2019年11月13日 (水)

オーシャン東九フェリーに乗ってみました

オーシャン東九フェリーに乗ったのでその報告をせねばなりません。

ちょっと徳島に帰省する用事がありまして、最近ガソリン代も上がって来てますから、車で行くのも勿体ない。

夜行バスを調べていたら、夜行バスというのは、曜日によって全然値段が違います。

同じスペックでも、倍くらい違います。

月曜の朝着は高い

それに、4列シートはちょっとあり得ないし、やっぱり独立3列でないと嫌だとなると、これまた高くなります。

という事で、一度くらい船に乗ってみようかという事になりました。

 これです。⇒ オーシャン東九フェリー

船賃は、11,570円( 一番安い2等洋室 )。

バスの高いのと変わりません。

まあ、港まで行く交通費もありますから、トータルでは船の方が高いですが。


時間の方は、バスだとだいたい9時間、船は19時間で倍以上。

バスだと、日曜の夜に出て、月曜の早朝に着きますが、船だと到着は午後なので、月曜の午前中に着きたいとなると、結局土曜の19:30に出港して、日曜の13:05到着という事になります。

場所も有明なので、なんだかんだ港まで行く時間もありますし、ギリギリに行く訳にもいきませんから、時間は余分に掛かります。


今回は、早目について、船内を探検したり、いい場所を確保しようと思って、17時半前には港に着いたのですが、早すぎて乗船できませんでした。

P_20191109_172144_vhdr_auto

P_20191109_190107_vhdr_auto
( 空いている待合室 )

 

18時になって、漸く車やバイクの人向けの乗船案内があって、「徒歩の方の乗船は19時頃の予定です」とのこと。

早く来た甲斐が全くありませんでした。

それに、自分の寝床の場所は発券した時点で切符に印字されておりました。

 

19時、漸く乗船開始。

事前にネットで見てはいたのですが、中々立派です。

冷凍食品の自販機が充実しています。

アルコールは、ビールと第三のビールと缶チューハイ。

高いのかと思ったらぜんぜんそんなことないです。

金麦の500mlが200円。

P_20191109_190438_vhdr_auto
(エントランスホール 自販機と電子レンジがいっぱいあります)


P_20191109_190517_vhdr_auto
P_20191109_190534_vhdr_auto

 

そしてこちらがわたしの部屋。16人部屋の一番奥の右下。

昔はフェリーの2等というと、カーペットの雑魚寝だったのに、素晴らしいですね。

P_20191109_190649_vhdr_auto
( 2等洋室の16人部屋 )


P_20191109_190658_vhdr_auto
( ここがわたしの寝床 )


P_20191109_192122_vhdr_auto
( 中はこんな感じ。カプセルホテルみたい。 )

 

自分の寝床に荷物を置いて、船内を探検、なかなか立派です。

お風呂もシャワーもあります、銭湯くらいの大きさがあって、しかもオーシャンビュー。

コインランドリーまであります。

空いているだろうと、出港時を見計らってお風呂へ。お客は私以外に2人のみ。いいお湯でした。( タオルも自販機で売っています )

P_20191109_190802_vhdr_auto
P_20191109_191253_vhdr_auto
P_20191109_191333_vhdr_auto
P_20191109_191514_vhdr_auto
P_20191109_214857_vhdr_auto

 

ちなみに客層ですが、

トラックの運転手さんに、職人さん(グループ)などの仕事人が半分以上。

あとはバイク野郎と、普通の旅行者。

船内で写真撮ったり窓際で海を見ているのはバイカーと旅行者ですね。

近くの個室で、職人の団体さんが出港前から早速宴会を開始してました。

豪快で、廊下まで酒の匂いがぷんぷんします。

エントランスホールは、運転手さんたちがテレビ見てました。

みなさん酒も呑みますが、公共の空間で騒ぐ人がいるとか、そういうことは全くありませんでした。

職人さんの宴会もその後は気にならなかったから、お開きは早かったんだと思います。

旅行者は年配のご夫婦が多かった。あとは外国人のファミリー。

さすがに、若い女の子は殆ど見かけませんでした。

旅客区域にいるクルーは男女各1名。

 

私は、窓際に陣取って、金麦⇒缶チューハイと進んで、最後はコンビニで買ったウイスキー。

つまみも、チーズやらハムやらをコンビニで買って持ち込みました。

P_20191109_195439_vhdr_auto
その夜は、船旅サイコーと思いつつ、結構早めに就寝。

夜中に目が覚めましたが、寝床の電気付けっぱなしでした。周りの方々すみません。

 

翌朝、朝陽が昇るのを見ようと思っていたのに、寝過ごしました。

P_20191110_065145_vhdr_auto_hp
P_20191110_073106_vhdr_auto
P_20191110_090806_vhdr_auto
( 潮岬 )
P_20191110_091138_vhdr_auto_hp
P_20191110_120118_vhdr_auto
( 展望デッキ )

前日は、船旅サイコー!、癖になりそうー!

などと思っていたのですが、2日目、結構退屈してきます。

スマホいじって、船内散策して、デッキに出ての繰り返し。

本読んだりすればいいのでしょうけどなんとなく。

ドラマをダウンロードしておいたのですが、それも観ず。

暇なので、朝風呂に入りましたが、さすがに二日目は水が綺麗でない。

結局、7時から13時まで6時間、割と退屈しておりました。

世界一周の船旅とか、ヨットで海に出るかと、お金持ちは偉いですね。

P_20191110_124330_vhdr_auto
( 遠くに眉山が見えてきました )

P_20191110_131804_vhdr_auto_hp 
13:05到着。

という事で、到着しました。

初日テンション上がりましたが、翌日は退屈して、癖になったりはしなさそうです。。。

 

いくつか面白いものを見たので写真を載せます。

P_20191109_205433_vhdr_auto
P_20191110_070705_vhdr_auto
( これは多分、船酔い用ですね )

P_20191110_115504_vhdr_auto
壁やドアの低い位置にあるマーク、これの正体がわかりませんでした。

それぞれ、その場所の上にあるものを示しています。

左の横棒マークの上には手すり、右の赤い三日月みたいなマークの上には非常ベル。

船内各所に貼ってあります。

なぜ、低い位置に張ってあるのか・・・。

 

それから最後に覚書。

1. スマホは海域によってはつながりません。

2.つながるときでも、船内の場所によってつながったりつながらなかったりします。

3.普段そこそこ正確なスマホのGPSがかなり役立たずになりました。電波で補正しているのが、圏外になるからでしょうか。

 

私の船旅報告は以上となります。

 

| | コメント (0)