« 四万十川がたり | トップページ | ひするまキャンプ場 »

2007年10月 8日 (月)

登山靴は高い

底の張替えに出していたキャラバンのGK-30が一ヶ月経って戻ってきました。

2003年の暮れに\15,960で買って、04年夏に谷川に登り、

今年(07年)夏に二度目の谷川に上る途中に底が壊れました。

こうなると結構高い買い物です。

修理には時間がかかるので、日光白根に登るのために新しいの(GK-50)を買いました。

\18,742也。これが、同サイズの後継品なのに窮屈。もっと高い買い物になりました。

結局、GK-30を修理に出すことにしました。

修理代\10,227。(\1,000のポイントを使いましたが)

きっとGK-50はもう履かないんだろうなあ・・・。

Img_6539a

(左:GK-30 右:GK-50)

新しいGK-30の靴底はポリウレタンではない、

加水分解に強い素材になりました。

|

« 四万十川がたり | トップページ | ひするまキャンプ場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四万十川がたり | トップページ | ひするまキャンプ場 »