2015年9月26日 (土)

SONY Cybershot TX-30

そういえば、デジカメを買ったんでした。

2013の夏以降、2年で3台のデジカメを川に奉納しまして・・・。

 2013/07  Nikon AW100 利根川     月夜野矢瀬親水公園付近で流失
 2014/11  FUJIFILM FinePix XP60   道志川 大渡キャンプ場付近で流失
 2015/07  SINY Cybershot TX-20    荒川 野上 洗濯機の瀬で流失

タフな使い方をする川用カメラ( 川用しか持ってないですけど )は消耗品と割り切っていますが、壊れるならともかく、さすがに2年で3台流失は痛い。

しかし、予備機のFUJIFILM FinePix Z33は余りにも旧式で、動画は640*480。
川下りレポートのアフィリエイト収入で生計を立てるものとして( ウソ )、やはりデジカメは不可欠な機材です。

という事で、新たに購入したのがこれです。


SONY Cybershot TX-30。


通算3台目のCybershotです。
一度Cybershot使うと、Cybershot以外のカメラは考えにくい。


では、TX-20との相違点についてレビューを。

カタログ上のことはさておき、使用感としての違いを書きます。


■良くなった点

 ・レンズへの水滴の付着が大幅に軽減した。

  これはレンズそのものによるものなのか、カバーによるものなのか分かりません。

  先々代のTX-5が、この点についてはとても優れていたのですが、先代のTX-20はこの点についてはイマイチでした。
カバーをした状態で水を被っても、カバーをあけるとレンズに水が付いている。これはTX-20の問題なのか、私の固体の問題だったのか分かりませんが。

  そして、今回のTX-30は、この点について不満はありません。

■悪くなった点

 ・値段が高くなった。

 ・バッテリーを外そうとする時、つめを立てて引っ掛けて引っ張り出さないとバッテリーが出てこない。
  使い倒して太ったバッテリーならともかく、同梱のバッテリーがです。
  ただ、これは固体固有の問題かもしれません。

 ・気持ち、レンズカバーを開けてから起動までの時間が長くなったような気がする。(飽くまでも気がする)

 ・なんとなく、バッテリーフタやバッテリーの押さえの器具などに、華奢感があって不安。

Kimg0986


 ・別に悪くは無いですが、メモリーがSDからマイクロSDになった。


という事で、普通に満足しております。

ちなみに、私はAmazonのキタムラで、25,800円で買いました。

2015/09/26時点、Amazonでは32,500円の様です。さらに、ちと高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

FUJIFILM XP60と小手指駅

Dsc01305

そうそう、もう大分前になりますが、FUJIFILMさんからカメラ届きました。

2回目の使用で浸水したんですが、交換してくださることになったんです。

黄色がないということで、赤を送っていただいたんですが、対応は迅速・丁寧で満足しております。

ありがとうございました。


カメラのレビューは、もう少しお待ちください。その、おいおい。書きますんで。


さて、先週の水曜日は飲み会でした。

まあ、しょっちゅう飲んでいる訳なので、わざわざ書くほどのことではないんですが・・・。


終電前にはお開きになったんですが、なぜか最寄り駅にはたどり着けず、とある駅のホームにおりました。

とあるというのは、はじめ、そこがどこかわからなかったんであります。

そこで電車を待っておりますと、しばらくして、駅員の方がやって来ました。

「お客さん、もう電車ないですよ。」

「えっ? あの、小手指行きとかもないんですか?」

「ここ、小手指ですけど・・・」

想像するに、飯能行きの前の小手指行きに乗って、もはや乗り継ぐことができなかったんですね。


翌日、一緒に言った方に聞いたら、

「カラオケで同じ曲2回歌ってましたよ」


あちゃー。

十八番なんで2回歌ったわけではありません。

2度目に自分の番になった時に、1回目なに歌ったか、わからなかったんですね。

あーあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

またしてもカメラ買ってたんでした・・・

それにしても暑すぎる。川行きたーい。


ムービーメーカーがカクカクするので、ネットで調べたら、FlashPlayer11の所為だと言うんで、アンインストールしたらサクサク動くようになったのはいいんだけど、FlashPlayerが入ってないと、Youtubeとか不便。


さて、そうそう、だいぶ前にカメラ買ったんでした。

昨年の秋川ダウンリバーの4沈で、主力機のSONY TX-5が浸水して、後継にNIKON AW100を買ったんですが、暫く放っておいたら、TX-5も復活したので、AW100を手持ちメインにして、旧式化した艇首固定カメラのFinePix Z33WPを退役させて、TX-5を艇固定カメラにしようと思っていたら、妻が旅行先にTX-5をおいてきてしまいました。


FinePix Z33WPの動画は640*480なので、こうなると、なんか欲しい。


ということでSONYのTX-20買いました。

買った時点で、既に後継機種が出ていまして、生産終了でした。たしか。


TX-5とほぼほほそっくりな外観でよくなっているのは、

 1) 物理的な、ビデオ録画ボタンがあること。( これ、超重要 )
 2) 動画が60fpsにっていること。
 3) ほかにも色々あるんだと思います。

よくない点

 1) バッテリーの充電器が同梱されていない。
   ( ケーブルが同梱されていて、カメラ本体経由での充電です。
    TX-5と同じバッテリなので私は問題ないですが・・・ )

 2) 川くだりで使っていると、レンズカバーを開けたときに、レンズに水滴がついてることが多い。
   ( これ、微妙にイヤ )

 3) 微妙に、電源オンから撮影可能となるまでの時間が長い。

 4) 本体の色がいまいち

※2)、3)は個体差かも知れませんし、そもそも感覚的なものです。

まあ、普通に問題なく使っています。小さいし、川原で何度か落としましたが問題なし。  


面倒なのでamazonを貼り付けますが、私はコジマのネット通販で買いました。
1万5千いくらだったような気がいたしますが、もはや忘却のかなた・・・。

※2015/07/12 すみません、上のAmazonのリンクはTX-10ですね。勘違いしたのかなあ・・・。
 貼り間違えたみたいです。
 いまさらTX-20のリンク探しても仕方ないので、そのままにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

りんごとNikon AW100

やばい。

畑のブログも、料理のブログもすでに開店休業。
ホームページも冬の訪れとともに更新が遠のき、このブログだけが最後の頼みの綱となっておりましたが、気がつくと前回の更新から2週間。

更新しなければ、ブレイクはありません。買わないと当たらない宝くじと一緒です。


さて、先日、白馬からりんごが届きました。

何年か前に退職して白馬に引越しした元同僚が送ってくれました。

毎日おいしく頂いております。
どうもありがとうございました。


Dsc07692


Dscn0140


ちなみに上がSONY サイバーショットTX5、下がNikon COOLPIX AW100 です。
いずれもおまかせみたいなモード。

ぜんぜん違いますね。

さて、風呂入って、いいちこ飲んで、飯食って寝て、起きたらまた会社であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

続・続 Nikon AW100インプレッション

三連休です。


仕事の方が、もう相当にかなりのとこまで来てまして、今日は出る気満々だったんですが、一方で、残業時間規制みたいなのがありまして、「休出まかりならん」と。

ちょっと八方塞がりになってきつつあります・・・。

まあ、この件について書き始めると長くなるし、ここに書くのもなんなので、この場は素直に3連休を喜ぶことにいたしましょう。

いやー、祝日がくっついた3連休フルで休むのっていつ以来だろう。


明後日の今頃は、相当に陰鬱な気分になっているんでしょうが、何といっても初日です。
実に気持ちいい。


さて、Nikon AW100インプレッションの3回目です。

今回は写り具合など。

Imag0565


3台のカメラで試してみました。

上の写真ですが、

一番上が、初代防水デジカメ、FUJIのFINEPIX Z33WP
真ん中が、先日浸水した、SONY サイバーショット TX5
一番下が、Nikon AW100です。

やはり、Nikon AW100は一回りデカイ。

では、撮ってみました。

niftyのブログは1MB以上はUP出来ないので、各機上段は1024*768に縮小したもの、下段は512*384を切り取ったものです。


まず、各カメラともにもっとも引いた状態で、被写体までの距離は同じです。
お任せみたいなモードです。

Dscf4435_4

Dscf4435_512

↑ FUJIのFINEPIX Z33W


Dsc07688_2

Dsc07688_512

↑ SONY サイバーショット TX5


Dscn0097

Dscn0097_512

↑ Nikon AW100です。


やはり、相当古いだけあって、FINEPIXは粗い感じがあります。
SONYとNIKONは甲乙つけがたいといったところでしょうか。


次は、同じ距離で、大体同じ大きさになるように、ズームで調整して撮りました。

それぞれ1024*768に縮小したものです。

Dscf4438_4

↑ FUJIのFINEPIX Z33W


Dsc07691

↑ SONY サイバーショット TX5


Dscn0101

↑ Nikon AW100です。

色具合的に、Nikonは相当薄い。

SONYに軍配でしょうか。

Nikonは画面上はじめは鮮やかな色ですが、コンマ何秒か後に、調整されたように色が変わります。
設定とか変えればいいんでしょうか・・・?

あと、気になったのは、Nikonはフォーカスが遅い用に思えます。
ピンボケの割合も少し高いように感じます。


まあ、今のところ、写り具合に不満はないですが、やはりGPSの性能がおしいですね。
ネットのレビューとか見ていると、デジカメの中ではいい方のように書いてありますから、まだデジカメのGPSそのものが、これからのものという事なのかも知れません。

まあ、こんな感じであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

続 Nikon AW100インプレッション

それにですね、今の会社も、同業他社に比べて特段ひどい訳でもないでしょう。

まあIT業界ですから、仕方ないと言ってしまえるレベルではあると思います。

そうなってくると、会社選択というより、職業選択ということになる訳で、選択肢としては・・・

1. 古本屋の主人
2. 喫茶店のマスター
3. カヌー博物館の学芸員
4. 川漁師
5. 吟遊詩人
6. 石油王

あたりが考えられます。

自分的には1. なんか合うんではないかと。
2.でもいいけど、社交性ないし。
3.もよさそうですが、そもそもカヌー博物館などというものが聞いたことありません。
4.は、技術が必要です。子供の頃から釣りはしてましたがへたくそですし。
5.とか憧れますねえ。

しかし、住宅ローンを抱え、中高生の子たちを持つ身としては、1.とか5.とかはあり得んでしょう。

そうすると、最後に残るのは6.です。

そう、石油王。

なんとすばらしい響きでしょうか・・・。なりたい。

「できる 石油王」とか、「はじめての石油王」とか、「電車で覚える石油王」とか、、、ないですよね。


えーと、さて、本題です。

日曜に御岳に行った際、Nikon AW100のGPSをオンにしてログを取ってみました。
以下がこのログです。 ( クリックすると大きくなります )

20121118_gpslog

実際のルートとしては、
発電所の駐車場 → 杣(そま)の小橋 → 左岸の遊歩道 → 御岳小橋 → 右岸を少し遡上 → 御岳橋 → 青梅街道を少し歩く → 左岸遊歩道に戻って遡上 → 杣(そま)の小橋 。

赤矢印から先は、帰路の車の航跡です。
吉野街道通って帰りました。

うーん、まあこんな感じです。

ピンのマークは、写真の撮影地点です。
写真は、GPSが測位したかどうかを気にすることなく、好き勝手に撮っていました。

ということもあって、かなりブレてます。

ちなみに以下の写真は、御岳小橋の上で撮ったものです。

Imag0561

そこそこ正確です。、
割りと電源入れっぱなしにしてたりしてたからですかね。
やはりスピードですかね、あと精度。

まあ、正確なスマホがある訳で、この性能だとちょっと・・・。

とまあ、こんな感じです。

次回あたりから、カメラとしてのインプレッションを・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

Nikon AW100インプレッション

まあ結論から言いますと、デジカメのGPS、ちょっとイマイチですね。

私の買ったNikon AW100が他に比べてどうこうというわけではなく、
スマホ+GPSロガーアプリと比べて見劣りするというお話になります。

まあ、基地局とのやりとりがあるスマホと比べるのは酷ですし、データ通信圏外だと、スマホもどうなるかわかりませんが、家の周りで試すと、やはり圧倒的にスマホです。

ちなみに私のスマホは「htc EVO ISW11HT」。
これに、「山旅ロガーGOLD」というアプリを入れています。

スマホの方は、ここまで正確でなくてもというくらい正確ですし、山旅ロガーGOLDは「15メートル毎」といったような、細かい記録間隔の設定が可能です。
一方、デジカメの方は、測位までが遅いし、測位し始めの頃は、かなり頓珍漢な現在位置を示したりします。
ログの記録間隔も細かくないし。


川くだりでの現在位置確認と、記録という目的から考えると、タッチ操作可能な防水ケースにスマホをいれて使うのがいいのではないかと思います。
( ただ、圏外で使用するとなるとオンラインの地図は使えませんし、測位も影響されるかも知れませんからなんともいえません。 ちなみに、「山旅ロガー」は「地図ロイド」と連携していて、「地図ロイド」はオンラインですが、キャッシュしておけば圏外でも使えます。)


以下は、今日稲荷山公園に行ったときのデジカメのログです。

Dsc07685

実際の動きとしては、車で市立博物館に行って、まず公園を散策してから博物館を見学。
その後は公園にそって歩いて、米軍住宅(「鵜ノ木」の「木」のあたり)を見学して博物館に戻りました。

まあ、大きくは間違っていませんが、間隔が粗いのでこんな感じになります。
間隔が粗いので、写真の撮影地点の記録も結構ズレる事があります。


一方、下の写真は、先日秋川を下ったときの、「スマホ+山旅ロガーGOLD」のログです。

Dsc07686


差は歴然としています。

次に、デジカメの地図についてです。AW100には世界地図が入っています。

御岳付近を最小縮尺にしてみました。

Dsc07684


御岳橋は載っていますが、御岳小橋は出ていませんし、情報量は少ないです。

大体の位置はわかりますが、測位精度に不安がありますし、地形もまったくわかりません。

まあ、大体の位置がわかるという感じです。

いやあ、勉強になりました。


また、写り具合などレポートしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月31日 (水)

代休とデジカメ

ちょっと、働きすぎ規制みたいなのが作動しまして、ぜんぜん余裕ないけど本日はお休みです。

本当は明日の方がよかったんですが、10月の勤務時間を減らさないといけないので仕方ありません。

朝はゆっくりとももの散歩をいたしまして、これからの人生について深く考えながら過ごします。

なにかいい商売はないだろうか、あとどれくらいお金が要るだろうかとか、考えているうちに午前中が終わりました。

まあ、午前中に1、2時間考えたくらいで、いい商売が見つかったりはしませんし、お金もまだまだ掛かることが判明しました。


午後は、カヌーワールドの最新号を寝転がって読んだり、歯医者行ったり、やっぱりゆっくりとももの散歩したりしているうちにさっさと過ぎていってしまいました。


で、それはそうとデジカメを購入しました。
Nikon COOLPIX AW100です。GPS付いてます。

Dsc07682

私は↓で買いました。
Joshin WEB Yahoo店

きっかけとか検討経過とかは既に書いたので省略します。

一時は、SONY Cyber-shot DSC-TX20の注文まで肉薄したのですが、ピンクしかない事がわかり中止して、振り出しに戻ったのでありました。

これまでのリサーチから、
 (1)GPS搭載機はややデカイ。
 (2)スマホのGPSより精度は悪いらしい。
 (3)GPSをオンにすると急速に電池を消耗する。

という情報を得るとともに、スマホにGPSロガー(山旅ロガーゴールド)を入れてからはかなり関心が薄れて、今回も当初、非GPS機を物色していた訳ですが、振り出しに戻ると、またなんとなく気になってきたのでありました。

一時は非GPS機を買う気だったので、今更高いお金出す気もありません。
そうなると、私の中では、NikonのCOOLPIX AW100か、FUJIFILM FinePix XP150になります。

COOLPIX AW100は発売から1年以上経っており、そこが気になるところですが、地図を搭載しているところに惹かれました。

つまり、これ単体で、ロガーにもなるし、本来のGPSの様に現在地の把握もできる。

ダウンリバーの途中で防水ポーチに入った非防水スマホを、防水ウエストバッグから取り出す必要もない。

さっとスイッチを入れて現在位置が確認できるというのはポイント高いです。

もともと枯れたものが好きですし、いまひとつデジカメGPSの精度面での不安はありましたが、まあ、たまには新しいものも買っていかないと、現代社会を生きていくうえでどうよという思いもあり、COOLPIX AW100にいたしました。

18,720円也。

本日より、デジカメとスマホの両方のGPSを作動させて、ももの散歩の折など、精度検定を行っております。

デジカメGPSの旗色が悪いですが、おいおいレポートしていきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

デジカメが浸水したので

Dscf4429


2010年の8月から使っていた、SONY Cyber-shot DSC-TX5が、先日の秋川ダウンリバーで浸水しました。
写真の撮影や表示は可能ですが、レンズの内側が曇っています。

なにせ4回も沈しまして、背中を打ったり、腰に青あざが出来たりしましたから、カメラにも相当のダメージがあったのではないかと思われます。

電池ブタを開けて2日程放っておいたら、内側の曇りは消えました。

試しに風呂に沈めたり、湯船の底で軽く衝撃を与えてみても浸水はありませんが、明るいものを撮ると、周囲にハレーションが写る様になりました。

内部に入った水の跡が残ってしまった様です。

小さくて軽くて気に入っておりましたが、最近は、動画を撮ろうとしても直ぐに終了してしまうというトラブルも頻発していたので、後進に路を譲ることにいたしましょう。

華奢なボディなのに乱暴な扱いによく耐えてくれました。満足度はかなり高いカメラでありました。

こうして、新しいデジカメの選定が始まりました。


春先にはGPS防水デジカメが欲しかったんですが、スマホにGPSロガーを入れてからは「これで十分じゃん」とGPSへの欲求は薄れきておりました。

近所の家電店に行ってみますと、やはりGPS搭載機はデカイ。

TX-5が小さかっただけに、かなりのギャップです。

さらに、ネットでリサーチしてみますと、GPS機能をオンにすると急速に電池を消耗する様です。

それならGPSなしでもいいかなと。

とりあえず非GPS機の中からえらんだ候補は、

 1) Panasonic LUMIX DMC-FT20
 2) SONY Cyber-shot DSC-TX20
 3) FUJIFILM FinePix XP50

XP50が最安で12,000円くらい。
次いでFT20が15,000円くらい。TX20がピンク限定で17,000円くらいでありました。

一度Panasonicを使ってみたかったので、FT20が有力だったんですが、TX20は現行のTX5のバッテリーが使えるようです。
そうなると、予備バッテリーを買わなくてすみます。

また、TX5では、動画と静止画の撮影モードをタッチパネルで切り替える様になっていて、それを不便に思っていましたが、TX20にはハード的な動画ボタンが装備されています。
これはかなり大きな改善ポイントです。
さらに、動画が60フレーム/sというのも魅力でありました。

いったんはTX20を買うことに決めて、注文しようとすると、なんと17,000円なのはピンクだけで、青や黒は20,000円以上するということが判明しました。

これで一気にしらけてしまいました。ちょっとピンクはいやだし。

こうなると、再びGPS搭載機も選択肢に入って、振り出しに戻ったのでありました。

( つづく )

Dscf4432


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

SONY Cyber-shot DSC-TX5 インプレッション

8月の初めに買った、SONY Cyber-shot DSC-TX5についてレポートします。

もっとごっつい10m防水のを買うか迷ったんですが、こっち買って大変満足しております。


以下、買う前に想定しなかった感想です。


■レンズカバー
レンズカバーがスイッチになっていますが、これが中々優れています。

ダウンリバー中に手探りでカメラをつかんでも、上下表裏で戸惑うことがありません。
さらに、スイッチを探すということがありません。

FinePixの時はカメラをつかんで、上下表裏を確認してスイッチを探してという動作が多分一秒くらいありました。
そのため、大体、電源を入れっぱなしにしていましたが、Cyber-shotはそのロスがありません。

起動時間も早いので、普段は電源オフにしておいて、手でつかみながらカバーをスライドさせてすぐに撮影可能です。


レンズカバーにはもうひとつのメリットがあります。

レンズに水がかからないということです。
カバーを開いて、撮影して、カバーを閉じるので、普段は水がかかりません。
レンズに水滴が写った写真が激減しました。

購入時に予想しなかったメリットです。


■タッチパネル
電源ボタンと、シャッター、ズームレバーしかハード的な操作機構はなく、あとはタッチパネルでの操作になります。
操作しにくいことはありませんが、たとえば写真モードにしていた状態から、動画を撮るには、切り替えボタンを押して、『動画』を選択する必要があります。
ハード的な動画ボタンがついているものと比べたら多少時間がかかります。
購入時にわかっていたことではありますが、不意にやってきた決定的瞬間には間に合わないでしょう。


■防水性能
お盆に帰省した際、鮎喰川の淵では、一時的に3メートル以上の水深に潜りましたが、壊れることはありませんでした。
ただ、一時的に液晶パネルに水溜りみたいなものが現れましたが、水圧が下がると消失し、その後も問題はありません。


■動画
 ハイビジョンで撮影した場合、メディアプレーヤとかQickTimeとかでは、動きがカクカクなりますし、音ズレもおこります。
私の5年前のXPでも、家内のVISTAでも変わりません。
 同梱はCDのソフトを使うと問題なく見れます。
 MP4は、XPのムービーメーカーでは対応していないファイル形式なので、640*480のwmvに変換してから編集しています。


■その他
 ・比較した防水デジカメの中ではダントツに軽いですが、それでもFinePix Z33WPに比べると、若干重い。
 ・タッチパネルはすぐにキズだらけになる。(まあこれは仕方ないし、気にもならない。)
 ・価格コムのユーザーコメントにもありましたが、レンズカバーの塗装がやはりはがれました。(写真参照)
  水着のポケットに入れたまま、砂利の上に座ってて、水着を通して石ころの角が当たっていたのが原因ですが、いとも簡単にはがれてしまいました。
  ただ、これは、使用する上で何の問題もなく、私はまったく気になりません。
Dscf4188

 ・広角が26mmで、電源を入れると26mmのところがディフォルトになっているので、広い風景に小さな人が移っている写真が多くなりました。( まあ、これも仕方ない。 )
 ・26mmでとると、視野の周辺部がゆがみます。  ( これはこういうものなのかどうなのかよくわかりません。)
 ・画質については特に不満はありません。感動もありません。あまり気にしていないので、評価していません。


そのほかの点については特に不満はありません。
起動が早い点、タッチパネルが使いやすいけど、一部の操作には時間がかかる点などは購入前の印象と変わりません。

全体的には、大変満足しております。

ちなみに私は、キタムラのネットで購入しました。
最安ではないですが、オプションで保証がつけられるのと、実店舗がある方がなんとなく安心だったので。

今は、私が買ったときより少し高くなってます。
ソニー Cyber-shot DSC-TX5 シルバー


いやあ、やっと宿題やった感じでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)