2018年7月14日 (土)

三連休の第一日

このタイトル、たかが三連休を特別視してしまう己が哀しい。。。


昨日は目一杯残業した関係で、日付が替わってだいぶ経ってから帰宅。

一週間の疲れもあれまして、本日の覚醒は9時。

まあ、本格的な風呂掃除とか、本格的なキッチンの掃除とか、そういうことをすべきなんでしょうが、ついダラダラっと過ごしまして。。。

それでも、わくわくするような猛暑日でしたから、お昼過ぎに、最近みつけたいい感じのカフェにメキシコを飲みに行きまして、テラスで木漏れ日などを楽しみます。
P_20180714_123243_2

その後は、スーパーとかホームセンターとか家電量販店とかにちょこっと行った以外は、凡そだらっと過ごしておりました。

あと、昼寝などもしたり。

いやー、昼寝をすると、なぜ豊かな気持ちになるんですかね。

そして、最後は縁台へ。

オンラを茹でて、茄子を焼いて。

庭のししとうを摘んで、味噌炒めにして、だんだん酔っ払ってきたのでありました。

P_20180714_173408


P_20180714_175545


P_20180714_180725


明日は、川くだりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

蒸し暑いのも割りと好き

蒸し暑い週末でした。とくに今日がこの上なく蒸し暑かった。

わたくし、50過ぎてますけど、休日に限定しますが、猛暑日大好きなんです。

さらに、蒸し暑いのも決して嫌いではありません。

ムシムシして、からだがベタベタして、不快ではありますが、それが中々悪くない。


で、土曜ですが、7時には起きて、午前はそれなりに家事をしまして、午後は最近見つけた隠れ家カフェでコスタリカを飲んでゆったりして、土曜終了。

P_20180707_175051

酒の肴に久々に揚げ物をしたんですが、贅沢にもオリーブオイルで揚げます。こうすると、次の日が全然ラクなんです。

費用はサラダ油の6倍くらい掛かりますが。。。

それから7時のニュースを観ているうちにソファで寝てしまい、起きたらちょうど9時だったので、ふしぎ発見観て、Amazonで「デープインパクト」観てたら、ずいぶん経ってから前に観てたことに気づき、惰性で最後まで。

- - - - - - - - - -

本日は、9時ごろ起きまして、まあ少し家事して、郵便局とかスーパーとか行って、野菜の追肥と、庭木の剪定をして、そしたら夕方になりました。

そういえばとっくに夏至が過ぎてしまいました。

まだまだこれから夏が続くんですが、夏至が過ぎると、微妙に黄昏感があるんですよね。

それまでは全てのKPIが右肩上がりな訳ですが、夏至を過ぎると昼間の長さが折り返し、その数日後には日没時刻も折り返し。

そしてただ今、縁台にてまったり中。

日中は蒸し暑かったのに、すっかり清々しい夕方になりました。

P_20180708_173517


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

猛暑日大好き

いやー、最高の土日でした。

厳密には違うと思いますが、土曜も日曜も「猛暑日」級のお天気。

猛暑日、大好きなんです。

土曜は、7時過ぎに家を出て御嶽へ。

いつもの中州の砂利の上に寝転んではみたものの、とても昼寝などしていられないという日差しでしたが、定期的に雲が掛かって、その間は日が翳るものですから、いつしか眠りの淵へ。

気がつくと30分以上経っていて、思いっきり焼けました。あぶないあぶない。

Dsc00724


P_20180630_180716


で、本日も昨日に引けを取らない天気。

諸々の家事をして、一日が過ぎて行きました。

気がつけば、いつの間にか夏至が過ぎていて、夏はこれからなんですが、そこはかとなく寂しい。

P_20180701_154517


P_20180701_164346


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

土曜と日曜と

慌しく週末がやって来て、去っていこうとしています。

実際、50歳以上の希望者は週休3日になりませんかねえ。

働き方改革のひとつの案としてどうでしょうか。


で、この週末、いったい何をしてただろうか?

土曜日は天気も悪かったので、ダラダラ過ごしたような。

P_20180623_113754

そうだ、パスタ茹でたんでした。ぐを作るのが早すぎて焦げました。

P_20180623_180547

縁台は、長崎産鯵の刺身。

青魚は基本大好きなのですが、鯵は何故かあまり好きではありません。もちろん嫌いではないのですが、あの上品な感じが合わないというか・・・。姿寿司は好きなんですが。

でも、たまにはいいだろうと買ってみました。

で、本日は、お昼前から晴れてきたので、近所の珈琲屋へ。

混むと嫌なので場所は教えませんが、実にいい感じの場所なのです。

オシャレな空間に似合わないオッサンたちが4人、釣の話から健康の話、とめどもなくしゃべっています。

P_20180624_113945

そして、夕方は縁台のひと時を過ごして、週末が終了。

それにしても何してたんだろうと思い返すと、そうだ、「Netflix」で「ブラックリスト」観てたんでした。

もはや、惰性でしかないのですが、あと数話なので、もはや義務的に観ております。

決して面白くないわけではありませんが、4シーズンは長すぎる。

P_20180624_173820

P_20180624_175835


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

今更週末の振り返り

土曜も日曜も、明るいうちから縁台で調子こいたというのもありますが、健康診断が終わったものですから、つい呑みすぎまして、ブログを書くことが出来ませんでした。


まず、金曜は、高校の時の友人と徳島料理で一杯やりまして。いやいや、いい店発見しました。

P_20180615_193429


土曜は、いろいろ野暮用もありましたが、その合間に整体に行きまして。

先々週寝違えて首が回らなくなりまして、それはもう治ったんですが、お陰で思いっきり肩こり状態になりまして、少し強めにやっていただいたんですが、不覚にも15分程寝てしまい、ああ、1,000円損した。( 4,000円/h )

それだけ気持ちよかったということなんですけれども、やっぱり損した気分。

P_20180616_174005
( ビールは奥多摩カップの戦利品 )

日曜は、野暮用の後、午後は『コピスみよし』に『高校演劇フェスティバル』などを観に行ったんですが、高校演劇は不用意に行くといけません。きちんと心の準備をしないと。。。

劇場に着くと、もう、そこいらじゅう青春がキラキラしてて。。。

もちろん、キラキラしてない人も、何割か混じっているんでしょうけど、自分は高校時代、キラキラしそびれちゃった系なので、高校演劇を観に行くのは、それなりにストレスがあるんです。

あとは、プランターの野菜に追肥をしたら、週末が終了したのでありました。

週末の過ぎ去るののなんと早い事よ。

『子供も大きくなったし、給料減っていいから、週休3日にして欲しいというのが、正直なところです。』

なんて書いたの、見られたら不味いんで、遠隔操作ということにしときます。


P_20180617_180745
( 写真は庭のプランターで取れたシシトウの味噌いため )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

コピスみよしに』行って来ました

昨日は『コピスみよしに』行って来ました。

前から一度いってみたいと思っていました『高校演劇フェスティバル』。

今年は第17回。

P_20180617_172435

午前中は用事がありまして、更に午後も遅くなりたくなかったので、拝見したのは結局1本。

川越高校の『お言葉ですが、東條英機閣下』のみ。

『最貧前線』の印象が残っていて、派手なセットかと思ってたら、四角い箱が2つだけのシンプルな舞台で、それはそれで良かったです。

いい感じで箱が使われていました。

主役の二人は良かった。とりわけ佐々木上等兵はとても良かった。

出だしのところで、役者が客席に出てきたりして、躍動感のある舞台になるのかと思ったら、その後はおとなしい展開。

脚本が単調だからでしょうか、後半途中で少し飽きてしまいました。

言いたい事や伝えたいことが何なのか 良く分かりませんでした。

パンフレットの内容ももう少し、取り組み姿勢みたいなものが伝わってくると良かった。

セリフが聞き取りにくいところが多少ありました。

飛行機の墜落なのに自動車のスリップのような効果音なのがとてもとても気になりました。

ラストで空と雲が映し出されるのですが、なんとなく引いてしまいました。


すみません、けなしてばかりで。


ひとつしか観てないので、どうしても、較べる相手が『最貧前線』なってしまうのです。


我ながらけなしてばかりだといけないと思ったんですが、考えたら300円払ってたので多少いいでしょう。


これは別に、運営に手落ちを感じたとかでは全然無くて、純粋に興味なのですが、生徒さんも主催者も、お客からお金を取るということを、

どうお考えなのか知りたいと思いました。

お金を取るということを、学校は生徒にどう伝えているのかと。


それはそうと、『コピスみよし』は立派な劇場でした。

三芳町は『町』の癖になんと贅沢な!とwikiで調べたら、以下の記述がありました。

『・・財政優良度が高く、2015年度は埼玉県内で戸田市と三芳町だけが地方交付税不交付自治体であった。・・』

お金持ちの様です。


P_20180617_130104


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

ケンコウシンダン

本日は、健康診断でありました。


余計な事しました。

つい、エコーのお姉さんに、「なんか映りました?」
って聞いたら、
「はいっ、映りましたっ。先生に出しときますっ!」

( え?  聞くんじゃなかった・・・ )


で、バリウムと下剤を飲んでから外出するのは嫌だったので、今日は午後休と決めていたんですが、何やかやでフレックスの15時になり、さらに、なんやかやのおかげで押し出されたことをやっていましたら、16時になり、『あかん、これ以上過ぎると、明るいうちに一杯やれない』と、速攻で仕事もホッポリ出して帰り支度。

おかげで、シャワーを浴びて、明るいうちに縁台へ到達しました。

いやいや、もちろん今日の気候も最高なんですが、平日の縁台と言うのは、土日とは別格の贅沢感がハンパないです。

たとえば、退職して毎日が土日だと、水曜の夕方に縁台でキンミヤ・ホッピー飲んでも、この贅沢感は味わえないんだなと、人生50年を過ぎて漸く気づきました。


P_20180613_173802


P_20180613_180034


P_20180613_180944


P_20180613_182231


P_20180613_184744


P_20180613_191333


もう、べろべろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

第24回奥多摩カップ

土曜は、だらだらと過ごします。

午後に整体でも行こうと電話したら空いてなかったので、替わりに愛車のオイル交換。

自分でやった訳でもなく、近所の整備工場に持って行っただけなんですが、もうそれで一日の仕事が終わった感がありまして。

早めの風呂に入って縁台を堪能して、テレビ観てるうちに寝てしまいました。

P_20180609_172727


そして、本日。

第24回 奥多摩カップ!

生憎の雨で微妙に寒いし。水温も14℃に届かず。

テンションも上がりきらず、4位に低迷。

P_20180610_110506_2

そのかわり、人生市場初めてジャンケン大会で勝利しました。


P_20180610_171650


P_20180610_171839


最後は雨を眺めながら縁台のひと時を過ごして週末が終了。

また、明日から仕事です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

最高のカヌー日和

本日は早起きカヌーです。

なんと、漕ぎ始めが9時半過ぎという快挙。

いやいや、そして、完璧な、カヌー日和でありました。

素晴らしかったー。

毎週こうだといいんですが。

Dsc00645


P_20180603_175918

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

多摩川漕いできました。

多摩川、行ってきました。

天気予報は二転三転しつつ結局ぱっとしない所に落ち着いたんですが、
先週も行かなかったし、来週もどうなるか分からないし。

で、出かけてみると、ほぼ100%曇りでありました。

テニスコートについてみると、沈艇旅団ノンデルのKさんが着替えをしておりました。

Dsc00585

( チャリで御岳へ向かうKさん )

さて、Kさんを見送った後、バスにするか、電車にするか迷っていたんですが、前日飲みすぎで極めて微妙に身体がだるい事に気がつきました。

どうしても、吉野街道までのあの坂道を上る気になりません。タクシー代1900円也。

道中、運転手さんにヘラブナ釣がいかに地味であるかをお聞きしました。


漕ぎ始めて直ぐ、真剣な面持ちでサーフィンをしているKさんを発見。

あっさり通り過ぎて、軍畑大橋手前の川原へ。

Dsc00603

Dsc00610

Dsc00612
コーヒー飲んで、昼寝して、おにぎり食べて、コーヒー飲んでたら上流からKさんがやって来ました。

コーヒーをお出ししてしばし歓談。

Dsc00614

そしてKさんを見送ってからもうひと寝入りいたしました。

もう、川下りというより、昼寝しに行ってる感じであります。

そして夕方。漕いだ後のホッピーはどうしてこんなにおいしいのでしょうか。

P_20180526_180420


そして本日、自治会の集まりが朝一時間くらいありまして、それで一日が終わったって感じです。

縁台で昼寝して、16時半から風呂入って、17時過ぎから縁台でまったりと。

既に、1時間半経過して、ベロベロになってきました。

西郷どんまでもつかな・・・

P_20180527_171319

P_20180527_174401


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

リゾートのような週末

本日は本当に年に何日も無いすばらしくいい天気の一日でありました。

あー気持ちよかった。

では、まずは土曜から。

川くだりの予定が流れてしまいまして、どうしようか1人で行こうかと思案しつつ、微妙に雲も多いし、モチベーション上がりきらず、停滞。

午前中は、最近見つけたいい感じのカフェで「メキシコ」の酸味を味わい、午後は前から気になっていたカレーうどんの有名なお店へ。

P_20180519_111550


P_20180519_132614


食後は、2年以上前に買って放置していたネイチャストーブでお湯を沸かしてコーヒーを淹れたりしまして、最後は縁台へ。

P_20180519_142713


P_20180519_174250


必死ぶりのビールに、肴はインゲンと空豆。

それはそれは気持ちのいいひと時でありました。

そして本日。

これ以上無いような川日和ではあったのですが、微妙に気温低めだし、なにより土曜でないし、週間予報で来週末は30度だし。

本日も停滞です。

まずは、半年前に買ったアルコールバーナーでコーヒーを淹れます。

P_20180520_101940_hdr


目の前は、麦畑でも、水平線でもなく、田んぼでさえなく、空を見上げると、幾筋もの電線が見えるのですが、それでも、清々しく気持ちいい。

その後も、ほぼ一日、縁台で過ごした様な気がいたします。

そして、最後も縁台。

本日はキンミヤ・ホッピーに、煮干とワカメの味噌酢和え。

P_20180520_171839


風景さえ目をつぶれば、リゾートのような一日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

ゴールデンウィークが過ぎ去って、

ゴールデンウィークが過ぎ去って、なんとか一週間をやり過ごして、やっとのことで辿りついた週末も、もはや終わろうとしております。

5/5を最後に、次の祝日は海の日までありません。
実に2ヶ月以上。

これはいかがなものか。

多くのサラリーマンは祝日だけを待ちわびて、心のよりどころとして生きています。

次の祝日まで2ヶ月以上というのは余りにも残酷な仕打ちではなかろうか。

ここはひとつ、6月にも祝日を設けるべきでです。

6/1の電波の日、6/10の時の記念日あたり如何でしょう?


で、この週末でありますが、土曜は、朝マックなんぞに行きまして、午後は先週発見した近所のオシャレなカフェで優雅に珈琲を味わいまして、最後は縁台で最高の夕方を楽しむという、大変贅沢な一日を過ごし。

P_20180512_174955


本日の日曜は、市内の有名な洋食屋でランチを食し、早々とスーパーの買い物を済ませて、14時半には夕方モード。

雨もしとしとと降ってきて、いい感じにまったりした午後を過ごします。

P_20180513_173030

そして最後は雨に塗れた縁台で、やや肌寒い夕方のひと時を過ごしたまでありました。

よしっ、明日からまた、仕事であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

最高の川日和

5/5は最高の川日和でありました。

一路御岳へ。

コースは、放水口⇒テニスコート。

白丸湖は別にすると今シーズン初。

水温14℃ということもあって、割とびくびくしながら三つ岩を下りました。

Dsc00529


Dsc00535


Dsc00536


Dsc00561


軍畑大橋の300mくらい手前で上陸して30分ほど昼寝。

その後、軍畑大橋の下流の中州でコーヒーを淹れて、コンビニおにぎりを食べて、小1時間昼寝して。

起きたら微妙に体がだるい。ちょっと寝すぎました。

考えたら、割と危険な行為なのかも知れません。

腕やら足やら焼けました。

それにしても完璧な天気で、最高の川くだりでありました。


そして、漕いだ後のホッピーはもまた最高でありました。

P_20180505_172822


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

GW後半の初日(5/3)

正直、今日は5/6なのですが、それには触れないようにいたしましょう。


3泊4日で帰省したあくる日(5/2)は仕事です。

出社している人はまばらでして。電話もなければメールも無い。

それで、ほぼ『鐘とともに去りぬ』となりまして。

普段からこうだといいんですが・・・。


そして、輝くGW後半の初日は、朝マックなどに行きまして、優雅なスタート。

あとは家の中の片付けなどをしまして、夕方には野菜の苗を買いにホームセンターへ。


買ったのはこの10個。

ぜんぶプランターに植えます。

P_20180503_155113

まず、ミニトマト。

68円、198円、298円をひとつずつ。

ミニトマトはですね、だいたい、成った実の6割は割れてしまいます。水のやりすぎなのでしょうか?


あとはゴーヤを2種類2つずつ。いずれも198円。

ゴーヤはご近所などはまさに部屋が暗くなるのではというくらい茂ってますが、うちは、例年、日除けとしては何の役にも経ちません。

それからピーマン。

まあ、ピーマンも、一度だけすごいよく出来たんですが、フランターの底から根が大地に伸びていたからでした。
以後、食べておいしいと思えるものは出来ず。


あとはししとう。

ししとうはピーマンよりラクです。失敗率ゼロ。出来すぎて消費が間に合いません。

そして、後ひとつどうしようかと迷ったんですが、つい血迷ってバジル。

胡瓜は、あまりうまく行ったことないし。
病気になったり、虫に根っこ切られたり。
それに、折角出来てもついうっかりすると、超巨大になるし。

茄子は、微妙に難易度高いし。

オクラは花も綺麗だけど、なんか以前、毛虫が大量発生したし。


と言うことで、こんな感じになりました。

P_20180503_161706

そして、最後はこちらです。

P_20180503_173937


よしっ、ラスト一日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

GWの前半の4日間

これを書いている今が一体いつなのかという事は、とりあえず触れないことにしまして。

ゴールデンウィークは4日休んで1日会社行って4日休むというスケジュールです。

前半の4連休は徳島へ。

GWに帰省するのは随分久し振りのような気がします。

水の入っている田んぼとまだの田んぼがあって、朝出掛ける時は水が入ってないけど、夕方帰ってくると水が入っていたりして、そういう風景はかなり久し振りでありました。

空の映っている田んぼは綺麗ですねえ。

で、何してたかというと、主に墓参りをしておりました。

ばあちゃんのやら、おばさんおじさんとこやら、じぶんちやら計3ヶ所。

それと実家の草取り。

あとはお約束の徳島ラーメンを食べまして。

3泊4日で以上ですから、今回はだいぶゆるりとしておりました。

新幹線の移動は大変ラクでありました。

今時分は、ネットで買った切符をPasmoに移して、普通にタッチして新幹線乗れるんですね。

素晴らしい。

P_20180428_173046

閑散としたかつての中心商店街。

P_20180429_101437

とある海岸。(大神子)

P_20180429_102503

とある海岸。


P_20180429_140534

いのたに

P_20180429_170131_hdr

水の入った田んぼの夕暮れ

P_20180430_125359

とある川(嵯峨川)

P_20180430_141214

龍門

P_20180430_155543

新町川(なんでSUPはいきなりブレイク???)


そういえば、今回、フィッシュカツは当然のごとく食べましたが、かなり久し振りに、「ヨコ」の刺身を食べました。

いやー懐かしかった。

そして、前半の締めくくりの縁台はこちら。

P_20180501_173208


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会  作品賞と俳優賞


さて、いつものように順番をつけます。
(秋草、狭山ヶ丘、飯能は観ていないので除きます。スミマセヌ)

何様? と思われるかもしれませんが、観た映画のランキングの感覚ですのでどうかお許しを・・・。

■作品賞:

1位:
 ダントツブッチギリで今回の1位は、迷うことなく清陵です。
 これをさいたま芸術劇場で観たかった! 

2位:
 これはかなり迷ったんですが、所沢です。
 やっぱり、所高はセンスがいい。惚れ惚れします。

3位:複数あります
 所沢北 :前半凄く良かった。3年生3人ともいいのが、春大的感動。
 狭山経済:素晴らしい熱演。台本が惜しかった。
 芸総  :良かったけど、芸総ならもっと行けるはず。
 豊岡  :面白かった!なんかお笑いの様だった。


今回はかなり拮抗していて迷いました。
明暗を分けたのは、選んだ台本。そして、勢い。
(ホントすみません。偉そうで。)

■そして俳優賞:

 これも迷いましたです。

1位:豊岡 神崎 恵役
   凄い存在感でした。
   この方の舞台は、「ずんだを巡るあれやこれ」の神様と「ある日、僕らは夢の中で出会う」を拝見しました。
   だんだん存在感が増してきて、いいですねえ。

2位:清陵 弟:
   この方は2年生です。多分初めて観させて頂きました。
   お姉さんも良かったんですが、弟さん良かったー。
   すっごい良かった。


3位:狭山経済 僕:
   この方は、「KICK OFF」で拝見してます。
   すみません、当時の記憶が無いのですが、今回はとても印象に残りました。


4位:清陵 姉:
   当然、お姉さんも良かった。


いやー、なにか差し上げたいくらいなんですが、「海部郡山川町」の手作りステッカーじゃねえ。

 

■余談

 今回はお客が多かったですね。二日目の午前なんかは、8割以上埋まっていたのではないか。
 実に素晴らしいのですが、父兄でもなく、卒業生でもなく、関係者でもないただの一般人が増えるといいな。


 さて、当然芝居を観ているのですが、劇中曲や客入れの曲も実はチェックしています。
 
 歌詞を検索すると曲名探せます。

 そういう点でも、所高はいつもいいんですよね。

 「うぉーっ」の時の「地球の空き地」とかその後のいきものかがりとか、ダウンロードしました。

 今回は、劇中か客入れか忘れましたが、たぶん、狭山経済だったと思うんですが、EGOIST の「Departures」

 いいですね。Amazonでダウンロードして通勤で聞いてます。

 劇中曲、客入れ曲とかも、プログラムに掲載してもらえるといいですね。 


ということで、高校演劇の記事は、次は9月でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 2日目

2日目です。

すみません。
入間向陽が終わったところで帰ってしまいました。

■所沢高校 「恋文」 作:小林 智也 大場洋一潤色、所沢高校演劇部潤色

これはですね、凄い楽しめました。
いやー、所沢高校は凄いですね。

なんか非の打ち所がありません。

身体能力を別にすれば、芸総に勝ってるんではなかろうかとも思ってしまう。(身体能力は重要ですが)

男子部員がそこそこいるのもいい。

今回、緞帳が下りた後の拍手は一番長かった。

まあ、これはですね、観客の90%を女子高生が占めるわけですから、こういうお話を彼女たちが放って置くはずがありませんというのはありますが・・・。

セットが無くて、幕をうまく使っているのもいい。

いやいや素晴らしかった。

欲をいいますと、登場人物はほぼほぼ見分けがついたのですが、あともう少しだけキャラクターで見分けがつくとよかった。

しかし、所高はホント、センスがいいですね。

2年生が多いから、秋が楽しみです。

土日でお願いします。


■所沢西 「数列はカナタ」 生徒創作

所西は本当に偉いです。生徒創作を貫いているところが偉い。

それから部員が多いのも凄いし、男子が多いのも凄い。

で、今回の話は良かったと思います。

ただ、ばくっとしたところでは良かったですが、細かいところは結構粗があったというか、展開に無理がところどころあったように思います。

そのせいで、置いていかれたところがありました。

まあ、春だから仕方ないですが、今までのファンタジー系より良かった分、そこが惜しかった。

所西に「贋作マクベス」やってもらいたいなあ・・・。


■豊岡 「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」  作:前川 知大

これは、かなり面白かったです。

そして、なんといっても、神崎役の子が凄かった。

それに、良い台本を選ばれたと思います。

神崎さんが「キモイ」を連発していたけれど、あれは既成台本の通りなのだろうか?

メインの3人はみんな3年生。

最後を飾る素晴らしい舞台だったと思います。


■所沢商業 「セールスマンがやって来た!!」 作:老川 統

すみません。昼食に盛り蕎麦の大盛りを頼んでしまった所為もあるのですが、途中半分ほど、寝てしまいました。

ごめんなさい。

でもですね、「鎖をひきちぎれ」から一歩ずつ階段を上って、今回の舞台があるって感じがして、応援せずには居られないんですよね。


■入間向陽 「シスター・シスター・シスター」 作:田中 みゆき

プログラムの記載内容が余りにも素晴らしいいので、まずそこに感動してしまいました。

作品のあらすじ、作品の来歴、部長のひとこと、一年生は出身中学まで載って、まさに各校に見習って欲しい内容です。

さて、劇の方ですが、良かったと思います。

良かったんですが、引き込まれたり、釘付けになったりはしなかった。

なんかここ何回かの向陽の劇は、窓の無い部屋が舞台のような印象を持ってしまうんです。

それは、選んだ台本によるんだと思うのですが、のびのびやってる感がないような感じもします。

鶺鴒物語があまり良かった分、向陽のハードルは高いのです。

ということで、狭山ヶ丘、秋草、飯能は見ることが出来ず相すみません。


明日は、作品賞、俳優賞発表の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 初日の午後

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会


初日の午後の感想です。


■芸術総合「墓場、女子高生」 作:福原充則、芸術総合高校演劇部潤色

これは楽しめました。
セットも良いです。
とにかく面白かったー。

芸術総合は、秋は眠くなる系、春は楽しめる系ですね。
秋も楽しめる系にすればいいかというと、そうではなくて、芸総の眠くなるやつは芸総にしか出来ない舞台ですから、秋は眠くなる系でないといけません。

で、今回も十分楽しめたんですが、気になったことを書きます。

とても楽しめたんですが、芸総は期待値が違いますから。

登場人物にもう少し個性があっても良かったかと。
日野の友人たち、外見に特色のあるジャージの子と背の高い子以外は、誰が誰なのか分からない。

あと、ちょっと台詞が聞き取りづらいところも。

■聖望 「夏芙蓉」 作:越智 優

うーん、役者さんは皆さん大変良かったと思います。
4人の存在感もしっかりあって。4人のバランスや個性もいい感じです。

ただ、なんか同じトーンでだらだら続いた感がありまして。飽きてしまいました。

実は死んでいた友だち。というのも、びっくりもしないし、期待通りでもなく、「引っ張って、そっちかー」という感じ。

凄いよかったんですが、選んだ台本が良くなかった。

でですね、去年の秋大会、会長と剣道部の子が良かったと書いたのですが、その子達が今回誰だったのか分からない。

やはり、誰が誰か分かるようにプログラムには書いていただきたい。

そうしてもらえると、2度楽しめるんですよね。

■狭山清陵 「君死にたまうことなかれ」 作:いぐりんとその仲間たち

この手のジャンルは余り好きでないですし、すみません正直全然期待してなかったのですが、始まって5分もしたら完全に引き込まれてしまいました。

いやー実に素晴らしかった。感動しました。

しかし、なんで、春大会でこういうのやるの?

秋でやったら、関東大会まで行けたんではないか!?

姉も素晴らしいし、弟も凄い。そして弟は2年。秋の大会が超楽しみです。ぜひ、土曜か日曜でお願いします。

清陵の舞台は今まで一度しか観ていませんでしたが、勿体ないことをしました。

語彙が無くて申し訳ないけど、本当に良かった。

後ろの席の年配の女性も、高校生と思えないって言ってました。

そしてですね、更に凄いと思ったのが、セットが、演目書いためくるやつ以外に何も無かったこと(たぶん)。

いやいや、セットなんていらないんですね。

ただ、検閲官が客席から登場したのはいいとして、その後の客席からの掛け声、あれはどうかと思った。
それまでの手拍子とかも誘導されてたのかと思ってしまう。


■所沢中央 「リストランテ・ウィッカ」 作:大矢場 智之 所沢中央高校演劇部潤色

いや、良かったです。

お話も切なくてよかった。

二人の熱演が素晴らしかった。

でも、なんかところどころ、その、学芸会的な場面があって気になりました。

これは去年から感じていることです。

地区大会で一日フルに拝見したのは初めてですが、いや、疲れますね。

私は観ているだけですが、秋の大会の審査員の方はたいへんですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会 1日目の午前

2018年度 埼玉県高校演劇西部B地区春季大会


行ってきました。本日初日。
地区大会で初めてまるまる一日観させて頂きました。

計7作品。

全作品後ろの席の最前列で拝見しました。

いやー、オケツが痛い。

それでは参りましょう。


■西部文理 「羽根の記憶」 作:秋元ゆうすけ
ファンタジー系です。
翼を持った翼人の最後の生き残りが、皇太子と出合って仲良くなるが、自分の種族が滅んだ理由を知ったとき・・・。
見たいな感じです。

気になったのは、衣装と特にセット。

衣装も皇太子や女王にはちょっと・・・でしたし、なによりセットが王宮というにはどうかという感じでした。

立派な衣装やセットにはお金も掛かるでしょうから、難しいと思いますが・・・。

学校の支援があるといいですね。

でも、セットは何も無くてもいいのかもしれません。

キャスト・スタッフは1人を除いて3年生。

秋の大会が心配ですが、メイド役の2年生が何気に存在感あって、楽しみではあります。

1年生が入るといいですね。


■所沢北 「世界のしくみ」 作:椙田佳生

15分遅れで幕が開きました。

良かったです。

3人の3年生が安定感たっぷりで、存分に楽しんでいる感がありました。

前半はコミカルでスピード感もあって、とても楽しめたんですが、松田と北本さんの二人の会話の後半はちょっと退屈して一瞬寝てしまいました。

ただ、これは、役者のせいではないと思います。

やはり、選んだ台本がちょっとという事ではないかと。

まあ、ジェームズ三木のようには行きませんよね。

あと、ラストはちょっとよく分かりませんでした。

で、今回で引退する3年生。彼らの舞台は計5本拝見しました。

『ひまわり~トコキタ劇版こころ~』作:所沢北高校演劇部(生徒創作)
『きっと訳あり家族』作:ORANGE
『捜査は踊る』      作:クボタ シュウ
『のぞく・はいる・ほる』作:古谷泰三

どれも覚えています。
個人的には、印象に残っているのは、『ひまわり』ですね。

もちろん、『のぞく・はいる・ほる』の方が、成長があるのですが、『ひまわり』が気になるんですよね。


■狭山経済高校 「テープで固定して、半分に折るの。」 作:日高 詩

いやー、ここ良かったです。

僕役の男の子が凄い存在感。何と言っても声がいい。

少年と少女の役の子もとてもとてもいい。

ただですね、やっぱり、台本がどうかと・・・。

ずっと罪悪感を引っ張るにはあまりに無理のある過去の出来事。

ここに尽きるかと・・・。

みなさん素晴らしい熱演なのに、どこか引いてしまいました。


「僕」以外は2年生。秋の大会が楽しみです。

では、明日もありますので、今宵はこの辺で失礼いたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

血が足りない

天気がよかったら、御岳に行って川くだりと思っていたのですが、大分前から雨の予報。

ほぼ、安心して、週末はなにもしないでぶんにょりと二日間を過ごそうというモードでありましたが、全くそのとおりになりました。

土曜は割りと熱心にトイレの掃除をしたりしましたが、半径500メートル内で生活しました。

本日も、ぶんにょりと思ったのですが、このとこ、血が足りないというメールがちょくちょく来まして、そういえば随分献血していないなという事で、所沢まで献血しに行ってきました。

血を抜くとスキっとしていいですね。

所沢には新しい駅ビルが出来ていて、ほんの少し覗きます。

往復2時間半で家に戻ったんですが、それでもう、今日は終わったって感じになりまして、昼寝などしつつ、一日が過ぎていったんでありました。

縁台のほうでありますが、まず、土曜。
肴は酢の物。風が強くてそそくさと退散。

P_20180414_175057


そして、本日。アサリの酒蒸しであります。
いい感じに出来ました。

P_20180415_175019


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«日本のホワイトカラーの生産性が低い件