« 続・いくらなんでも・・・第13回青梅カヌーマラソン | トップページ | 続続・いくらなんでも・・・第13回青梅カヌーマラソン◆立志編 »

2011年2月 6日 (日)

さよなら epoque ET-100

普段開けない戸棚を開けると、目にとまりました。

デジカメを使い始める前は、川くだりの写真を撮るのに、epoque ET-100 という水中カメラを使っておりました。
「海部郡山川町」の川くだりレポートも、2002年の写真はこれで撮っています。

9年前はこれを使っていた訳で、まさに、隔世の感がありますね。
フィルムカメラで撮った写真をスキャナで取り込むということをしておりました。

ただ、当時もデジカメはありましたから、つい、ケチってしまったようです。
写りもイマイチだし、翌年からはCanonのPowerShotA200+ハウジングになりました。
短い現役生活でした。

もう使うこともないので、ハードオフに持って行きました。

¥100。だそうです。

一万円以上したと思うので、少し寂しい値段ですが、まあ、持っていても仕方ないので引き取ってもらいました。


Dsc02150


Dsc02151

|

« 続・いくらなんでも・・・第13回青梅カヌーマラソン | トップページ | 続続・いくらなんでも・・・第13回青梅カヌーマラソン◆立志編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら epoque ET-100:

« 続・いくらなんでも・・・第13回青梅カヌーマラソン | トップページ | 続続・いくらなんでも・・・第13回青梅カヌーマラソン◆立志編 »