2018年10月 8日 (月)

三度目の三連休と、『カメラを止めるな!.』と川くだりと、ダラッとした件

えーと、どーでもいいことが延々長文で続きますので、、。、すみません。


4週間で3回の3連休という素晴らしい時が終わろうとしております。

今回、はっきりと確信したのですが、私にはこのペースがあっておりますっ。

4週間で11日休み。これが私のペースだったんです。

それを知ってしまって、これからどうやって生きて行けばいいのでしょうか。

さて、金曜は18時半には駅に向かって歩いておりました。

取引先が年休取得奨励日とやらで、まったーりしていたのです。

会社には、こういう日に休む人と、あえて出てくる人の2種類の人がいます。

まあ、出世するのは前者ですよね。「割と」程度の率ですけど。

で、最寄駅を降りて食事をして、いきつけの店に行って4杯呑んで、それでも店を出たのが21時半。

ああ、こういうのが当たり前な生活を送りたい。こういうのが当たり前な世の中を作りたい。


あくる土曜は、武蔵村山まで『カメラを止めるな!』観てきました。

なにやら評判が良さそうなので気になっていたのですが、これはなかなか面白かったッ。

これはですね、公式サイトや劇場サイトに出ているあらすじ以上のことは決して詮索せずにご覧になることをお薦めします。

その後は、KALDIでザワークラウトを買って、前から気になっていた狭山ヶ丘の台湾料理屋で遅い昼食を取って、帰宅後は2時間昼寝して、三連休の初日が終わったのでありました。

2時間は寝すぎですが、まあ、三連休が2回続いて、4連勤、4連勤の後の5連勤だったので、疲れておったのでしょう。

これもどうでもいいことですが、昼寝はベッドでしては駄目ですね。

やはり昼寝は畳の上が最高だと分かりました。


日曜は、多摩川です。久々に、『燃える男Tさん』との川下り。

調布橋水位-2.08。

なんと、燃える男Tさんは、『歯っ欠け』のあたりで沈して延々流され、岩に膝をぶつけて、ほうほうのていで左岸にたどり着き、私はパドルと艇の回収に奔走していたのですが、Tさんはちゃっかり商業ラフトに救助され、可愛い女の子の横でにこにこしていたのでありました。

Tさん、戦意喪失して楓橋でリタイア。

お湯を沸かしてコーヒーを淹れて、だらだらと世間話をした後、単身釜の淵へ。

最大戦速で漕ぎますが、右のテニス肘が再発。それでも1時間以内にゴールしてフネを畳んでいたら、Tさんがやって来ました。

タクシーで発電所まで行ったとのこと。

椅子をだして、多摩川を見ながら、まったりランチ。

Dsc01065


Dsc01066


P_20181007_171641


そして最終日の本日。

換気扇の紐が割と上の方で切れて久しく、使い辛いのを我慢していたのですが、いよいよ一念発起して、紐を取り替えました。

そうすると、ベタベタのフィルターも取り替えたいし、カバーの部分のベタベタも気になります。

取り外してマジックリンで汚れを落として、フィルターを交換しようとしたら買い置きがない。

寸法を測って近所のホームセンターに行ったのですが、型番がないといまひとつ選べない。

いったん家に帰ったものの、30年前の代物なので、どこにも型番が書いてない。

仕方ないのでフリーのを買いました。

そして、スピナーを外そうと、ぐりぐりやってたらパキッと音がしました。

結局、ホームセンターに3回行って、新しい換気扇を購入しました。

いやいや、それは別にいいんですけど、なんか1時間以上掛けて、マジックリンで換気扇を洗ったのがそこはかとなく虚しいのでありました。


新しい換気扇、凄い静かですね。30年の技術の進歩に感動しました。


あとは、庭木の剪定などをしまして、一日が終わったのでありました。

よしっ。

P_20181008_131225


P_20181008_163114


P_20181008_170833


P_20181006_172221


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

2018年秋季 高校演劇埼玉西部B地区大会

P_20180923_115614

日曜日、所沢市中央公民館に行ってきました。
「2018年度 高校演劇祭西部B地区発表会」

大会日程は、金・土・日の三日間で15校の上演。

金曜は仕事ですし、土曜はちよっと疲れてダラッとしておりまして、最終日のみお邪魔しました。

春の大会で素晴らしい舞台を演じた「狭山清陵」を楽しみにしていたのですが、金曜だったのはとても残念なことでありました。

そして、既に県大出場校が決まったようです。深谷本状の地区大会が先に終わっているので、そうなるのですね。

所沢高校おめでとうございます。


拝見したのは以下の5校。

所沢 プラヌラ 高石 紗和子~とこえん潤色~ 既成
西武文理 赤白をあなたへ 西武学園文理高校演劇部 生徒
芸術総合 墓場、女子高生 福原 充則 既成
飯能 『R』 飯能高校演劇部 生徒
所沢北 世界の謎ともうひとつ 横森 香菜 ・ 中村 勉 既成

■所沢 プラヌラ 高石 紗和子~とこえん潤色~ 既成

 不登校になった女子高生と、その幼馴染、事故で泳げなくなった女子高生たちの思いを描いた・・・みたいな。
 前半、ちょっと滑舌が気になったり、分散された感じがしましたが、登場人物が減ってきた後半以降引き込まれました。
 ただ、なんとなくですね、期待に応えてくれなかった感がありまして・・・。
 これまでの所高は、毎度センスの良さに惚れ惚れされられるし、照明や音響との緻密な連携に感心するし、どことなく華麗なのですが、今回はそれが無かったというか、所高色が出ていなかったような。

 とはいえ、所高の秋大会を観はじめて4作目にして初めての県大進出。

 今まで出てないのが不思議なくらいですが、いやいや、良かったよかった。

 ひとつ気になったのはプロジェクタでのくらげ映像の投影。

 なぜ、黒い幕にうつしたりする意図はなんだったんだろうか・・・。
 


■西武文理 赤白をあなたへ 西武学園文理高校演劇部 生徒

 お稲荷さんのキツネが時代超えてて少女とふれ合う物語・・・みたいな。

 割とキツネと少女が交代で話すのですが、スタスタと袖から出てきて、
 またスタスタと去っていくのが気になりました。
 
 それで、なんかですね、プログラムをみるとじゅわーっと来てしまいます。
 キャストスタッフ合わせて生徒は4人。
 内、2名が助っ人で、1名が3年の先輩。1年はなし。

 来年の春大会はきちっと見届けたい。

 作者の清らかな心を感じる舞台でありました。


■芸術総合 墓場、女子高生 福原 充則 既成

 えっなんで?!
 春大会でやった作品ではないですか。そういうりもありなんですね。

 役者の半分は入れ替わっていますが、完成度は春より上がったと思います。

 しかし、種類としては、芸総の秋の大会に期待する舞台ではありませんでした。

 面白い台本ではありますが、大勢の人が割とそれなりに露出するということで、個性が見えなくなってしまう。

 やはりもう少し、露出にメリハがあって、登場人物の個性が観客にインプットされないと、どこか距離が出来てしまいます。

 芸総や農三は人数が多いし、大勢を露出させようとすると難しいですよね。

 でも、今回の舞台、他校だったら結構褒めてたかも。やはり、芸総は期待値が違いますからね。    
  

■飯能 『R』 飯能高校演劇部 生徒

 死神の世界にやってきた新入りが実は・・・。

 これが、生徒創作というのは凄いですね。

 近くに座った女子高生も「凄い創作」って感動していました。

 後半、よく分からなくなってしまったのが惜しかった。


■所沢北 世界の謎ともうひとつ 横森 香菜 ・ 中村 勉 既成

 この日観させていただいた5校の中で一番良かった。

 途中まで、時空を超えた的なストーリーがある事を忘れて楽しめました。
 
 なんか、SF的な部分もちょっとよく分からなかったし、日常編との繋がりもすっきりしなかったのが残念でしたが。
 
 というか、日常世界の中だけで進む話でいいんじゃないかくらいに思いましたが、これは台本のほうの問題ですかね。

 どの役者もいい感じですし、「のぞく・はいる・ほる」でいい味出しているなあって、気に留めていた子が、期待通りの存在感になっていて。

 1年生が二人なのはちょっと寂しいですが、お二人ともいい味を出していました。
 
 これからも楽しみであります。

お約束の作品賞と俳優賞
■作品賞:所沢北
■俳優賞:大塚レイカ役

それにしても、「狭山清陵」みたかったなあ。

尚、お昼は、いつもの様にハヤチネで920円のから揚げ定食でありました。

P_20180923_120347


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

コピスみよしに』行って来ました

昨日は『コピスみよしに』行って来ました。

前から一度いってみたいと思っていました『高校演劇フェスティバル』。

今年は第17回。

P_20180617_172435

午前中は用事がありまして、更に午後も遅くなりたくなかったので、拝見したのは結局1本。

川越高校の『お言葉ですが、東條英機閣下』のみ。

『最貧前線』の印象が残っていて、派手なセットかと思ってたら、四角い箱が2つだけのシンプルな舞台で、それはそれで良かったです。

いい感じで箱が使われていました。

主役の二人は良かった。とりわけ佐々木上等兵はとても良かった。

出だしのところで、役者が客席に出てきたりして、躍動感のある舞台になるのかと思ったら、その後はおとなしい展開。

脚本が単調だからでしょうか、後半途中で少し飽きてしまいました。

言いたい事や伝えたいことが何なのか 良く分かりませんでした。

パンフレットの内容ももう少し、取り組み姿勢みたいなものが伝わってくると良かった。

セリフが聞き取りにくいところが多少ありました。

飛行機の墜落なのに自動車のスリップのような効果音なのがとてもとても気になりました。

ラストで空と雲が映し出されるのですが、なんとなく引いてしまいました。


すみません、けなしてばかりで。


ひとつしか観てないので、どうしても、較べる相手が『最貧前線』なってしまうのです。


我ながらけなしてばかりだといけないと思ったんですが、考えたら300円払ってたので多少いいでしょう。


これは別に、運営に手落ちを感じたとかでは全然無くて、純粋に興味なのですが、生徒さんも主催者も、お客からお金を取るということを、

どうお考えなのか知りたいと思いました。

お金を取るということを、学校は生徒にどう伝えているのかと。


それはそうと、『コピスみよし』は立派な劇場でした。

三芳町は『町』の癖になんと贅沢な!とwikiで調べたら、以下の記述がありました。

『・・財政優良度が高く、2015年度は埼玉県内で戸田市と三芳町だけが地方交付税不交付自治体であった。・・』

お金持ちの様です。


P_20180617_130104


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会  作品賞と俳優賞


さて、いつものように順番をつけます。
(秋草、狭山ヶ丘、飯能は観ていないので除きます。スミマセヌ)

何様? と思われるかもしれませんが、観た映画のランキングの感覚ですのでどうかお許しを・・・。

■作品賞:

1位:
 ダントツブッチギリで今回の1位は、迷うことなく清陵です。
 これをさいたま芸術劇場で観たかった! 

2位:
 これはかなり迷ったんですが、所沢です。
 やっぱり、所高はセンスがいい。惚れ惚れします。

3位:複数あります
 所沢北 :前半凄く良かった。3年生3人ともいいのが、春大的感動。
 狭山経済:素晴らしい熱演。台本が惜しかった。
 芸総  :良かったけど、芸総ならもっと行けるはず。
 豊岡  :面白かった!なんかお笑いの様だった。


今回はかなり拮抗していて迷いました。
明暗を分けたのは、選んだ台本。そして、勢い。
(ホントすみません。偉そうで。)

■そして俳優賞:

 これも迷いましたです。

1位:豊岡 神崎 恵役
   凄い存在感でした。
   この方の舞台は、「ずんだを巡るあれやこれ」の神様と「ある日、僕らは夢の中で出会う」を拝見しました。
   だんだん存在感が増してきて、いいですねえ。

2位:清陵 弟:
   この方は2年生です。多分初めて観させて頂きました。
   お姉さんも良かったんですが、弟さん良かったー。
   すっごい良かった。


3位:狭山経済 僕:
   この方は、「KICK OFF」で拝見してます。
   すみません、当時の記憶が無いのですが、今回はとても印象に残りました。


4位:清陵 姉:
   当然、お姉さんも良かった。


いやー、なにか差し上げたいくらいなんですが、「海部郡山川町」の手作りステッカーじゃねえ。

 

■余談

 今回はお客が多かったですね。二日目の午前なんかは、8割以上埋まっていたのではないか。
 実に素晴らしいのですが、父兄でもなく、卒業生でもなく、関係者でもないただの一般人が増えるといいな。


 さて、当然芝居を観ているのですが、劇中曲や客入れの曲も実はチェックしています。
 
 歌詞を検索すると曲名探せます。

 そういう点でも、所高はいつもいいんですよね。

 「うぉーっ」の時の「地球の空き地」とかその後のいきものかがりとか、ダウンロードしました。

 今回は、劇中か客入れか忘れましたが、たぶん、狭山経済だったと思うんですが、EGOIST の「Departures」

 いいですね。Amazonでダウンロードして通勤で聞いてます。

 劇中曲、客入れ曲とかも、プログラムに掲載してもらえるといいですね。 


ということで、高校演劇の記事は、次は9月でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 2日目

2日目です。

すみません。
入間向陽が終わったところで帰ってしまいました。

■所沢高校 「恋文」 作:小林 智也 大場洋一潤色、所沢高校演劇部潤色

これはですね、凄い楽しめました。
いやー、所沢高校は凄いですね。

なんか非の打ち所がありません。

身体能力を別にすれば、芸総に勝ってるんではなかろうかとも思ってしまう。(身体能力は重要ですが)

男子部員がそこそこいるのもいい。

今回、緞帳が下りた後の拍手は一番長かった。

まあ、これはですね、観客の90%を女子高生が占めるわけですから、こういうお話を彼女たちが放って置くはずがありませんというのはありますが・・・。

セットが無くて、幕をうまく使っているのもいい。

いやいや素晴らしかった。

欲をいいますと、登場人物はほぼほぼ見分けがついたのですが、あともう少しだけキャラクターで見分けがつくとよかった。

しかし、所高はホント、センスがいいですね。

2年生が多いから、秋が楽しみです。

土日でお願いします。


■所沢西 「数列はカナタ」 生徒創作

所西は本当に偉いです。生徒創作を貫いているところが偉い。

それから部員が多いのも凄いし、男子が多いのも凄い。

で、今回の話は良かったと思います。

ただ、ばくっとしたところでは良かったですが、細かいところは結構粗があったというか、展開に無理がところどころあったように思います。

そのせいで、置いていかれたところがありました。

まあ、春だから仕方ないですが、今までのファンタジー系より良かった分、そこが惜しかった。

所西に「贋作マクベス」やってもらいたいなあ・・・。


■豊岡 「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」  作:前川 知大

これは、かなり面白かったです。

そして、なんといっても、神崎役の子が凄かった。

それに、良い台本を選ばれたと思います。

神崎さんが「キモイ」を連発していたけれど、あれは既成台本の通りなのだろうか?

メインの3人はみんな3年生。

最後を飾る素晴らしい舞台だったと思います。


■所沢商業 「セールスマンがやって来た!!」 作:老川 統

すみません。昼食に盛り蕎麦の大盛りを頼んでしまった所為もあるのですが、途中半分ほど、寝てしまいました。

ごめんなさい。

でもですね、「鎖をひきちぎれ」から一歩ずつ階段を上って、今回の舞台があるって感じがして、応援せずには居られないんですよね。


■入間向陽 「シスター・シスター・シスター」 作:田中 みゆき

プログラムの記載内容が余りにも素晴らしいいので、まずそこに感動してしまいました。

作品のあらすじ、作品の来歴、部長のひとこと、一年生は出身中学まで載って、まさに各校に見習って欲しい内容です。

さて、劇の方ですが、良かったと思います。

良かったんですが、引き込まれたり、釘付けになったりはしなかった。

なんかここ何回かの向陽の劇は、窓の無い部屋が舞台のような印象を持ってしまうんです。

それは、選んだ台本によるんだと思うのですが、のびのびやってる感がないような感じもします。

鶺鴒物語があまり良かった分、向陽のハードルは高いのです。

ということで、狭山ヶ丘、秋草、飯能は見ることが出来ず相すみません。


明日は、作品賞、俳優賞発表の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 初日の午後

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会


初日の午後の感想です。


■芸術総合「墓場、女子高生」 作:福原充則、芸術総合高校演劇部潤色

これは楽しめました。
セットも良いです。
とにかく面白かったー。

芸術総合は、秋は眠くなる系、春は楽しめる系ですね。
秋も楽しめる系にすればいいかというと、そうではなくて、芸総の眠くなるやつは芸総にしか出来ない舞台ですから、秋は眠くなる系でないといけません。

で、今回も十分楽しめたんですが、気になったことを書きます。

とても楽しめたんですが、芸総は期待値が違いますから。

登場人物にもう少し個性があっても良かったかと。
日野の友人たち、外見に特色のあるジャージの子と背の高い子以外は、誰が誰なのか分からない。

あと、ちょっと台詞が聞き取りづらいところも。

■聖望 「夏芙蓉」 作:越智 優

うーん、役者さんは皆さん大変良かったと思います。
4人の存在感もしっかりあって。4人のバランスや個性もいい感じです。

ただ、なんか同じトーンでだらだら続いた感がありまして。飽きてしまいました。

実は死んでいた友だち。というのも、びっくりもしないし、期待通りでもなく、「引っ張って、そっちかー」という感じ。

凄いよかったんですが、選んだ台本が良くなかった。

でですね、去年の秋大会、会長と剣道部の子が良かったと書いたのですが、その子達が今回誰だったのか分からない。

やはり、誰が誰か分かるようにプログラムには書いていただきたい。

そうしてもらえると、2度楽しめるんですよね。

■狭山清陵 「君死にたまうことなかれ」 作:いぐりんとその仲間たち

この手のジャンルは余り好きでないですし、すみません正直全然期待してなかったのですが、始まって5分もしたら完全に引き込まれてしまいました。

いやー実に素晴らしかった。感動しました。

しかし、なんで、春大会でこういうのやるの?

秋でやったら、関東大会まで行けたんではないか!?

姉も素晴らしいし、弟も凄い。そして弟は2年。秋の大会が超楽しみです。ぜひ、土曜か日曜でお願いします。

清陵の舞台は今まで一度しか観ていませんでしたが、勿体ないことをしました。

語彙が無くて申し訳ないけど、本当に良かった。

後ろの席の年配の女性も、高校生と思えないって言ってました。

そしてですね、更に凄いと思ったのが、セットが、演目書いためくるやつ以外に何も無かったこと(たぶん)。

いやいや、セットなんていらないんですね。

ただ、検閲官が客席から登場したのはいいとして、その後の客席からの掛け声、あれはどうかと思った。
それまでの手拍子とかも誘導されてたのかと思ってしまう。


■所沢中央 「リストランテ・ウィッカ」 作:大矢場 智之 所沢中央高校演劇部潤色

いや、良かったです。

お話も切なくてよかった。

二人の熱演が素晴らしかった。

でも、なんかところどころ、その、学芸会的な場面があって気になりました。

これは去年から感じていることです。

地区大会で一日フルに拝見したのは初めてですが、いや、疲れますね。

私は観ているだけですが、秋の大会の審査員の方はたいへんですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 1日目の午前

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会


行ってきました。本日初日。
地区大会で初めてまるまる一日観させて頂きました。

計7作品。

全作品後ろの席の最前列で拝見しました。

いやー、オケツが痛い。

それでは参りましょう。


■西部文理 「羽根の記憶」 作:秋元ゆうすけ
ファンタジー系です。
翼を持った翼人の最後の生き残りが、皇太子と出合って仲良くなるが、自分の種族が滅んだ理由を知ったとき・・・。
見たいな感じです。

気になったのは、衣装と特にセット。

衣装も皇太子や女王にはちょっと・・・でしたし、なによりセットが王宮というにはどうかという感じでした。

立派な衣装やセットにはお金も掛かるでしょうから、難しいと思いますが・・・。

学校の支援があるといいですね。

でも、セットは何も無くてもいいのかもしれません。

キャスト・スタッフは1人を除いて3年生。

秋の大会が心配ですが、メイド役の2年生が何気に存在感あって、楽しみではあります。

1年生が入るといいですね。


■所沢北 「世界のしくみ」 作:椙田佳生

15分遅れで幕が開きました。

良かったです。

3人の3年生が安定感たっぷりで、存分に楽しんでいる感がありました。

前半はコミカルでスピード感もあって、とても楽しめたんですが、松田と北本さんの二人の会話の後半はちょっと退屈して一瞬寝てしまいました。

ただ、これは、役者のせいではないと思います。

やはり、選んだ台本がちょっとという事ではないかと。

まあ、ジェームズ三木のようには行きませんよね。

あと、ラストはちょっとよく分かりませんでした。

で、今回で引退する3年生。彼らの舞台は計5本拝見しました。

『ひまわり~トコキタ劇版こころ~』作:所沢北高校演劇部(生徒創作)
『きっと訳あり家族』作:ORANGE
『捜査は踊る』      作:クボタ シュウ
『のぞく・はいる・ほる』作:古谷泰三

どれも覚えています。
個人的には、印象に残っているのは、『ひまわり』ですね。

もちろん、『のぞく・はいる・ほる』の方が、成長があるのですが、『ひまわり』が気になるんですよね。


■狭山経済高校 「テープで固定して、半分に折るの。」 作:日高 詩

いやー、ここ良かったです。

僕役の男の子が凄い存在感。何と言っても声がいい。

少年と少女の役の子もとてもとてもいい。

ただですね、やっぱり、台本がどうかと・・・。

ずっと罪悪感を引っ張るにはあまりに無理のある過去の出来事。

ここに尽きるかと・・・。

みなさん素晴らしい熱演なのに、どこか引いてしまいました。


「僕」以外は2年生。秋の大会が楽しみです。

では、明日もありますので、今宵はこの辺で失礼いたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

第53回高校演劇関東大会(甲府会場) の続き

松戸高校が最優秀取られたんですね。

おめでとうございます。

努力が報われて本当に良かったですね。なんか、他校が努力してないとはこれっぽっちも思ってませんが、なんか松戸は役者や裏方のいろんな努力が見えるようなんですよね。

2つしか観なかったのに、最優秀を引くとは、運が良かったです。

一応、軽くネットを観測しておりますと、「甲府南への講評のわからないってナンダー」以外は特に「納得デキン」系のものは無いようです。

甲府南は残念でした。

わたし的には甲乙つけられないままでした。
普段、高校演劇を観た際は、なるべく順番をつけるように心がけているんですが、今回はよくよく考えないと甲乙つけがたい感じだったし、今回は2校だけだったし、まあいいかと。すみません。

今からでも別に後だしじゃんけんって事はないですが、じっさい甲乙つけがたいんです。

松戸は、まさに「普通を極めた」感じで、ストレートど真ん中。
努力を重ねた感がハンパない。

一方、甲府南は、なんか不思議なんです。こちらは発展途上感が満載。

そういう意味では、甲府南にポテンシャルを感じますが、ポテンシャルは評価の対象にならないと仰った埼玉大会の審査員の方に、ハゲドですし。

甲府南の地区大会ってどんなんだったんだう。
きっと、文化祭⇒地区大⇒県大とブラッシュアップされてきたんでしょうから。


それでですね、なんか気になるのが、秩父農工なのです。

正直、松戸よりもはるかに圧倒的感がありました。私的には別格だったんです。

それで、秩父農工になくて、松戸や甲府南に感じたものはなんだろうかと思うと、

それは 「 はなしの清らかさと美しさ 」なのかなあって。

そりゃ、松戸はずるいくらいいい話ですよね。

向こう側へ行こうとする夕子を引き戻したなんて、反則です。

甲府南も清流のようなお話。


なんかとめどなく書きましたけど、前橋にも、上田にも、横浜にも、いってみたい。


話は変わるんですが、甲府会場、観客の大人率えらい高かった。

遠いから、出場校の父兄だけなのか??

観客のボッチ率もえらい高かった。

おかげで浮かずにすみました。

ちなみに、お昼は、劇場内のレストランでハヤシライス1,050円を頂きました。

コーヒーつくと良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

第53回高校演劇関東大会

土曜は、えーと何したっけ?

床屋に行きました。あとは?

たぶん、なーんにもしてないですね。


で、本日は、高校演劇関東大会行ってきました。

P_20180128_133153


甲府です。

直前まで行くかどうか迷っておりまして。

片道1時間40分。

高速代往復\4,700と、ガソリン20リットルを掛けてまで行くかなあ・・・。

でも、巷で評判の甲府南をちょっと見てみたい。

どうせ観るなら、朝から行って、日曜遅くなるのは嫌だから、甲府南まで観て帰ろうと。

ところが、朝、6時に起きはしたものの、身体が動きません。

二度寝して次は8時。それでも身体がぶんにょりして動きません。

あーあ、まあ今回は止めておこうと、結局起床は9時頃。

朝食を食べつつ、やっぱり気になる。

という事で3校目にギリで間に合う10時に家を出まして圏央道へ。

高速代にガソリン代を考えると、2校では勿体ないんですが仕方ありません。

あ、前置きはどうでもいいですね。

まずは

松戸高校 「Time After Time(「インディアンサマーより」)」
冒頭に交通事故を伝えるニュース。それを聞く教師。
そして舞台は25年前へ。
不登校の幼馴染をなんとか復帰させようと頑張る女子高生。
その思いはかなうのか。
そして25年後に戻って。。。

いや、素晴らしかったー。

終盤、ちょっとうるっと来ました。

なんといっても朝香役の子が凄かったんですが、登場人物たちがみんないいんです。

いいんですって、それじゃあまりに語彙がないですが、夕子、担任、副担、中退した子、科学部、それぞれのキャストに個性と存在感があります。

沢山のキャストが登場しますが、バランスが取れていて、なんというか、配役に無理がない。

これはキャストだけでなく、顧問の先生も含めて、ここんちはいい部なんだろうなあと思わせる舞台でした。

プログラムの「上演に当たって」もいい感じです。

シンディローパーのTimeAferTimeが流れるんですが、これもいいよくて懐かしい。

帰宅して、Amazonでダウンロードして湯船で聞きました。

大したことではないですが、ケチも付けときましょう。

ちょっとラスト引っ張り過ぎた様に思いました。

夕子の娘まで登場させなくてもいいのでは。

あと、文科省とか女社長とかを大急ぎで付け足すこともないかと。

あとですね、終盤、朝香が25年後に戻ったときにセーラー服のままなのがとても気になりました。

ただ少し後に、夕子を登場させるとなるとセーラー服しかない訳で、バランスを考えたらいたし方ないですかね。

そうそう、セットもヨカッター。セットの使い方もこれまたヨカッター。


そして、
甲府南高校「バスに乗る、九月、晴れ、帰り道」

今回は、ここを観るために出掛けました。

幕が上がると、散らかったものを無言で片付けたりしてて、その後もみんなで楽器叩いたり、「えっ? シュールな感じなのかなあ」とちょっと引き気味だったんですが、その後引き込まれました。

なんなんでしょうか、不思議な魅力です。

なんといっても、ここはナオコ役の子につきます。

始めの内はそんなでもなかったのに、芝居が進むに連れてどんどん存在感が増します。

キャストの子が凄いのか、演出というか、そう思わせる仕掛けなのか、素人の私には分かりませんが、とにかく、パワフルな感じもしないのに、ナオコ役の子は不思議に凄かった。

で、けちをつけますと、

何と言っても、みなさん声が小さい。後ろの席の方、ちゃんと聞こえただろうか。

次に、今がどんな場面なのかが、ちょっとついていけない。もう少しなんとかならないものか。

そしてバスの中からの映像。あれはどうかと・・・。

途中、一瞬投影されたのはミスなのでしょうけど、ナオコが乗るときと降りるとき、投影されたバスは停まらない。

これは、特に気にしていなかったのか、本当はあわせるつもりが手違いだったのか、そのあたり気になって仕方なかった。

いずれにしても、素晴らしかった。


甲斐まで行った甲斐がありました。


今日は、いい感じで酔ってきたし、西郷どん始まるし、この辺にしておきますが、ちょっと思うこともあるので、また明日かあさってか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

「第14回 年末ジャンボ演劇祭」行ってきました

Dsc00279


土曜日、「第14回 年末ジャンボ演劇祭」行ってきました。

前回も書きましたが、相当内輪感の高い催しでして、客席は90%以上が高校生。
保護者や家族らしき人も極めて少なく、顧問や関係者らしき人を除くとオッサンはいません。

なかなかアウェイなので、今年はもういいかなと思っていたのですが、ついふらふらっと行ってしまいました。

まあ、主催者側というのはどう考えているんでしょうか?

普通に考えたら、高校生だけでなく、広く一般の方に観てもらいたいと考えるとは思いますが、運動部で言えば、公式戦でない試合に部外者来て欲しいだろうか?
いやいや、野球の試合は選手と審判だけで成り立ちますが、演劇の場合、観客がいて成り立つわけですから・・・。


で、拝見しましたのは以下の3本

芸術総合2年 「今、あの頃、私たちの話」(創)
所沢西    「アサシンズ ード」(創)
所沢北    「伝説の勇者の作り方」(既)

今回はですね、どれも心を打つものではありませんでした。


芸術総合2年 「今、あの頃、私たちの話」(創)

小学校の同級生が集まって卒業のときにつめたタイムカプセルを掘り出す話。
ごめんなさい。雰囲気はなんとなく伝わってくるんですが、何が伝えたかったのか分かりませんでした。
芸総なのに練度も不十分。

所沢西    「アサシンズ ード」(創)

所沢西はほんと偉いです。ずっと創作で。
これは、脈々と受け継がれるDNAなんでしょうか。

今回は、殺し屋の話です。

で、うーん、すみません。ちょっとついていけなかったです。

脚本が十分に磨ききれていなかったということでしょうか。

いちど、所沢西の既成を観てみたい。



所沢北    「伝説の勇者の作り方」(既)

RPGゲームの悪役たちの話です。
脚本は面白いと思いますが、いかんせん、RPGゲームなるものを一回もやったことがないので。
でも、ところどころ観客がウケていたので、なるほどそうなんだと思いつつ観ておりました。

で、そうですねえ。

この手のファンタジー・ゲーム系の話は、もしかしたら演劇としては、難しいジャンルなんですかね。

なんとはなく、学芸会的な光景になって、入り込めなかった。


という事で、3本拝見しましたが、どこも、こういっては失礼ですが、力が入っていると感じられなかった。

一昨年はとても良かったんですけどねえ。

今回はフィナーレは観ずに失礼いたしました。

で、本日は年賀状まだ書いていないし、不参加でございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧