« 調布橋 ( 青梅探訪シリーズ5 ) | トップページ | 御岳・もしかしたら漕ぎ納め? »

2011年11月16日 (水)

国土地理院の地形図から送電線が消える?

最近は、googleやyahooなど、ネットの地図や衛星写真が充実していて、あまり出番がなくなってきた国土地理院の地形図ですが、ちょっと前までは、川くだりに欠かせない重要なアイテムでありました。

ネット地図が登場した後も、地形やの記載が充実している地形図は重要でした。
なかでも、送電線が記載されていることは、大河系河川を下るときの現在位置の特定に威力を発揮しました。
( そんな回数行ってないんですが・・・ )

利根川から江戸川に入るときなんか、鉄橋やら送電線やら慎重に確認したし、那珂川にはじめて行った時も、地形図をコピーしてマップケースに入れて、現在位置の特定に役立ちました。

国土地理院のサイトにも、載っています。


ところが、異変が起きました。

asahi.comの地図から消えた送電線 「テロ対策」「過剰対応」賛否なる記事です。

テロ対策ということなんですが。

電子国土基本図のFAQにも出ています。

ということで、皆様、お気をつけください。

|

« 調布橋 ( 青梅探訪シリーズ5 ) | トップページ | 御岳・もしかしたら漕ぎ納め? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国土地理院の地形図から送電線が消える?:

« 調布橋 ( 青梅探訪シリーズ5 ) | トップページ | 御岳・もしかしたら漕ぎ納め? »