« 丹波川レポートUPしました! | トップページ | 丹波川ロアーセクション 全行程とスカウティング動画 »

2011年10月22日 (土)

羽村市郷土博物館

羽村堰の対岸の少し上流に、羽村市郷土博物館があります。

前にも一度行ったことがあるんですが、すっかり忘れてしまったので、多摩川への理解を深めるべく行って参りました。

Dsc04741_2

正面から。なかなか立派です。


Dsc04746_2

↑:展示室内。かなり空いています。

Dsc04747

↑:展示室内。やはり空いています。


Dsc04755

↑:屋外には、古い農家が移築されています。中に入って座敷に上がることも出来ます。

この日学んだことは、
 1.羽村は、大菩薩峠の著者、中山介山の出身地であること。
 2.羽村は養蚕が盛んであったこと。
 3.羽村の人々には、新しいものに進んで取り組む気風があること。
 4.玉川上水のこと色々。
※3は、館内で観たビデオでそう言ってました。


そして、これです。

Dsc04759

↑:由緒正しい縁側です。そこいら辺の縁台とは格の違う代物です。
  試しに、寝そべってみましたが、気持ちいい。
  お茶とせんべい置いて、寝そべって雑誌読みたい。
  ここが、おばあちゃんちだったらいいなあと思わせる味があります。

多摩川川くだりのゴール。羽村堰から程近いので、カヌーの帰りにいちど行かれてはいかがでしょうか。

引き続き多摩川の勉強をしていきたいと思います。


追記
 今度こそ、東青梅のカレーうどん食べようと、帰りに遠回りしてわざわざ行ったら、6時から営業しますの張り紙orz。

|

« 丹波川レポートUPしました! | トップページ | 丹波川ロアーセクション 全行程とスカウティング動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽村市郷土博物館:

« 丹波川レポートUPしました! | トップページ | 丹波川ロアーセクション 全行程とスカウティング動画 »