2019年5月 9日 (木)

HOLUXのM-241が使えなくなった!?

HOLUXのM-241というGPSロガーを愛用しています。
少々大きめなのですが、ネットで検索すると、他のより精度がいいと言うような記事を見つけて、数年前に購入しました。

P_20190507_072611

( こんな感じで微妙に大きい )

連休の初めに、四国に帰省した際も、持って行ったのですが、帰宅してログを取り込んでみると、往路の分しか取り込めません。
現地の移動も、復路もスイッチ入れていたのに・・・。

もしかしたら、往路でメモリが一杯になったかもしれないと、いったんメモリをクリアして、翌日またログをとってみました。

しかし、やはり取り込み出来ません。

Holux1

読み込み中 xxバイト / 合計 xxバイト

みたいなみのは表示されて、取り込んでいるっぽく見えるのですが、

Holux2

最終的に「GPS機器にデータがありません」となります。

『いよいよ壊れたのか仕方ない。お前はよく頑張ったよ』とねぎらって、ネットで新しいのを物色しておりました。

もう少し小さいのがいいなと思っていたのですが、M-241はやはり精度がいいらしい。

大きい点は気に入りませんが、Bluetoothにも繋がるし、やはり同じの買おうと検索していたら、楽天で検索したあるショップのページに下記の記載を発見しました。

■■注意喚起■■

2019年4月6日以降に、GPS Rolloverの問題でezTourを使用することができなくなった模様です。
回避方法としましては、ezTour の代替で、AndroidMTK というアプリで #m241 の GPS Log をダウンロードして gpx ファイルを生成できます。
さらにwebサイトにある「GPX2ITMコンバータ」(URLは検索して下さい) から「itm ファイル」を作成することができます。
これで位置の情報を取ることはできます。
但し、日付は 1999 年になっています。

※使用方法について。サポートできませんので、上記のことを自己責任で解決できる方だけご購入ください。


なんと、『GPSのロールオーバー問題』なるものを始めて知りました。

GPSは1024週間で一周してしまうんですね。ググってみてください。

それで、試しに、スマホの『Bluetooth GPS』で接続を試みると、あっさり繋がりました。

次に、スマホの『AndroidMTK』で試してみると、こちらもログがダウンロードできました。

しかし、日付は1990年の9月になっています。

あやうく買い換えてしまうところでした。

まあ、ezTourから取り込めないのは面倒ですが、買い換えるのも勿体ないので、しばらくはこのままで。

 

【販売実績No1!】M-241 GPSロガー LCD画面付き GPSデータロガー】

価格:7,200円
(2019/5/8 07:27時点)
感想(151件)

 

<2019.6.22追記>

AndroidMTKですが、設定で保存先をSDカードにしたらDwonloadがエラーになりました。

保存先を本体のストレージにしたらDwonloadは成功するけど、何故かPCとスマホを接続しても、PCからファイルが見えない。

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

買ってしまった( Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付) )

あちゃー、つい、買ってしまいました。

固形燃料のストーブ。

P_20190330_143745

P_20190330_143728

P_20190330_143548

これには、前段のお話がありまして、まずそちらから。

ネットを見ていたら、何かの広告に、トランギアのメスティンが出てきまして、ついうっかりクリックしてみたら微妙に欲しい。

ググッてみたりしていると、中々評判がよくて、物欲が刺激されます。

いやいや、いったいいつ使うんだ?

丸型飯盒も、兵式飯盒も、ステンレスクッカーも持っていて、どう考えても、200%必要ない。

でも、2,000円しないし。どうしよう。

そう思いつつ、日を置いてAmazonをみてみたら、なんと値段が3,000円を超えています。

Amazonって、需要と供給で値段変わりますよね。

まあ、さすがに3,000円以上出して買う気は起こらず、間一髪、購入を免れたのですが、刺激されてしまった物欲が鎮まらず、ついうっかり買ってしまったのが、こちらの「Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付) 」という訳でありました。

 

箱から取り出して、少しいじって、写真撮って、また箱にしまいまして、うーんいつ使うんだろうか・・・。

まあ、考えたらかなりコンパクトなので、シングルバーナーの代わりに川くだりに連れて行ってもいいのかも知るれませんが。

 

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

ロッキーカップ買いました

2月になって、仕事の方もだいぶ落ち着いてきました。3月になるとまた忙しくなるんですけど・・・。


で、まったくもって全然必要ではないんですが、ずっと前から、微かに気になっておりまして、このところ飲みに行く回数がめっきり減って、お金も余っているので、つい買ってしまいました。

シェラカップはステンレスのを4つとチタンのを4つ持っているんですが、なんかこう、もう少し容量のあるものが、食事をするときにはいいだろうと、もう何年もキャンプになんか行ってないくせに、思っておりました。

そのうちに、なにやら、大き目のシェラカップは、ロッキーカップなどという、特別の呼び名で呼ばれている事が分かりまして。( 厳密には、固有の商品名の様でして、特定のもののみロッキーカップというみたいなのですが、まあホッチキスみたいなもんですね )


ただ、シェラカップはスタックできてかさばりませんが、その中にひとつだけロッキーカップがあってもかさばるだけだろう。

川くだりでコーヒー飲むときはマグカップだし、たまにソーセージ茹でたりしますが、シェラカップで間に合うし。

まあ、そういうことですから、買う必要は200%なかったんですが、買ってしまいました。

で、こんな感じです。

Dsc01973

( 左:シェラカップ 右:ロッキーカップ )

シェラカップより大きい。

そして、角度が急です。なんかワイルドです。

とりあえず、スープ入れて飲んでみたり、サラダよそって食べてみたりしました。

まあ、家の中で使っても、取り立てて、どうということはありません。

キャンプにもって行ったらいいかもしれませんが、次にキャンプに行くのはいつだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月30日 (木)

チタンのダブルのマグカップを買った話

Dsc01284


前々から、買おうかなと思っていたんですが、サントリーのシール集めて貰ったステンレスのマグカップが2つあるし、シェラカップならチタンのもステンレスのも4つずつあるし。


要は、必要はないんです。


でも、たまに「やっぱり買おうかな」って。

道具に走るのは軟弱だし。そもそもチタンは高いし。ヒマラヤ行く訳でないからステンレスでいいし。


実際、チタンって、オシャレ過ぎるというか、ワイルドさに欠けますし。

Dsc01285


いやいや、そもそも、50歳のオッサンが、何年も掛けて買うかどうか考えるような物ではないんです。


で、死ぬまで買わないだろうと思っていたんですが、いったいどうしたことか。

酔っていたからか。

いや、17時以降家にいるときは大体酔ってるし。


まあ、それで、なんだか分かりませんが、買いました。

まあ、悪くはないですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

結局SONYのActionCamを買いました

9連休の第5日であります。

つまり、実時間としても、既に半分をきりました。(T_T)


本日は7時に起床。

午前中は歯医者、午後は整体に行って、その後は花粉症の薬を貰いに内科に行って、一日が終了です。

整体は毎度のことですが、余りの気持ちよさに眠ってしまった・・・。

休み中にもう一回行こうかな。旅行に行ったと思えば安いもんだし。
     
     
     

さて、結局SONYのActionCamを買いました。

HDR-AS30VRです。

Dsc03786


まあ、初めのうちは少々高くてもいいかと思った時期もあったんですが、川くだりで使う以上、いつぶつけて壊すか分からないし、いつ流失してしまうかも分からないし、YouTubeに投稿する画質があればいいし、それに、主力のSONY CyberShot TX-20の痛みが激しく、いつ防水性を失うか分からない状態で新たな出費のリスクがあります。そういうのもありまして、予算は2万円台ということになりました。


そうなってくると、ActionCamだと、
 HDR-AZ1 ¥27,399
 HDR-AS100V ¥24,800
 HDR-AS30V ¥22,690

GoProだと、
 HERO CHDHA-301-JP ¥20,295
 HERO3 ホワイトエディション ¥29,160

( ※ 価格は、HERO3のみAmazon、以外は価格コム最安値 )

あたりが候補となります。

スペックは、
HERO CHDHA-301-JP
 ・WiFiなし
 ・静止画500万画素
 ・1080p30/720p60
 ・SuperView
 ・Auto Low Light Auto Low Light

HERO3 ホワイトエディション
 ・WiFiあり
 ・静止画500万画素
 ・1080p30/960p30/720p60

ActionCamは、HDR-AS30Vでも、
 ・WiFiあり
 ・静止画1,190万画素
 ・フレームレート
   PS:1920x1080 60p
   HQ:1920x1080 30p
   STD:1280x720 30p
   SLOW:1280x720 60p
   SSLOW:1280x720 120p
   VGA:640x480 30p

こうなると、なんとなく、ActionCamに傾いてきます。


価格コムで仕様を較べると以下のようになります。
(本体重量、発売時期、バッテリ)

HDR-AZ1
 47g
 2014/10/24
 85 分


HDR-AS100V
 68g
 2014/3/14
 120 分


HDR-AS30V
 65g
 2013/10/11
 185 分

HDR-AZ1は何といっても一回り小さいのが魅力です。
HDR-AS30Vは、発売から1年半近く経っていて、本体が防滴ではありません。
しかし、カヌーの場合、どっちにしてもハウジングは必要ですので本体防滴というのはそれほど重要ではないように思えます。
稼働時間が長いのもHDR-AS30Vの魅力です。

さらに、調べているうちに、リモコンが欲しくなってきました。
普段、艇首に取り付けたカメラのスイッチを押すのに難儀してます。
ヘルメットにつけるにしても、手元で操作できればありがたい。

ActionCamにはリモコンつきのがあります。

HDR-AZ1VR ¥36,225
HDR-AS100VR ¥33,699
HDR-AS30VR ¥23,698

ということで、HDR-AS30VRの購入となりました。
購入したのは、最安値ででていたショップです。

価格コム安心決済の手数料¥513を足しても、さらに、Amazonカードポイントのプラス05%を加味しても、Amazonより安かった。

ちなみにAmazonは、2万5千円程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

GoPro & ActionCam

なーんか、ぜんぜんやる気が起きません。最近集中力が無い。

加齢か、飲み過ぎか。


今日は建国記念日ですが、だらっとしてます。

去年の春に咲いていたノースポールを放置してたら、また芽が出て、一部花が咲いてます。

Dsc03687


Dsc03692

放置したプランターに密集して芽が出ているので、少しポットに移して、春にいい感じの鉢を作ろうと、構想はあるんですが、寒いし、また今度にしました。


それから今朝は、冷蔵庫の中に、賞味期限1月4日な上に、一度凍って解けた水に浸かっていたベーコンを発見し、もったいないからって食べたんですが、そのせいか、あるいは昨夜終電まで飲んだせいか、お腹の具合が悪い。

ベーコンは賞味期限すぎても全然OKみたいな事をネットで読みましたが、さすがに水に浸かってたらどうだろうか。もちろん加熱したけど・・・。


Dsc03690


さて、やっと本題です。今シーズンはいよいよウェアラブルカメラを買おうと思っているんですが、物色するのが面倒くさいという、いよいよ末期的な状況になっています。

いろんなところから出ていますが、調べるのが面倒なので、候補は「GoPro」と「ActionCam(SONY)」に絞ります。

いつ壊わしてしまうか、あるいは流してしまうか分からないので、予算は2万円台。

22日が青梅カヌーマラソンなんで、そろそろ買わないとであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

GPSロガー HOLUX M-241

みなさんこんにちは。

先日、ミルキー食べてたら、歯の詰め物がとれました。

えいってやったら、元に治まりましたが、いつまで持つか・・・。

ミルキー恐るべし。


Dsc03557


さて、別に、必要は無かったんですが、つい、欲しくなって買ってしまいました。GPSロガー。

カヌーでご一緒する方たちが結構持っていらっしゃるし。(そう言っても2人ですが。友達少ないんで。)

ちょっと買ってみようかなと。

GPSのログであれば、スマホでも取れます。

なので、あえてロガーを買う必要はどこにあるでしょうか。

唯一最大の理由は、スマホのバッテリーを温存したいということでしょう。

スマホで長時間ログを取り続けるのは不安がつきまといます。

そういうことですから、まあ必要といえば必要なんですが・・・・・。


Dsc03558

で、私が買ったのは、これです。

HOLUX ワイヤレスGPSロガー M-241

i-gotU GT-600にするか、迷ったんですが、ついつい、乾電池というのに惹かれてしまいました。

乾電池でしたらどこででも入手可能です。

たとえば、ヒマラヤ登るとか(登りませんけど)、アマゾンに行くとか(行きませんけど)、そういう時でも安心です。

しかも液晶の小窓がついていて、設定もできます。

Bluetoothでパソコンにデータ送れます( USBケーブルだけでいい気もしますが )。

そんなこんなで、だいぶでかいです。

Dsc03559

稼動時間はカタログ上12時間。


ちょっと短いかとは思ったんですが、まあ実運用上問題ないだろうと考えました。電池換えればいいし。

ところが、正月に帰省したとき、同梱の電池で、しかも2時間くらい使った後だったせいもあってか、埼玉でスイッチ入れて、兵庫県のあたりで記録が終わっておりました。


液晶小窓に、電池残量のインジケーターはついていますが、そんなところしょっちゅう見る訳でないし。


PUSH型で教えてくれないと分かりません。


i-gotU GT-600は80時間、前のモデルのi-gotU GT-120でも30時間。

それに比べるとだいぶ短い。( 乾電池にこだわることもなかったかという気もします。 )

次に精度です。他を知らないので、スマホとの比較になりますが、スマホの方が若干精度がよい感じ。

あと、スイッチ入れてから測位し始めるまでに時間が掛かります。


まあ、結論からいいますと、

・精度は、スマホには多少劣る。気がする。(スマホにもよるんでしょうけど)

・GPSロガーとしてどうかは、他の製品と較べてみないと分からない。

・分からないけど、分からないなりな満足度は、まあまあいい。

  + やはりでかい。もう少し小さい方がいい。

  + 気がつくと電池が切れているのが難。
   ( まあ、初めての川に行く場合なら、毎回新しい電池入れるからいいと思いますが、ちょっとしたお出かけくらいなら、液晶画面上残量があればそのままになるでしょうし。 )

  + 精度は特に不満はない。

  + 防水ならなお可。

■↓ M241
Holux

■↓ スマホ
Photo


■↓ M241
Holux2


■↓ スマホ ( こっちの方が正しい )
2


だいたい、そんなところでしょうか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

つい、アルミケトル買いました

昨夜は飲み過ぎたせいで今朝は10時過ぎに起床。
朝が遅いと一日が短いですね。

もう雰囲気は夕方です。(T T)

しかし、昨夜は相当飲んだにも関わらず無事に生還。
これで今年4勝2敗のダブルスコアに持ち込みました。


さて、なんか、ふとアルミのコッヘルとか欲しくなりまして。

キャンプに行く予定なんかまったくないのに、買おうかなと。

まあ、自分にご褒美というやつです。

あ、ご褒美貰えるようなこと、なんかあったか?!

いやいや、そんなんなくても、自分にご褒美あげてもいいでしょ?


でも、さすがにコッヘル買っても使うあてないし、かわりにケトル買うことにしました。

これだと、川くだりの時にコーヒー飲むのに使えます。

今まではステンレスのパーコレーターをヤカン替わりに使ってましたが、縦長なのでシングルバーナーの上で安定しないし、取っ手も固定されているので川くだりにはちょっとかさばります。

で買ったのはこれです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山ケトル900

Amazonで3,000円なり。配送無料です。

Dsc01775


700というのもあってどっちにするか迷いましたが、大は小を兼ねるだろうと、つい900を買いました。
どうせ、川くだりは多くても3人とかだし、700でも良かったかもしれませんがまあいいや。


で、せっかくなんでシングルバーナーでお湯沸かしてみました。

ついでに、ステンレスのパーコレータと比較してみました。

Dsc01776

Dsc01778


■実験内容

 『500ccの水がどれくらいで沸騰するか』

 使用した機材
 1)イワタニのシングルバーナー
 2)イワタニのカセットガスジュニア

 ・ガスは未使用のものを使いました。
 ・パーコレータは内部の器具は取り出して、ヤカンとして使用。
 


■実験結果

 アルミケトル・・・・・・・・3分17秒で沸騰
 ステンレスパーコレータ・・・4分30秒で沸騰

 ( だいたい、注ぎ口から白い湯気が出始める頃の時間です。)

 
熱伝導率の高いアルミが早く沸くとは思っていましたが、こんなにも差があるとは・・・。

これだと、お湯が早く沸いていいし、ガスも節約できます。

今年、こいつの出番がたくさんあるといいんですが。

ちなみに、初めにアルミケトルを沸かして、次にパーコレータ沸かしたら、5分45秒掛かりました。

ガスカセットを触ったらキンキンに冷えています。

もしやと思って、別のに取り替えてやり直したら4分30秒。

なるほど冷えると時間が掛かるんですねえ。勉強になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

防水ウエストバッグ新調しました

たしか四万川を下ったときだったでしょうか、防水ウエストバックの中に入れてあったものが濡れてました。

調べてみると、接着部分が一部剥離しておりました。

Dsc00620

↑の写真の左側です。( 剥離したところをつまんで引っ張ったら全部はがれました。 )

で、右側のを買いました。3,990円+送料500円也

Dsc00621


Dsc00622


こんな感じです。

サイドポケットみたいなのはありません。

ものを入れるところは、本体と、あとはフロントにポケットがあります。

ベルトは細いもので、ちょっと気になっていたんですが、全然問題ありませんでした。

Dsc00720


Dsc00721_2


で、よく出来ているなと思うのは、うえの写真の様に、2種類の留め方が可能ということです。

私はyahooショッピングで買ったんですが、既に在庫切れになってました。
Amazonでも色違いがあったので、リンク貼っておきます。

値段は一緒ですが、送料無料・・・。
うかつなことでありました・・・・・。
Amazon 探せば良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

スマホ防水ケース2台目

1,480円と525円の送料を投じて購入した、1台目のスマホ防水ケースですが、川くだりの要求スペックを満たせず、あえなく風呂用となりました。

で、次に購入したのがこれです。

Dscn0580

送料込みで980円。

Dscn0582

写真も撮れます。

Dscn0581

ただ、ビニールっぽい素材なので、タップの感度はシリコンの1台目にはかないません。
さくさく使う必要もないので、川くだりの用途としては問題ありません。

Dscn0583


Dscn0584

そして、なんといっても、ごっつい感がありません。
上から見た面積は、1台目と変わりませんが、ソフトケースなので、圧倒的にコンパクト感が違います。


さっそく風呂に持ち込んでみましたが、防水性も問題なし。

IPX7をうたっている商品ですが、販売サイトには、「万が一に備え、水中でのご使用はお避け下さい。」と書いてあります。
水中に持ち込む積もりもないので、これは問題にはなりません。


ということで、今のところ使えそうな感触であります。

結局、総額3,000円近い費用が掛かってしまいました。
やはり、じっくり探さないとダメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)