3連休フルで休むのっていつ以来だろう。


明後日の今頃は、相当に陰鬱な気分になっているんでしょうが、何といっても初日です。
実に気持ちいい。


さて、Nikon AW100インプレッションの3回目です。

今回は写り具合など。

Imag0565


3台のカメラで試してみました。

上の写真ですが、

一番上が、初代防水デジカメ、FUJIのFINEPIX Z33WP
真ん中が、先日浸水した、SONY サイバーショット TX5
一番下が、Nikon AW100です。

やはり、Nikon AW100は一回りデカイ。

では、撮ってみました。

niftyのブログは1MB以上はUP出来ないので、各機上段は1024*768に縮小したもの、下段は512*384を切り取ったものです。


まず、各カメラともにもっとも引いた状態で、被写体までの距離は同じです。
お任せみたいなモードです。

Dscf4435_4

Dscf4435_512

↑ FUJIのFINEPIX Z33W


Dsc07688_2

Dsc07688_512

↑ SONY サイバーショット TX5


Dscn0097

Dscn0097_512

↑ Nikon AW100です。


やはり、相当古いだけあって、FINEPIXは粗い感じがあります。
SONYとNIKONは甲乙つけがたいといったところでしょうか。


次は、同じ距離で、大体同じ大きさになるように、ズームで調整して撮りました。

それぞれ1024*768に縮小したものです。

Dscf4438_4

↑ FUJIのFINEPIX Z33W


Dsc07691

↑ SONY サイバーショット TX5


Dscn0101

↑ Nikon AW100です。

色具合的に、Nikonは相当薄い。

SONYに軍配でしょうか。

Nikonは画面上はじめは鮮やかな色ですが、コンマ何秒か後に、調整されたように色が変わります。
設定とか変えればいいんでしょうか・・・?

あと、気になったのは、Nikonはフォーカスが遅い用に思えます。
ピンボケの割合も少し高いように感じます。


まあ、今のところ、写り具合に不満はないですが、やはりGPSの性能がおしいですね。
ネットのレビューとか見ていると、デジカメの中ではいい方のように書いてありますから、まだデジカメのGPSそのものが、これからのものという事なのかも知れません。

まあ、こんな感じであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

続 Nikon AW100インプレッション

それにですね、今の会社も、同業他社に比べて特段ひどい訳でもないでしょう。

まあIT業界ですから、仕方ないと言ってしまえるレベルではあると思います。

そうなってくると、会社選択というより、職業選択ということになる訳で、選択肢としては・・・

1. 古本屋の主人
2. 喫茶店のマスター
3. カヌー博物館の学芸員
4. 川漁師
5. 吟遊詩人
6. 石油王

あたりが考えられます。

自分的には1. なんか合うんではないかと。
2.でもいいけど、社交性ないし。
3.もよさそうですが、そもそもカヌー博物館などというものが聞いたことありません。
4.は、技術が必要です。子供の頃から釣りはしてましたがへたくそですし。
5.とか憧れますねえ。

しかし、住宅ローンを抱え、中高生の子たちを持つ身としては、1.とか5.とかはあり得んでしょう。

そうすると、最後に残るのは6.です。

そう、石油王。

なんとすばらしい響きでしょうか・・・。なりたい。

「できる 石油王」とか、「はじめての石油王」とか、「電車で覚える石油王」とか、、、ないですよね。


えーと、さて、本題です。

日曜に御岳に行った際、Nikon AW100のGPSをオンにしてログを取ってみました。
以下がこのログです。 ( クリックすると大きくなります )

20121118_gpslog

実際のルートとしては、
発電所の駐車場 → 杣(そま)の小橋 → 左岸の遊歩道 → 御岳小橋 → 右岸を少し遡上 → 御岳橋 → 青梅街道を少し歩く → 左岸遊歩道に戻って遡上 → 杣(そま)の小橋 。

赤矢印から先は、帰路の車の航跡です。
吉野街道通って帰りました。

うーん、まあこんな感じです。

ピンのマークは、写真の撮影地点です。
写真は、GPSが測位したかどうかを気にすることなく、好き勝手に撮っていました。

ということもあって、かなりブレてます。

ちなみに以下の写真は、御岳小橋の上で撮ったものです。

Imag0561

そこそこ正確です。、
割りと電源入れっぱなしにしてたりしてたからですかね。
やはりスピードですかね、あと精度。

まあ、正確なスマホがある訳で、この性能だとちょっと・・・。

とまあ、こんな感じです。

次回あたりから、カメラとしてのインプレッションを・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

御岳 紅葉

Dscn0067


4月の後半から今のプロジェクトに入って、昨日の土曜は31週で、26回目の休日出勤でありました。

まあ、世の中そもそも週休2日でない人は大勢いらっしゃいますし、上には上が当然・全然ある訳ですが、そうは言っても辛いもんは辛い。

かといって、もう年だし、わが身の市場価値をあげるべき活動をしないで半生を過ごしてまいりましたので、今のご時世、転職は厳しいですし、出来たにしても、収入は激減でしょう。

それに・・・あっ、もとい。カットカット。

さて、今日は、家で引きこもろうかとも思ったんですが、家内がももの散歩に行こうというので、どうせなら御岳に紅葉見に行って、帰りに根岸屋でカレーうどん食べようかと。

いやあ、御岳は混んでいました。

発電所の駐車場は坂道からほぼ満車状態。ぎりぎり坂道の上のほうに停められました。

遊歩道も混雑して、犬連れには余りリラックスできませんでしたが、紅葉は綺麗でありました。

Dscn0076


ももは、川に来れたんで大喜びの大興奮だったんですが、結局、川には入れなかったものですから、思いっきりテンション下がっておりました。私なんかは、漕げなくても見ているだけでも楽しめますが、ワンコはそういうわけには行かないんでしょうかねえ。

そうそう、根岸屋はたぶん遅くなったからなんでしょうね、もう暖簾が出ておりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

ジョンソン基地とハイドパーク展

割りと近所の「狭山市立博物館」で、ジョンソン基地とハイドパーク展というのが先週の土曜から始まったので日曜に行ってみました。

陸軍航空士官学校だったところに、戦後、米軍が進駐して「ジョンソン基地」となり、返還されて航空自衛隊入間基地となりました。
基地に隣接する稲荷山公園は、当時米軍の将校の住宅地となりハイドパークと呼ばれていたそうです。

当時を再現した稲荷山公園のジオラマ、住宅の模型、写真や動画、基地や住宅地区で働いたり、周囲で暮らしていた人からの聞き取りなどが展示されていまして、自分たちの住む世界の直ぐそばに別世界があるという雰囲気がよく伝わってきました。

2日目ということもあるんでしょうが、なかなかの盛況でありました。

また、公園の外側には下士官や下級将校用の住宅が多く立てられ、返還後は細野晴臣さんとかアーティストたちが住んだそうです。

今ではそのほとんどが取り壊され、残り少ない建物が2軒、公開されていました。

そんな大掛かりな展示ではないですが、なかなか勉強になりました。
近隣にお住まいの方には、是非お勧めいたします。

館内は撮影不可だったので、写真はありません。

以下は、公開されていた当時の住宅です。(公園外の偉くない人用です)

Dscn0018


Dscn0012


Dscn0015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

Nikon AW100インプレッション

まあ結論から言いますと、デジカメのGPS、ちょっとイマイチですね。

私の買ったNikon AW100が他に比べてどうこうというわけではなく、
スマホ+GPSロガーアプリと比べて見劣りするというお話になります。

まあ、基地局とのやりとりがあるスマホと比べるのは酷ですし、データ通信圏外だと、スマホもどうなるかわかりませんが、家の周りで試すと、やはり圧倒的にスマホです。

ちなみに私のスマホは「htc EVO ISW11HT」。
これに、「山旅ロガーGOLD」というアプリを入れています。

スマホの方は、ここまで正確でなくてもというくらい正確ですし、山旅ロガーGOLDは「15メートル毎」といったような、細かい記録間隔の設定が可能です。
一方、デジカメの方は、測位までが遅いし、測位し始めの頃は、かなり頓珍漢な現在位置を示したりします。
ログの記録間隔も細かくないし。


川くだりでの現在位置確認と、記録という目的から考えると、タッチ操作可能な防水ケースにスマホをいれて使うのがいいのではないかと思います。
( ただ、圏外で使用するとなるとオンラインの地図は使えませんし、測位も影響されるかも知れませんからなんともいえません。 ちなみに、「山旅ロガー」は「地図ロイド」と連携していて、「地図ロイド」はオンラインですが、キャッシュしておけば圏外でも使えます。)


以下は、今日稲荷山公園に行ったときのデジカメのログです。

Dsc07685

実際の動きとしては、車で市立博物館に行って、まず公園を散策してから博物館を見学。
その後は公園にそって歩いて、米軍住宅(「鵜ノ木」の「木」のあたり)を見学して博物館に戻りました。

まあ、大きくは間違っていませんが、間隔が粗いのでこんな感じになります。
間隔が粗いので、写真の撮影地点の記録も結構ズレる事があります。


一方、下の写真は、先日秋川を下ったときの、「スマホ+山旅ロガーGOLD」のログです。

Dsc07686


差は歴然としています。

次に、デジカメの地図についてです。AW100には世界地図が入っています。

御岳付近を最小縮尺にしてみました。

Dsc07684


御岳橋は載っていますが、御岳小橋は出ていませんし、情報量は少ないです。

大体の位置はわかりますが、測位精度に不安がありますし、地形もまったくわかりません。

まあ、大体の位置がわかるという感じです。

いやあ、勉強になりました。


また、写り具合などレポートしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »