« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月25日 (日)

やっとソロキャンプに行った件

3連休でありました。

金土は、とうとう、ソロキャンプへ。

いやいや、行動することで人生は拓けます。(たぶん)

P_20181123_160847


P_20181123_161821


P_20181123_203402


で、独り黙々と焚き火三昧。そして黙々と呑み過ぎて最後はフラフラに。

銀マット2枚に、10年以上前に買った1980円の封筒型シュラフ2枚でも明け方寒かった。

もうひとつマミー型のも持って行っていたのですが、今更出す気にもならず、寒さに耐えておりました。

いやー、詳しくはまた今度たぶん書きますが、疲れました。

原因は、寒さか、飲みすぎか、道具の持って行き過ぎか・・・。

久々なので、ちょっと気負ってしまいました。次はもっとシンプルにしないと。

翌日は温泉によって帰宅。

その日は18時半に寝落ちしました。


そして本日、ゆったりと家の中の片づけをしまして、昼過ぎには隠れ家のカフェへ。

P_20181125_133034


まったりと3連休の最終日が過ぎていったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

第67回埼玉県高校演劇中央発表会の5 俳優賞とその他

結構呑んでるし、もう遅いので寝ようかという考えもありますが、急速にアクセス数も減少して来ているので、最後の記事を急ぎたいと思います。

まず、俳優賞。

1. 坂戸高校「うさみくんのおねえちゃん」の宇佐美あかね役。

 いやいや、これはもう、ダントツぶっちぎりでした。

 もう、圧倒的に、素晴らしかった。

 「でもここがどうこう」見たいなのもありません。

 ホント、海部郡山川町のステッカー差し上げたいです。( 100%欲しくないでしょうけど )

2. 幸手桜高校「四成デパート3階レディースファッションフロアでございます」の山下圭司役

 この方も素晴らしかった。

あとは、書き漏らしたことをいくつか。

・新座柳瀬:
 定石なのかどうなのか知りませんが、あのドアの位置、とても良かった。
 セシリーがグウェンドレンの名前わざと間違えるとこも、凄いよかった。
     
・草加南:
 桜子は、話半分のミドリだったんですね。


・表彰・閉会式:
 浦和南の皆さんの真後ろにいたのですが、最優秀賞が発表された瞬間、なんかカンドーしました。


という事で、楽しませていただきました。ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

第67回埼玉県高校演劇中央発表会の④ ( 南陵、草加南 )

12:50 昼食休憩

13:50 南稜高校「部活紹介って何すればいいの?」作:村上 健(顧問創作)

幕が上がるまで、演劇部の部活紹介だとばかり思っていました。

実質的に登場人物は二人。

剣道部の女子部員が二人、部活動紹介をすることになって、悩んだ末に狂言をすることに。

そこまでが前半。後半は実際に狂言。

恥ずかしながら狂言など観た事もなく、どう評価したらよいかも分からず。

そもそも、能と狂言の違いも分からず、途中、寝てしまったのは確かです。

ただ、有名な狂言師の舞台だったとしても、たぶん寝てしまったと思います。

昔、N響のコンサートに行って寝たのと同じかと。

実験的で、アイデアは良いのだとおもいますが、中々それを完成させるところまで達していないという感じでした。

主役の子はなかなかいい味出していました。

そして、出場校の中でここが一番少人数。スタッフも入れて総勢5人。

いろいろとご苦労があったでしょう。

その中での県大会進出。とてもえらいです。

そして、一年生は2人。

どうか頑張って、新入生を沢山入れて、来年の県大会で観られることを期待しています。


15:10 草加南高校「はなまぼろし」作:大谷駿雄(既成)

南稜まで観たところで、暫定一位は迷うことなく、坂戸。

2位は、新座柳瀬か秩父農工科学かはたまた浦和南か。

しかし、幕が上がって1分後には、えっ? なにここ凄いってなりまして。

とにかく美しい。

話は明治時代でしょうか、古臭い感じで、今風に変えても良かったようにも思いますが、水子と言い、風と言い、舞台が美しかった。

おじいさんの顔が若いのと、杖の突き方にキャップがあったのと、桜子の業みたいなのが良く分からなかった。

あと、洋服来た娘と両親が2回ほど出てきたのが良く分からなかったですが、これは分からないほうが駄目ですよね。たぶん。

でも、本当に美しかった。


で、こんなことを書くと大変失礼かも知れませんが、芸総はこれをやればいいのではないかと。

これを芸総風にアレンジすれば、全国間違いなしと、無責任に思ったのでありました。

という事で、順位です。( 既にtwitterでつぶやいてますが )

1位は迷いましたが・・・

1. 草加南高校「はなまぼろし」
2. 坂戸高校「うさみくんのおねえちゃん」

粗はあったかも知れないけど、草加南はどうしたって、美しかった。


そして、3位も迷いましたが、以下となりました。

3. 秩父農工科学高校「ゼロデプス」
4. 新座柳瀬高校「Ernest!?」
5. 浦和南高校「緑の教室」

結局、私の選んだ3校は、いずれも3位内に入りませんでした。


という事で、今日は残業で遅くなったので続きは週末に。


あとは、俳優賞の発表と、雑多な事を書く予定であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

第67回埼玉県高校演劇中央発表会の③( 坂戸、秩父農工科学 )

えーと、第67回埼玉県高校演劇中央発表会の続きです。

11月18日(日)
10:00 開場


10:30 坂戸高校「うさみくんのおねえちゃん」作:中原久典/潤色:県坂演劇部(既成)

二日目です。

いやいや、これは良かった。とても良かった。凄く良かった。

緞帳が下りてずっと拍手していたかった。

観終ってからも、関東大会に向けてここを直した方がいいとか、あそこを直した方がいいとか、勝手にいろいろ思っていたんですが、残念な結果になりました。

とても楽しめたし、役者さんも良かったし、よく出来ていたと思います。


細かい点で気になったのは2つ。

教室の窓や、ドアが開いていて、その先が120%真っ暗だということ。

あの漆黒がすごい目に入ってきまして、ずーっとずーっと気になってました。

講評で指摘されてたりしたら、私も中々だなと思えるんですが。。。

あと、後半のほうで、お姉ちゃんの友達がそれぞれの部活に去っていく時に、バイバイって言ったのですが、あそこが唯一学芸会的に感じました。


そして、細かくないネガティブポイントなのですが、これはご本人たちも葛藤があったのではないかと思いますが、溝呂木君の描き方です。

元の脚本がそうなのかもしれませんが、やはり、あれは差別的だし、あれを見たら、他がどんなに良くても、清らかな気持ちになれないという人が多いのではないかと。

もう少し工夫の余地があったのではないかと思ってしまいます。

しかし、私には、引き算しても、余りある素晴らしい舞台でした。


なんで坂戸が選ばれなかったのか、講評を聞きたかったのですが、いつ終わるか分からん雰囲気だったので、芸術劇場を後にしました。


11:50 秩父農工科学高校「ゼロデプス」作:コイケユタカ(顧問創作)

坂戸を観た時点で、私の中で暫定1位は坂戸になりました。

あとは、新座柳瀬と浦和南。

そして、秩父農工科学は当然有力候補。

いやいや、残念な結果になりましたが、私的には3位でした。

しかし、振り返ってみると、昨年に較べて、鬼気迫る圧倒的な迫力には欠けましたし、奥行きも深くなかったかなと。

お話もシンプルで、この手の話だと、割と大枠は決まってしまうというか、奥行きを作りにくいようにも思いますし。

でも、VRの中の友達には、自分の深層心理が作用するみたいなところがありましたが、あの辺をもっと深めていけたら良かったのではないかと勝手に思ったりしております。

今回はハッピーエンドかと期待したんですが、そうではなくて、でも、この手のお話のお約束のラストでありました。

ここは、期待値が高いので辛口になってしまいます。

新座柳瀬もそうですが、レベルの高いところは、出場している他校との比較というより、前年、前々年との比較になってしまいます。

で、私の3位が新座柳瀬ではなく、秩父農工科学なのかはなんでかと言いますと、秩父農工科学は去年とは全然違う。

一方、新座柳瀬は、限りなく一昨年に近い。ということであります。


最後に、舞台装置についても触れておきますが、昨年も凄かったけど、今回はもっと凄い。

それぞれの塔の中に入ったり出たりするのも凄いけど、塔に光線が当たるのは、あれってプロジェクションマッピングですよね?

とうとうここまで来たのか。

これは来年、再来年と、椅子ひとつ。みたいにガラっとシンプルなものに変えれば別ですが、突き詰めていくとしたら、相当高いハードルになっているかと。

次はドローン飛ばすとかしないと、観客はもはや感動しないのではないか。


しかし、引っかかるのは、「これが誰の手によるものか?」と、「いくら掛かっているのか?」


確かに凄いのですが、極端なはなし、大金はたいて業者に頼めば簡単な訳ですし、それは無いにしてもあまりに演劇部から遠いところの支援だと、どうなのかなと。

これが、秩父農工科学高校の『物理部・映画部全面協力!』とかだと、それはもう、素敵過ぎるのですが、実際どおなんでしょうか。

そのあたりも、パンフレットに書いていただけたらいいですね。


という事で、明日( たぶん )に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

第67回埼玉県高校演劇中央発表会の② ( 所沢、深谷第一 、浦和南、三郷北)

13:50 所沢高校「プラヌラ」作:高石紗和子/ 潤色:とこえん(既成)

この作品はですね、地区大会でも拝見してまして、2回目です。

関東進出おめでとうございます!

西部B地区から出るのは嬉しいですね。


でですね、大変申し訳ないのですが、なんとなく1ベルが鳴る前あたりからお腹の調子が悪くてですね、緞帳があがる頃には冷や汗が・・・。

耐え切れず、中座。その後は元の5列目には戻れず、2階席で拝見しました。

いやー、主役の方、迫力ましてました。

地区大会から2ヶ月。

クオリティー上げてくるっていいなあ。


個人的には、所高は応援していてますし、とっくに県大会行ってもおかしくないと思っていたのに、ずっと行けてなくて、今回初めて(私が観始めてから)進出して、そして関東へ。

なんか、嬉しいし、先輩方もさぞ喜んでおられるでしょう。

栃木でもぶちかましてください!!!

いけいけまひろ!



15:10 深谷第一高校「Only me」作:深谷第一高校演劇部(生徒創作)

ここはですね、たいへんチャレンジブルだったと思います。

話はいいと思います。自殺した女の子の、自殺の原因が、アガサクリスティーではないですが、みんなが原因になっていて、、、。

この話に取り組まれて凄いと思います。そして、生徒創作。

しかし、とりあげた題材は良かったけど、消化しきれなかった感が・・・。

セットはいい感じだったのですが、いろいろ柵を動かす意味が良く分からなかった。

とりわけ、終盤、柵に机や椅子をいろいろ動かし続けていたのは何だったのでしょう。

くどいとこもあったし、いろいろ粗はあるのですが、なんといいますか、このテーマで自分たちで脚本を書いて、取り組まれたところに、敬意を表します。

あと、自殺した子が出てきますが、なんとなく中途半端だったような。

それと、県大会の会場だと、前の方の列の客は、あの柵と、役者の顔が重なって、ちょっと邪魔に思うときもありました。


16:30 浦和南高校「緑の教室」原作:渡部智尋(生徒創作)

最優秀賞おめでとうございます。

脚本賞もおめでとうございます。

いやー良かったですね。

私の評価として5位ですみません。私の評価に余り意味は無いですが。。。

でも、とても、すごい良かったです。

作者の優しさが、チームの優しさが、本当に伝わってくる舞台でした。

生徒さんがこれ書かれたというのも凄いですね。

ただ、なんか、凄い良かったんですが、きれい過ぎると言いますか、全然毒が無くて、直球過ぎて、それがちょっとって思ってしまいました。

あと、セットがごちゃごちゃしてるなと思ったんですが、講評でえらい褒められてましたね。不明を恥じます。

栃木頑張ってください。


17:50 三郷北高校「Merry mad dolls」作:杉浦舞香&MKDC(生徒創作)

すみません。登場人物一杯で、ついていけませんでした。

ミュージカル的なところは良かったですね。

お話の部分は、割と地区大会でありがちなファンタジー系の域を出ていなかったと思うのですが、やはり、踊りを組合せたところが素敵でした。

もっともっと踊っても良かったのではと思います。


えーと、他にもやることあるので、すみません。続きは明日( たぶん )。

あっ、十万石まんじゅう買うの忘れたー(T T)

みなさん買いました???


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

第67回埼玉県高校演劇中央発表会 ( 幸手桜、新座柳瀬 )

行ってきました。

第35回埼玉県高等学校総合文化祭・演劇祭
第67回埼玉県高校演劇中央発表会

相変わらず長いタイトルぅ。

今回も全作品拝見しました。

加えて、開会式と表彰・閉会式も。

審査結果が自分のとだいぶ違ったので、講評にもお邪魔したのですが、こりゃ何時に終わるか分からんと、所高の途中で撤収しました。


審査結果としては、
最優秀:浦和南高校「緑の教室」
優秀:新座柳瀬高校「Ernest!?」
    所沢高校「プラヌラ」

となりました。

超おめでとうございます。


では感想文参ります。

11月17日(土)
9:30 開場
10:00 開会式

10:30 幸手桜高校「四成デパート3階レディースファッションフロアでございます」作:あいもんと幸手桜高校演劇部(顧問創作)

なんか良かったです。役者さんもしっかりしてたし、話も良かった。

ただ、なんとなく会話が気になりまして・・・。

これは台本の問題なのか、役者の問題なのか、演出の問題なのか、未だに私には良く分かりません。

よく、「会話のキャッチボールが出来てない」という表現がありますが、そういう事でしょうか。

それがどういうことか、よく分かっていないのですが。。。

で、良かったんですが、とりわけ圧巻だったのが、警備員の後輩役の子。

若い方はご存じないでしょうが、昔、遊機械全自動シアターという劇団がありまして、そこにいらした高泉淳子さんの演じる山田のぼるを髣髴させる素晴らしい演技でした。

っていうか、そのまんま、山田のぼるです。
 
 
 


11:50 新座柳瀬高校「Ernest!?」原作:オスカー・ワイルド/翻案:稲葉智己(顧問創作)

関東進出おめでとうございますっ!

twitterにも書きましたが、ここの顧問の方はこの手の話を書いたらホントに天下一品ですね。

素晴らしい。

で、割と「Love & Chance!」に似たお話ですが、こっちの方が演じるの難しそう。

登場人物がみんな小気味良くて、妥協をせず練習した感があって素晴らしかった。

しかし、個人的には、拝見した10校中、4位とさせていただきました。

埼玉は、芸総、新座柳瀬と秩父農工、農大三高が名門といいますか、私の中では本格派な位置づけなのですが、なので、新座柳瀬の場合、どうしても、「Love & Chance!」と較べてしまう。

今の代の生徒さんには大変申し訳ないのですが、どうしても、較べてしまうのです。

そうすると、「Love & Chance!」の方がなにかしら勢いがあったし、ラブコメなのに、「Ernest!?」は安心して観られたというか、「Love & Chance!」はハラハラしたというか。

なんといっても緞帳下りた後の客席の状態が違う。

「Love & Chance!」の時は、周りの女子高生たちに、「とりあえず落ち着こう!」って言いたくなる感じだったんですよね。

その点、「Ernest!?」は安心して観れてしまった。


でも、たとえば他所の高校が「Ernest!?」演じたとしたら、いい評価になったと思います。

その辺は、王者のハンディと思ってください。

っていうか、実際の審査では優秀賞な訳で、大変おめでとうございます。

関東大会でも、ぶちかましてくださーい!


夜もふけてきたので、続きは明日。( たぶん )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

牡蠣もらった件

えーと、一応報告しますが、今週もソロキャン行かず。です。天気よかったけど。。。

なんかぁ、今週末、パッとしませんでしたっ。

金曜は速攻で職場を出まして、池袋で久々に前の職場の人と飲み会。

いつもの様に呑み過ぎましたが、お開きが早かったので、乗り過ごしたのに、まさかの上り電車あり。

まあ、乗り換えなしで帰れるし、「池袋は埼玉県」ではあるものの、池袋はある意味東京都。

どこかで気が張っているということですかねえ。

ラーメン食べて、上り電車で帰りました。


で、ここまでは良かったんですが、翌朝二日酔いの中、ちょっと確認することがあって会社のパソコンを開いたのが間違いでした。

よもやの悲惨な事態で、土曜は1時間、日曜は半日を潰して、さらに明日仕事行くの面倒感満載の事態。


そして、土曜はインフルエンザの予防接種を受けに近所のクリニックヘ。

待合室は満席。

当然ではありますが、そこいらじゅうでゲホゲホ、ゴホゴホ。

顔の赤い明らか高熱の人もいて、スリル満点でありました。

ドクターやナースは言ってみれば職業軍人ですから仕方ないとしても、受付の方たちもこれは凄いリスクあります。


で、週末はパッとしないと書いたんですが、いいこともありまして。

元同僚から牡蠣が届きました。いやいやありがたや。

P_20181110_102032

まずは生で頂きまして。

P_20181110_135415

超うまい。


その後は電子レンジでチン。

P_20181110_141449

超うまい。


そして焼き。

P_20181110_145557

超うまい。

スーパーの牡蠣とは全く異なる食べ物でした。

いやーありがとおっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

果たして、今週はキャンプに行ったのか?!

今週末は、もしかしたらソロキャン行くかもしれないなと、なんとなく思っておりました。

しかし金曜に痛飲したのが間違いでした。土曜の朝はかなり気持ち悪い。

それでも一応、渋滞状況とか見てみると、関越それなりに渋滞してます。

うーんどうしようと思いつつ、まあ、今日はやめておこうかと。


それで、案外ハンモックではなくても、普通にベッドでもそれなりに気持ちいいのではなかろうかと、朝食を摂った後、再びベッドへ。

それなりに気持ちいいのですが、だらだらとAmazonVideoとかNetflixとか観ているうちに、夕方に。

片づけすることもなく、まさにゴロゴロして土曜を過ごしたのでありました。


後で分かったことですが、前夜のダメージがかなり残っていて、かなり気持ち悪い。

珍しいことですが、晩酌もほんの少ししか出来ず、夜も早々にベッドへ。

再び、だらだらとAmazonVideoとかNetflixとか観ている内に眠りについたのでありました。


そして本日。天気悪い。雨も降りそうで、これはキャンプ行かなくて正解だったと思っていたら、そのうち本当に降ってきました。

精神衛生上なかなかよろしい。

で、なんとなくエッグマフィンが食べたくなって、マックへ行きます。
そんなに込んでいるわけでもないのに、ありつくのに20分以上掛かりました。

その後、ちょっと用事を済ませて隠れ家のカフェで寛ぎのひと時。

P_20181104_114549

淹れてもらったのと同じ豆を買って、家でも入れてみたらぜんぜん味が違う。

コーヒーを淹れ方も奥が深いですねえ。


その後は、そろそろゴーヤを片付けないといけないんですが、雨も降ってるし、今度でいいかって事になりまして。

さすがに、みっともないのですが、ご近所界隈で唯一、まだゴーヤを片付けていないのでありました。

ししとうの収穫もいよいよ終わりそうです。

P_20181104_093549


P_20181104_134108


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »