« 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 1日目の午前 | トップページ | 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 2日目 »

2018年4月22日 (日)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 初日の午後

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会


初日の午後の感想です。


■芸術総合「墓場、女子高生」 作:福原充則、芸術総合高校演劇部潤色

これは楽しめました。
セットも良いです。
とにかく面白かったー。

芸術総合は、秋は眠くなる系、春は楽しめる系ですね。
秋も楽しめる系にすればいいかというと、そうではなくて、芸総の眠くなるやつは芸総にしか出来ない舞台ですから、秋は眠くなる系でないといけません。

で、今回も十分楽しめたんですが、気になったことを書きます。

とても楽しめたんですが、芸総は期待値が違いますから。

登場人物にもう少し個性があっても良かったかと。
日野の友人たち、外見に特色のあるジャージの子と背の高い子以外は、誰が誰なのか分からない。

あと、ちょっと台詞が聞き取りづらいところも。

■聖望 「夏芙蓉」 作:越智 優

うーん、役者さんは皆さん大変良かったと思います。
4人の存在感もしっかりあって。4人のバランスや個性もいい感じです。

ただ、なんか同じトーンでだらだら続いた感がありまして。飽きてしまいました。

実は死んでいた友だち。というのも、びっくりもしないし、期待通りでもなく、「引っ張って、そっちかー」という感じ。

凄いよかったんですが、選んだ台本が良くなかった。

でですね、去年の秋大会、会長と剣道部の子が良かったと書いたのですが、その子達が今回誰だったのか分からない。

やはり、誰が誰か分かるようにプログラムには書いていただきたい。

そうしてもらえると、2度楽しめるんですよね。

■狭山清陵 「君死にたまうことなかれ」 作:いぐりんとその仲間たち

この手のジャンルは余り好きでないですし、すみません正直全然期待してなかったのですが、始まって5分もしたら完全に引き込まれてしまいました。

いやー実に素晴らしかった。感動しました。

しかし、なんで、春大会でこういうのやるの?

秋でやったら、関東大会まで行けたんではないか!?

姉も素晴らしいし、弟も凄い。そして弟は2年。秋の大会が超楽しみです。ぜひ、土曜か日曜でお願いします。

清陵の舞台は今まで一度しか観ていませんでしたが、勿体ないことをしました。

語彙が無くて申し訳ないけど、本当に良かった。

後ろの席の年配の女性も、高校生と思えないって言ってました。

そしてですね、更に凄いと思ったのが、セットが、演目書いためくるやつ以外に何も無かったこと(たぶん)。

いやいや、セットなんていらないんですね。

ただ、検閲官が客席から登場したのはいいとして、その後の客席からの掛け声、あれはどうかと思った。
それまでの手拍子とかも誘導されてたのかと思ってしまう。


■所沢中央 「リストランテ・ウィッカ」 作:大矢場 智之 所沢中央高校演劇部潤色

いや、良かったです。

お話も切なくてよかった。

二人の熱演が素晴らしかった。

でも、なんかところどころ、その、学芸会的な場面があって気になりました。

これは去年から感じていることです。

地区大会で一日フルに拝見したのは初めてですが、いや、疲れますね。

私は観ているだけですが、秋の大会の審査員の方はたいへんですね。


|

« 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 1日目の午前 | トップページ | 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205920/66640207

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 初日の午後:

« 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 1日目の午前 | トップページ | 2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 2日目 »