2017年12月17日 (日)

★ネタバレあり★スターウォーズ 最後のジェダイ観て来ましたの続き

もうちょっと書きます。
このスレッドはネタバレ注意です。


どの辺がいまいちだったかと言いますとですね。

                                                   
レイの両親、さんざん焦らしといてあれはないでしょう。
シディアスの孫とか、いろいろ期待膨らんでいたのに。


レイア、幾らなんでもあれで助かるのはどうかと。宇宙空間ですよ! 宇宙空間!
しかも、その後があっさりし過ぎ。あんなにあっさり復活するなら、宇宙空間に放り出すことないでしょう。


スノーク弱すぎ。何と言ってもこれ!
ラスボス感満載だったのに。( 実はまだ生きてたら別ですが。)
人の心読めるなら、あんな手には引っかからんでしょう。

そもそも、スノークって何物だったの???
実はメイスが生きていてダークサイドに落ちた説とかネットで見て、なるほどとか思っていたのに。

その後の近衛兵との戦いなんか、あんなに時間使うことも2人を苦戦させる事もないでしょう。


動物出過ぎ。コヨーテ不要。
鳥も、活躍ない割りに、チューイの食事シーン含め描き過ぎ。
キャラクター売りたいとしか思えない。


BB8のコインの攻撃もふざけ過ぎ。


ジェダイの古書も、登場させるなら、もう少し描いてもいいのに。


フィンの元上司との戦いも中途半端で不要。


レイアの後任の女提督も中途半端で不要。


コード破りのDJの絡みもいまいち。


ケリー・マリー・トランはとても良かったけど、これからどうするつもりなの? 月9にするのか?


ちょっと登場人物多すぎです。


まあ、詰め込みすぎたって感じでしょうか。


その一方で、ルークとレンのことはもう少し描いて欲しかった。

ルークとレイの絡みももっと時間を取って欲しかった。


まあ、そんな感じであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターウォーズ 最後のジェダイ観て来ました

スターウォーズ EP8 観て来ました。

いやいや、これは評価の分かれるところかもしれません。

ちいさな見せ場みたいなのを沢山作って、バラバラ感があるといいますか。
そのシーンいるの? というのもあるし。登場人物無駄に多いし。
もう少し丁寧に扱ってしかるべき出来事を、そこにとどまらずあっさり次にいくし。

仕方のないことでしょうけど、なんかディズニー度が増していますし。

これはかなりいまいちかなと、がっかりし始めていたんですが、後半に掛けていい感じになって来ました。

やっぱり、マークハミルのルークが出ると、EP4から入った世代としては、嬉しいんですよね。

結論としては、突っ込みどころ満載ではあるものの、結構良かったのではないかと。

EP7とどっちがいいかと聞かれると、なんともいえないところではありますが、EP7の方がいいかなあ。


さて、劇場ですが、今回も2Dの字幕で観ました。

公開翌日とはいえ、客席は7割は埋っていたのではないでしょうか。

4D字幕、4D吹替、2D字幕、2D吹替と4スクリーンあるのに、中々凄い。


それにしても、客席の平均年齢、明らかに40歳超えてる感じでした。オッサンばっかり。


全然関係ないですが、上映前に流れたサントリー天然水の宇多田ヒカルのCM、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

「GODZILLA 怪獣惑星」観て来ました

土曜は「GODZILLA 怪獣惑星」観て来ました。

最近、映画慣れしてまして、ついつい、行ってしまいました。

何年か前までは、よほどの事がない限り映画館には行かなかったのですが、慣れは恐ろしい。

で、感想ですが、ちょっとネタバレもあります。


まあ、暫くしてレンタル借りるか、huluとかで観るんでよろしい。


第一に、映画館で観る程の絵の美しさ・凄さがない。

第二に、ストーリーもてんてんてんだし、設定というか、異性人が出てくる必然性なーい。


お客さんは、20人くらいでした。

入場するとき、ノベルティ貰いました。

↓これです。

Dsc00276


Dsc00277


Dsc00278


まあ、「アニゴジケシ」と謳っていながら、「消しゴムとしての機能はありません」ってなんですの?

即、燃えないゴミとなりました。

東宝さん、もう少しましなものお願いします

来週、鎌倉物語、行こうかどうしようか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

「ミックス」観て来ました。

「ガッキー」観て来ました。
もとい、「ミックス」観て来ました。

二日続けて映画館に行くのは生まれて初めてです。

いやーこれはヨカッター。かなりヨカッター。

ガッキーの大きな目の中の大きな瞳が動くのを大きなスクリーンで観るというのは、それだけでお金をはらう価値がありますね。

もちろん、ガッキーを観に行った訳ではありません。

映画も、ヨカッター。

ストーリーも清々しくて、爽やかで、そこもガッキーとあってます。

「ミックス」。ここ一年で観たどの映画よりも、お客さんが入っていた様に思います。

特に、若い女性が多かったー。


で、「ミックス」を観ると、当然ながら、麻婆豆腐が食べたくなります。

帰りに寄ったスーパーを出た後、いやいや、やはり今日は麻婆豆腐だろうと引き返し、食材を買い足したのでありました。

Dsc00273


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

ザ・サークル観て来ました

今日は素晴らしい天気。
快晴で、しかも暖かい。

さらに、大枚はたいたドライスーツの首とソックスのラテックス交換が完了。

御岳は紅葉綺麗だろうなあ。

まさに今シーズンを締めくくるのにふさわしい、カヌー日和でありましたが、たまりに溜まった片づけやらなにやらしておりました。


で、先日、友人と最近観た映画についてLINEを交換していたら、

ガッキーのミックスとバリーシールが面白かったといいます。

残念ながら、バリーシールは終わっているので、ガッキー観に行こうかと思っていたんですが、行った先は、「ザ・サークル」。

うーん、最近観た中では一番ペケでありました。

エマ・ワトソンはいいんだけど、あれじゃトム・ハンクスが勿体ない。

ストーリーの細かい部分にリアリティがないし、深みもない。

さらに、全編と押して、ダイジェスト版を観ているかのような感じでした。

ザ・サークル < エイリアンコヴェナント < ブレードナンナー2049 < ドリーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

「ブレードランナー2049」観て来ました。

「ブレードランナー2049」観て来ました。

公開2日目の土曜日。結構お客さん入ってました。

ただ、若い人はゼロ。

見た感じみなさん45歳以上。

35年前の前作を観た方たちなんでしょうねえ。

前作のファン、多いんですね。

前作の評価は私も世間とおんなじで、初めて観たときは「何これサイテー」だったんですが、だんだん評価が上がって行きました。


で、本作。

いやー、長いっ!

予告や映画泥棒の時間含めると3時間。

おしっこ行きたくなったら嫌なので、飲み物も買わずに臨みました。

いやいや、なかなか良かったです。

映像は素晴らしくて、キャストもいい。

前作同様、芸術的な感じがとてもします。

ただ、ちょっと、物足りなかった。

今回は、追い求める謎もあったし、いくつかの組織がでてきたり、悪役がいたり、多少エンターテイメント色が出てきているんですが、とはいってもブレードランナーですから、そっちに走っている訳ではありません。
そのあたりがちょっと中途半端でありました。
それに、ハリソンフォードの出番ももう少し欲しい。

前作が、哲学的な雰囲気を、映画全体で醸していたのに対して、今回の作品は、設定そのものに哲学的な要素を盛り込み、それに頼ってしまったという風に感じたのでありました。

でも、偉大な前作を超えはしなかったけど、これはこれで、悪くはなかったです。

予断ですが、観終わって駐車場に戻ったら、ハザードランプ点いてました。

心なしか点滅がゆっくりになってましたがエンジンが掛かってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

「エイリアン コベナント」漸く観て来ました。

土曜日、「エイリアン コベナント」漸く観て来ました。
お客は20人くらいでしょうか? ガラガラでした。

で、感想はですね、まあイマイチといいますか。

ちょっとありきたりと言いますか・・・。

映像やキャストは、いいんですが、ストーリーというか、展開がB級でありました。

もう公開してかなり経つので、ネタバレしてもいいですかね。

wikiも完全にばらしてますから。


エイリアンが生命体として完全すぎるし、
終盤、ウォルターが実はデヴッドっていうのも普通だし。

あれは、9割の人は実は「どうせデヴッドだろう」と思っていただろうし、それでやっぱりデヴッドな訳で、そもそも、瓜二つの別人キャラが登場する時点で、「ウォルターが実はデヴッド」か、「ウォルターが実はデヴッドではないかと思ったら、ウォルターだった」かしかない訳で、そもそも限界のある設定です。

まあ、いまいちだったんですが、キャサリン・ウォーターストンは良かったし、映像も良かったですね。

ちなみに、
映画好きな上の子に『エイリアン コヴェナント』イマイチだったと言ったら、『あれはリドリースコットの「俺が撮りたいマイケルファスベンダー」っていう映画だからマイケルファスベンダーに興味のない人には向いてない』ということだった。なるほど分からないでもない。

あとは、10/27公開のブレードランナーに期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

「ドリーム」観て来ました。

土曜日、わざわざ電車に乗って、としまえんで「ドリーム」観て来ました。

いやいやいやー、いい映画でした。

アメリカの宇宙開発の初期、NASAで働く黒人女性が人種差別と戦いながら、たくましく生きて、宇宙開発に貢献するお話です。

いやー、良かった。ぜひお薦めします。ちょっと涙でたし。

同時期を描いた作品にアポロ13がありますが、テーマは違いますが、なんかこお、アポロ13には黒人出てこないし、感慨深いですね。

最後の大気圏再突入のシーンはアポロ13とちょっと似てた。

まあ、ここは手に汗握らせる鉄板ですね。

ただ、ちょっと・・・と思うのは、家に帰ってwikiで調べてみたら、「史実と違う点」というのが出ていて、実際よりも差別的な環境が強調されているようです。

でも、良かったんで、観に行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

「スノーデン」観て来ました


土曜日、「スノーデン」観て来ました。「アイ・イン・ザ・スカイ」観たときの予告編が良かったので・・・。

でも、近所の映画館でやってないので、とりあえず、先週TSUTAYAで、「シチズンフォー|スノーデンの暴露」を借りまして・・・。


どんな話かは、"スノーデン"でググッていただけると良いかと思います。

アメリカの、国家安全保障局の職員が、同局の全世界に対する盗聴などの行為を内部告発した実話です。


まずは「シチズンフォー」

これはですね、映画ではありますが、かなりドキュメンタリー映画です。

すみません、一杯やりながら観ていたので、寝てしまいました。


そして、本日劇場で観た「スノーデン」

こちらもですね、「シチズンフォー」程では全然ないんですが、ドキュメンタリーでして。

恋人とのやり取りも相当時間を割いているんですが、なんかドキュメンタリー。

いやー、こういうつくりだったら、「クローズアップ現代」とか「NHKスペシャル」とか「その時歴史が動いた」とか、そういうので観る方がいいでかと・・・。

スリルとサスペンスを期待したのですが、ボタンの賭け違いでありました。


しかし、アメリカは凄いことやりますねえ。


いやー、日本もやってたりして。

公安関係はともかく、たとえば、幼女誘拐殺人事件とかがあって、警察が膨大なネットの検索履歴や閲覧履歴などから犯人を捜すとか・・・。 

いずれにしても、会社と家のパソコンの内カメラ、絆創膏貼っておこうと思います。

Dsc01984


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

『海賊と呼ばれた男』読みました

先日、「海賊と呼ばれた男」を観まして、中々面白かったので、本も買いました。

 


原作のほうも面白かったです。一気に読了しました。

出光興産すごいなあ、出光佐三すごいなあ。

馘首なし、タイムカードなし、定年無し。社員は同業他社に較べて段違いに働く。

(現在は勤務時間管理や定年制が導入されているようですが)

一代で出光興産を築いた佐三さん。社員を愛し、国を愛する、不屈反骨の明治男。

登場人物がみなさん、「この人の下で働けて本当に幸せだったー」みたいな感じです。


たぶん、そうなんでしょうけど、見方を変えればちょっとかなりブラックでもあります。

いやー、私だったらついていけなくて、直ぐに辞めてしまったんではないかと・・・。


映画も原作もよかったですが、ちょっと気になったのは、どれくらい脚色が入っているんだろうかということ。

凄い人だったという事は本当だと思うんですが、それはそれはとても愛国者に描かれていて、実際そうだったんだろうとは思うんですが、「カエルの楽園」読んでから、百田さんかなり盛ってたりするんじゃなかろうかと、ちょっと思ってしまいました。


面白かったし、戦後のことも良く分かったし、いいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧