« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月19日 (水)

四万十川がたり

数年ぶりに読み返しました。

前回は図書館で借りましたが、今回は購入しました。

やはり、野村のおんっあんはスゴイ。正直、読んでいて、まぶしいです。

(元気になれるか、まぶしすぎて暗くなるか・・・・・。)

そして四万十川もまたすばらしい。

いつか行くぞ。

  • 野村 春松: 四万十 川がたり

    野村 春松: 四万十 川がたり
    (★★★★)

  • | | コメント (0)

    2007年9月15日 (土)

    今日も下れず

    午前9時の調布橋が-2.11。
    スリリングな川下りが楽しめると長女と出かけてみたら・・・・・。

    -2.11とは思えない水量で川はミルクコーヒー。

    しかもそこかしこに台風9号の仕業らしき被害。
    釜の淵は流路がすっかり変わり、 御岳は遊歩道が前面立ち入り禁止。

    Img_6031a まずは河辺のグランド。

    ミルクコーヒーのような増水した川。

    川岸にには立ち入り禁止のロープ。

    ちょっと厳しいかなと思いつつ釜の淵へ向かう。



    Img_6035a 釜の淵もミルクコーヒーの増水。

    しかも、9号の所為なのか、左岸側の流れがすっかり埋まっている。

    駐車場でおにぎりを食べつつ様子見。下ってくる艇はない。

    食後、撤退ムードが漂う中、喜久松苑へ向かう。



    Img_6048a 喜久松苑の川原も、中州がすっかり消えている。

    それでも、ダッキーが2艇いた。

    ここで、断念。

    次は御岳へ様子を見に行く。



    Img_6063a  向かう途中に【ダム放流中】の掲示。



     

    Img_6075a_2

    御岳の遊歩道は通行止め。



     

    Img_6072a

    ちょっと沈したら相当やばそうな雰囲気。

    結局、今日は『勇気ある撤退』を決断。

    それにしても、-2.11というのが解せない。

    もっとあるのではという感じだ。

    見かけたカヌーは、釜の淵にスラ艇が数艇。

    訪ねて見ると下ってきたのではなく、釜の淵で漕いでいるとの事。

    喜久松苑ではダッキー二艇。上流側の中洲にいて会話はできず。

    発電所でスラ艇が数艇。

    | | コメント (0) | トラックバック (2)

    2007年9月 9日 (日)

    またしても台風一過

    台風9号が去って、朝から猛暑。

    最高の天気なのに、9:00の調布橋水位は、-1.75。

    あ~、下りたい。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    « 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »