« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月29日 (日)

#年末だし今年観た好きな高校演劇の学校名と作品名を3つ挙げよう 2019 ( ひとつですみません )

今年は、年末ジャンボ演劇祭は観に行きませんでした。

前々から、一般人が行くのに抵抗を感じつつも、ついついのこのこ出掛けておったのですが、いよいよ今年は失礼させていただきました。

代わりといってはなんですが、「高校演劇サミット」なるものを観に行ってきました。

という事で、2019年に拝見しましたのは、以下の45本ということになりました。

たくさんのいい舞台があったのですが、とりわけ良かったのを挙げたいと思います。

今年の1番!!

小川高校 「繭の中」
伊三野友章・中村 恵 作 小川高校演劇部潤色

なんといっても今年の1番はここです。実に素晴らしかった。

ここが一番感動したし、心に残りました。

ということで、来年もたくさん観られるといいなあ。

 

↓:今年観たリスト

■高校演劇サミット2019
徳島市立 『あゆみ(3人Ver.)』作:柴幸男 潤色:畑澤聖悟 構成:村端賢志

■第68回埼玉県高校演劇中央発表会
川口   『夏の海のエチュード』作/三島 かすい(既成)
芸術総合 『さらば夏の思い出』作/市堂令(劇団青い鳥)潤色/芸術総合高校演劇部(既成)
所沢北  『ビー玉雨と眠たげな夏』作/清野和也(既成)
浦和南  『夢、酔ひ 華、香る』作/青木友菜(生徒創作)
草加東  『十三畳の修学旅行』作/三島かすい(既成)
川越   『いてふノ精蟲』作/阿部哲也(顧問創作)
戸田翔陽 『届け』作/品田歩(顧問創作)
新座柳瀬 『 [h?nri]! 』原作/ジョージ・バーナード・ショー 翻案/稲葉智己(顧問創作)
秩父農工 『群青フェイク』作/コイケユタカ(顧問創作)
川越西  『ゆーめいどりーむ』作/成井稔(顧問創作)

■2019 高校演劇 fair in そうか
越谷北  『(急遽演目を変更いたしました)』 作:白井 遊
草加南  『DOKUSAISHA~charles Chaplin"The GreatDictator"より~』 作:郷原 玲

■2019年度 埼玉県高校演劇秋季大会 比企地区
小川高校 「繭の中」伊三野友章・中村 恵 作 小川高校演劇部潤色
滑川総合 「逆光少女」 北野 茨 作 滑川総合高校演劇部潤色
鳩山高校 「シスター・シスター・シスター」 田中みゆき 作 鳩山高校演劇部潤色
農大三高 「天国の東側」 鹿目由紀 作 とうきょう りゅう 潤色
松山女子 「Another Life が座る場所」 日下部英司・手塚万桜・藤澤明穂 作 松山女子高校演劇部潤色


■2019年度 埼玉県高校演劇秋季大会 西部B地区
所沢中央 「もなか」 作:塚町幸憲
秋草学園 「花ノ咲ク丘」 生徒創作
所沢商業 「Perfect Answer」 作:吉野 ヒカル
聖望学園 「Letters」 作:木川田 敏晴 聖望学園高校演劇部潤色 
西武文理 「終わりのある世界」 作:九国 光
狭山経済 「しあはせのことのは」 作:宮城県石巻北高等学校 準&演劇部 狭山経済高校演劇部潤色
所沢西  「growth」 生徒顧問創作
所沢北  「ビー玉雨と眠たげな夏」 作:清野 和也
狭山清陵 「嘘をつく人」 作:浬由有 杳
所沢高校 「盲聾[Blind and Deaf]」 作:高石 紗和子 とこえん潤色
豊岡高校 「セミの声が聞こえる」 作:生徒創作
芸術総合 「さらば夏の思い出」 作:市堂令/劇団青い鳥 芸術総合高校演劇部潤色
飯能高校 「rebirth」 作:飯能高校演劇部(生徒創作) 


■2019年度 埼玉県高校演劇春季大会 西部B地区
豊岡   「メレンコリア」生徒顧問創作
入間向陽 「モダン・ホラー」鴻上尚史
所沢中央 「ノスタルムーン」まつばらゆうこ
秋草学園 「family priceless」生徒創作
狭山清陵 「トシドンの放課後」上田美和
所沢西  「ファミリードリーム宝くじ」生徒創作
聖望学園 「way home ゲーム-嘘つきの道-」生徒創作
所沢   「七人の部長」越智 優、とこえん潤色
狭山経済 「猫の手を借りて」聖霊高校演劇部(生徒創作)
所沢北  「神の子供たちはみな遊ぶ」弦巻 啓太
芸術総合 「恋するヨウカイ」オノマ リコ
所沢商業 「パラレル」加藤のりや
狭山ヶ丘 「推理小説」狭山ヶ丘高校演劇部(生徒創作)
飯能   「しろやぎさんとくろやぎさんと」長谷川 芳輝、飯能高校演劇部潤色

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

高校演劇サミット2019に行ってきました

2019年の高校演劇の見納めという事で、「高校演劇サミット2019」なるものに行ってきました。

徳島市立がネット上で結構推されていまして、加えて、なんといっても母校ではないけれど、郷里の学校が出るということで、これはちょっと行ってみようかと。

場所は、井の頭線の駒場東大前の「アゴラ劇場」。

つい東大口から出て、懐かしの母校の写真を撮ったりしておりました。(ウソ)

P_20191228_130613

本日拝見したのは徳島市立の「あゆみ(3人Ver.)」。柴幸男の作品です。

柴幸男といえば名作「わたしの星」の作者で期待が高まります。

他に2校あったのですが、幕間が45分というのもちょっとしんどいし、拝見したのは徳島市立のみ。

1500円です。(3校セットで3000円)

P_20191228_150925

前説的なコーナーもあって、味付け海苔の宣伝をしたりしてて、それはそれで面白くはあったのですが、徳島まで歩いて帰るしかないみたいなことを言いだして、無理やり本編のテーマにつないで来たのは、ちょっと彼らも辛かったのではなかろうか・・・。

 

お話は、「じんせえー」って感じで、川中美雪の「川の流れのように」が頭の中で鳴る様な素敵なお話で最後はぐっと来ました。

それで、これは実験的な台本なのでしょうか?

場面場面では、3人の役者で2人を演じていて、舞台のあるエリア内には2人だけいて、一人がエリアを出るときに、もう一人が入って役を引き継ぐような感じで進んでいきます。

よくこんなことができるなあ、こんがらないのかと感心していました。

実際どれくらい難しいことなのか分かりませんが、話そのものよりも、3人2役のところに神経が行ってしまいました。

いずれにしても、役者さんたち、立ち居振る舞いも立派でしたし、東京まで出てきて、小劇場で舞台に立ってお客さんに向かって芝居して、あぁ立派だなあと感心しました。

いい経験をされましたね。ただ、阿波弁と標準語の使い分けが、ちょっとぐだぐだ感があったように思えました。

 

アゴラ劇場、本日の客席は65席くらいでしょうか。ほぼ満席でした。

お客の6割は55歳以上という感じで、高校生が全く全然いないのは意外でした。

主催者のウェブページに、「大人の観客が高校演劇と出会う場を創出することを第一のねらいとしています。 」と書いてありましたから、その点ではいいのかも知れませんが、なんとなく根拠レスですが、他校の顧問とか、元顧問っていう雰囲気の漂う方が多かったように思います。主催者のウェブページには「特に高校演劇をまだ知らないお客様のご来場をお待ちしています。」とありましたが、どれくらい実現されたのでしょうか。

 

ちなみにどうでもいいことですが、駒場東大前、35年程前に何度か訪れたことがありました。

微妙に既視感があったのですが、帰宅して確認したら「駒場小劇場」に2回ほど行ったからでした。

帰り道、「満留賀」を見つけた時はちょっと嬉しかった。

P_20191228_150851

という事で、わたしの今年の感激はおしまいであります。

 

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

ああ、徳島そごう

P_20191111_120920_vhdr_auto_hp

少し前になりますが、なんと、徳島そごう( 現在の正式名称は「そごう徳島店」 )が、2020年の8月末に閉店になるというニュースを読みました。

これで、徳島県は全国唯一の百貨店のない県になるそうです。

なんとも寂しい限りです。

今更ですが、wikiで調べると、徳島そごうが出来たのは、1983年10月。

ということは、高校3年の時です( たぶん )。

一浪して大学から県外に出たので、少ししかかぶっていないのですが、浪人時代と、その後も帰省の折には行きましたから、こぉ、なんというかやっぱりシンボル的な存在なんですよね。

昔は、同じビル内に市営のプラネタリウムがあったりして、実にいい感じでした。

元々、徳島の商業地区というのは、徳島駅に近く、そごうのある元町地区と、新町川をはさんだ新町地区で、子供の頃は、圧倒的に新町が栄えていたわけですが、郊外店の進出や、本州四国連絡橋の完成のによる買い物客の県外流出、後継者難などでまず、新町地区が衰退します。

そごうの進出による、元町地区の巻き返しもあったかも知れません。

そして、郊外店の進出は更に続き、元町地区もやがて衰退していきました。

県の人口自体も減っています。

高校の頃はたしか84万人くらいいたと思いますが、今は、73万人足らず。

個人的な好みとしては、ショッピングモールより商店街の方が好きなのです。

歩いていて楽しいし。

多様性において、モールは商店街の比ではありません。

やる気のないお店とかも、あった方がいいし。

いまでも帰省したら、元町から新町を歩くのですが、寂しいですねえ。

下の写真は西新町のアーケード外と、新町橋筋の西側の通り。(2019.11)

さみしいですねえ。

P_20191110_144955_vhdr_auto
( 西新町 )

P_20191110_144641

P_20191110_144609

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

『スターウォーズEP9 スカイウォーカーの夜明け』観てきました。( たぶんネタバレ大丈夫 ) 

P_20191220_125133

さっそく観てきました。

公開初日だからでしょうか、今までのユナイテッドシネマ入間で一番お客が入っていました。

そして、55歳~65歳くらいの男性がお客の7割を占めていたように思います。

ちなみに私が観たのは2Dの字幕です。他にも2D吹き替えと4DX3Dの字幕と吹き替えがあるので、若い方はそっちに行ったのかも知れません。

それで作品としては、まあ、「まあまあ」です。

ネタバレにならないように感想書いていきます。

「最後のジェダイ」同様、じっくりした展開はなく、細かい見せ場みたいなのが慌しく連続して、なんか大河ドラマの総集編観ている様です。

本来なら衝撃的だろうと思うような出来事も一瞬だけ立ち止まって、殆ど引きずらずに次のシーンに行くような慌しさといいますか。

じっくり描けるようなネタもどんどん使い捨てです。

さらに、どうでもいいようなチョイ役の新キャラが登場して忙しい。

さらに、ちょっとフォースがEP8にも増して凄いこと出来過ぎになっているのも気に入りません。

まあ、戦い物は、北斗の拳にしてもドラゴンボールにしてもナルトにしても、長く続くに連れてどんどん強くなってしまいますが、スターウォーズもそうで、ちょっとつまらないんですよね。

という事で、作品的には9本中上位には来ませんが、中学のときから観始めたシリーズが40余年の時を経て完結するというのは、なんか感慨深いものがありまして、ラストが近づく頃には、ストトーリーとは関係ないところで感動しておりました。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

水漏れと戦う(12 たぶんコンプリート)

P_20191206_102216b

先日、二箇所目の修理をしまして、果たしてこれでコンプリートかと、翌日ドキドキしながらメーターを見に行ったら・・・なんと回っているではありませんか!

orz

ぱっと見止まっているように見えますが、じっと見ていると時折パイロットが回ります。

じっとパイロットを眺めていても漏水量がわからないくらいなので、メーターの写真を撮って、1時間位してまた写真をとって較べてみると、ぜんぜん水を使っていないのに、針が進んでいます。

1時間に換算すると、6.27リットル/時

これだと、2ヶ月分で9.17㎥になってしまいます。

料金の単価は使用量によって異なりますが、仮に「40立方mを超え 80立方mまで」だとしたら、わが市の場合、183円/㎥。

ということは、1,647円/2ヶ月。年間でおよそ1万円。2回も修理してその状況は看過できません。

まだ、安定していないからかも知れないと念のため、2・3日様子を見ます。

 ・翌  日:6.27L/h
 ・2日後:8.5L/h、9.6L/h (2回計りました)
 ・3日後:7.13L/h

もはや疑いようはないと、漏水調査会社さんに連絡して来ていただきました。

パイロットを見ながら「どうも動き方が変だ」と業者さん。

前回同様、メーターを外してガスを入れますが、この日は探知機は出さずに、ガス圧の低下を観測します。

5分経っても10分経っても、目盛りが下がりません。

「これはガスかもしれない」

そう仰って、メーターのところに「逆止弁」なるものを取り付けて、メーターを戻して通水します。

すると、どうしたことでしょう。

パイロットは全く動かなくなりました。

業者さんによると、

・近所の家で漏水しているような場合、本管を通って空気がやって来ることがある。
・それによって、漏れていなくてもメーターが回ることがある。

との事でした。「逆止弁」を取り付けることで、逆方向に水が流れなくなり、メーターが止まるそうです。

 

ということは、今までの漏水で余分に払った水道料金のうち、ある程度は、実際には漏れていないのに払ったって事???

などど、微妙にセコイことが気になるのでありました。

 

そして、翌日。

時間を置いてメーターの写真を撮って確認しますと、針が進んでいません。

苦節1年。

床下に潜り、いろいろな道具を買い、水道工事店さんに4回、漏水調査会社さんに4回来て頂いて、漸く解決となりました。

水道局に減免処置を申請しましたので、果たして幾ら戻ってくるのか。

また、報告したいと思います。

いやー今回の事で、だいぶ詳しくなりました。

水漏れの事でお悩みでしたら、
『海部郡山川町』までご一報ください。

 

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

水漏れと戦う(11)

そして、いよいよ、今度こそ最終決戦です。

水道工事店さんに来ていただきました。

今回の漏水箇所は前回管を換えたところから2メートルほど。

工事店さんの見立てでは、

・直せるようならピンポイントで直すが、深いので前回新しくした管につないだ方がいいかも知れない。

・今回は直すにしても、次はまるっと取替えた方がいいかも知れない。

という事で始まりました。

調査会社さんが付けてくれた印のところを掘ってみると、ズバリ、継ぎ手(ソケットというらしい)のところから水が噴出していました。

P_20191129_102658

しかし、例によって深い。大江戸線のようです。

深い上に狭く、ピンポイントで修理するのは難しいということで、前回と今回の間は埋め殺しにして新しい管にすることにしました。

以下のような感じです。

P_20191129_120024

P_20191129_120033

2_20191202120001

さて、これで水漏れは止まるのでしょうか?!

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »