2017年11月19日 (日)

第66回埼玉県高校演劇中央発表会 その1

P_20171118_091937


今年も行ってきました。さいたま芸術劇場。

第66回埼玉県高校演劇中央発表会

初日の上演は以下です。(連盟サイトより無断転載)

9:40 開場
10:00 開会式
10:30 草加南高校「話半分」作:郷原 玲
11:50 宮代高校「マンザナ、わが町」作:井上ひさし
12:50 昼食休憩
13:50 所沢北高校「のぞく・はいる・ほる」作:古谷泰三
15:10 芸術総合高校「朝がある」作:柴 幸男
16:30 浦和実業学園高校「銀河鉄道の夜 -Together, always as ever-」原作:宮澤賢治/脚色:彷川 流
17:50 越谷南高校「宵待草」作:斑鳩里志


土曜は、8時過ぎに家を出ます。電車にするか、車で行くか迷ってたんですが、布団の中でゴロゴロするうちに、電車の選択肢がなくなりました。いやー浦所バイパスのケヤキの紅葉がとても美しいですね。

去年、一昨年は、開場前に長ーい列が出来ていたのですが、今年は9:20に着いたら、かなり先頭に近いところにならびました。
客席も満席にはならなかったし、どおしたんでしょうか?


さて、これを書いている時点で、既に関東大会へ越谷南と秩父農工科学が選出されたということを知っております。

両校の皆様、おめでとうございます。


では、感想です。昨夜は一杯やったので書けませんでした。まあ、今日も一杯やってるんですけど・・・。

■草加南高校「話半分」作:郷原 玲

このお話は知っております。
去年の関東大会で長野県の茅野高校の舞台を観ました。
いいお話です。

で、草加南ですが、ミドリがかなりとても大変よかった。
1年なのに凄い。
ただ、惜しむらくは声が小さい。

この時は前から4列目だったのですが、後ろの人聞こえているだろうかと心配になりました。

会場の小さい地区大会と違って、県大会で初めて直面する問題なのかも知れません。

それと、シゲルの母も良かった。

その他脇を固めるキャストの方もみなさんしっかりしてました。

そして、草加南が素晴らしかったのが、舞台装置。

倒したら茂みになる瓦礫。人が入った茂み。
どれもよく考えられています。

中でも新聞紙の衝立が秀逸でした。

上演が終わった後、後ろの席の女の子たちが、「あれやばいよね。裏でぶつかって破いたりしたら土下座だよね」
って言ってました。

そこ来る? って感じですが、なんか埼玉っぽい感じがしてほっこりしました。

照明もよかったし。

ただ、何とはなしに、ぐいぐい入り込んでくるパワーが不足だったような気がします。

間違えてつないだ際の掛け合い、あれがどこか少し物足りなかった。
個人的には、あそこは、「ブレードランナー」の「2つで十分ですよ」に相当する重要箇所だと思うのです。

■宮代高校「マンザナ、わが町」作:井上ひさし

これはいいお話でした。
キャストも皆さん個性的でしっかりしてました。

ただ、滑舌が気になったのと、余計な間や無駄な動きやセリフがあるように感じました。
いわゆるセリフのキャッチボール的なところも多少気になったし。
クライマックスに向けてストーリーとしてはいい感じに展開していくんですが、なぜか舞台の上は単調に淡白に感じられて、ところどころ寝てしまいました。すみません。

そう、どこか、淡白だったんです。

なんか、勝手に最近観た映画の「ドリーム」にかぶさって。(話は違いますが)。
凄い期待が高まったんですよね。

そういう期待を高めさせたところは凄いと思います。

■所沢北高校「のぞく・はいる・ほる」作:古谷泰三

いやいやいや、所沢北が県大会に出るとは!(TT)

正直、地区大会は良かったとは思いましたが、話としては面白くなかったし、県大出場を知った時は、えっ?! と思いましたが、なるほど、面白いかどうかと審査はまた別なのかと妙に納得しました。
たしかに、良かったことは確かです。
今まで観た所沢北の芝居で一番面白くなかったけど、一番良く出来ていた。


で、県大会。
所沢北は特別なので、はじめの内はもう、「セリフ飛ばしたらどうしよう」とか、親鳥のように心配して観ていたのですが、皆さん安定感があってそんな心配はすぐにしなくなりました。
地区大会に較べて、ずいぶん良くなっています。
そういう変化を見ると、心が動きますよね。
とりわけ1年生の3人の存在感がよりくっきりしてしっかりして。

お話としては、シュール(?)な感じでありまして、私はこの手のは好きではないし、面白くもないのですが、評論家モードに切り替えて観ていると、なかなか良いではありませんか。
前の席のオジサンと、右の席のおじさん寝てらっしゃいました。おじさんの方はいびきも少しかかれて。
まあそうですよね。

次に所沢北がどんな芝居をするのか、楽しみであります。


■芸術総合高校「朝がある」作:柴 幸男

いやいや、ここも地区大会より、たいそう良くなっています。

地区大会は、声が届かなかったり、音響にも気になるところがありましたが、見事に改善されています。

ただ、寝てしまいました。

そりゃ、初めてみた時は、「美しい、素晴らしい」って感動して、芸総の秋大会で初めて寝なかったんですが、2回目だとさすがに眠気が。。。

で、気になったことですが、ひとつは、風景の投影は不要。

これは、講評でも指摘されてましたが、多分、みなさん同じ意見かと思います。

そしてもうひとつは、もう少し、動きにメリハリがあってもいいのでは? というか、激しい動きの瞬間や、ゆっくりした動きの瞬間があれば、観客を眠らせることはないのかなと。
彼女たちであれば、当然出来るでしょうし、そうすれば、1時間が短く感じられたのではないでしょうか。

ちょっと、単調であったと今になって気づきました。

■浦和実業学園高校「銀河鉄道の夜 -Together, always as ever-」原作:宮澤賢治/脚色:彷川 流

うーん。
なんだろう・・・。
ヒットしたテレビアニメの映画版を観る様というか、大河ドラマの総集編を観る様というか、なにかそんな感じがして入り込めませんでした。朗読みたいなのもそういう感覚にさせたのかもしれません。

ただ、ジョバンニは凄かった。「えっ何この子?!」状態。

圧巻でした。

なんか、高泉淳子の山田のぼるを髣髴させられました。


■越谷南高校「宵待草」作:斑鳩里志

まず、関東大会進出、おめでとうございます。

うーん。
ここは、なんというか個性的でありました。
粗もそれなりにあったと思います。
あおいとなつ代の区別も最後までつかなかったし。
でも、よく出来ていたと思います。
うーん。うーん。よく出来ていたんですよね。

何と言っていいのか分かりませんが、なんか凄いし。


それと、審査員の方は、やたら蜆売りが良かったとおっしゃっていましたが、私が一番感動したのは、あの、まるで映画のようなラストですね。あれはぐっと来た。


という事で、初日は、以上であります。

昼休みは「ステーキのどん」。

そのあと、十万石饅頭買いました。

今さっき食べましたが、「うまい、うますぎる」

P_20171119_212255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

道志川 漕いできました。

もう、今シーズンは終わりかなと思っていたんですが、下って来ました。
道志川。相方はラナ父さん。

生憎、ドライスーツが修理中で、ウエットスーツで下りましたが、水温8℃。
体力削られて、後半は集中力も途切れ、足元も覚束ない。
ゴールしたときはすっかり冷え切っておりました。

水位は道志川大山橋0.59。

今までで一番の水量。

紅葉もまさに見ごろで素晴らしい川くだりとなりました。

ラナ父さんありがとうございました。

Dsc00249_2


Dsc00267


Dsc00268


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

「ブレードランナー2049」観て来ました。

「ブレードランナー2049」観て来ました。

公開2日目の土曜日。結構お客さん入ってました。

ただ、若い人はゼロ。

見た感じみなさん45歳以上。

35年前の前作を観た方たちなんでしょうねえ。

前作のファン、多いんですね。

前作の評価は私も世間とおんなじで、初めて観たときは「何これサイテー」だったんですが、だんだん評価が上がって行きました。


で、本作。

いやー、長いっ!

予告や映画泥棒の時間含めると3時間。

おしっこ行きたくなったら嫌なので、飲み物も買わずに臨みました。

いやいや、なかなか良かったです。

映像は素晴らしくて、キャストもいい。

前作同様、芸術的な感じがとてもします。

ただ、ちょっと、物足りなかった。

今回は、追い求める謎もあったし、いくつかの組織がでてきたり、悪役がいたり、多少エンターテイメント色が出てきているんですが、とはいってもブレードランナーですから、そっちに走っている訳ではありません。
そのあたりがちょっと中途半端でありました。
それに、ハリソンフォードの出番ももう少し欲しい。

前作が、哲学的な雰囲気を、映画全体で醸していたのに対して、今回の作品は、設定そのものに哲学的な要素を盛り込み、それに頼ってしまったという風に感じたのでありました。

でも、偉大な前作を超えはしなかったけど、これはこれで、悪くはなかったです。

予断ですが、観終わって駐車場に戻ったら、ハザードランプ点いてました。

心なしか点滅がゆっくりになってましたがエンジンが掛かってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

「エイリアン コベナント」漸く観て来ました。


土曜日、「エイリアン コベナント」漸く観て来ました。
お客は20人くらいでしょうか? ガラガラでした。

で、感想はですね、まあイマイチといいますか。

ちょっとありきたりと言いますか・・・。

映像やキャストは、いいんですが、ストーリーというか、展開がB級でありました。

もう公開してかなり経つので、ネタバレしてもいいですかね。

wikiも完全にばらしてますから。


エイリアンが生命体として完全すぎるし、
終盤、ウォルターが実はデヴッドっていうのも普通だし。

あれは、9割の人は実は「どうせデヴッドだろう」と思っていただろうし、それでやっぱりデヴッドな訳で、そもそも、瓜二つの別人キャラが登場する時点で、「ウォルターが実はデヴッド」か、「ウォルターが実はデヴッドではないかと思ったら、ウォルターだった」かしかない訳で、そもそも限界のある設定です。

まあ、いまいちだったんですが、キャサリン・ウォーターストンは良かったし、映像も良かったですね。


あとは、10/27公開のブレードランナーに期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

続・今年の最後の縁台写真

三連休でございました。

まず、土曜は、し・ご・と。です。

まあ、雨のち晴れでしたから良しとしたいところですが、午前中で終わるかと思ったら夕方まで掛かってしまい、痛恨の縁台お預け。


日曜はいい感じの晴天ですが、日中はダラダラッと雑用してから、夜は上の子とデート。

ダラダラついでに、一念発起して、剪定鋏やら芝刈り鋏、摘果鋏、ナイフなど、庭仕事の刃物のメンテナンス。

剪定鋏はボルトを外して研ぎます。

道具の手入れは心が休まりますねえ。

Dsc00235


そして月曜の本日。
エイリアンコヴェナント観ようと、行く気満々だったんですが、時間が悪かった。
エイリアンを取るか、縁台を取るかだったんですが、結局縁台を優先しました。

掃除して、雑用して、昼寝して、一日が過ぎて行ったのでありました。

土曜はともかく、日・月は川日和といえばかなりな川日和なんですが、夏にドライスーツの首とソックスのガスケットが駄目になりまして、まだ直していないんです。まあドライでなくてもいいんですが。

Dsc00239

本日の日の入りは17:15。

事前に小松菜を茹でて、4時半前に風呂に入って、まさに万全の体制で臨んだのでありました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

「ドリーム」観て来ました。

土曜日、わざわざ電車に乗って、としまえんで「ドリーム」観て来ました。

いやいやいやー、いい映画でした。

アメリカの宇宙開発の初期、NASAで働く黒人女性が人種差別と戦いながら、たくましく生きて、宇宙開発に貢献するお話です。

いやー、良かった。ぜひお薦めします。ちょっと涙でたし。

同時期を描いた作品にアポロ13がありますが、テーマは違いますが、なんかこお、アポロ13には黒人出てこないし、感慨深いですね。

最後の大気圏再突入のシーンはアポロ13とちょっと似てた。

まあ、ここは手に汗握らせる鉄板ですね。

ただ、ちょっと・・・と思うのは、家に帰ってwikiで調べてみたら、「史実と違う点」というのが出ていて、実際よりも差別的な環境が強調されているようです。

でも、良かったんで、観に行って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

今年の縁台は店じまい

今日の入間市の日の入りは17:25。

いよいよ五時半を割ってしまいました。

このところ縁台写真のアップが滞っておりまして。

毎週欠かさず縁台で一杯やってはいるんですが、日の入りが早くなってますから、写真が撮れません。


本日は、16時過ぎに風呂に入ります。

肴の準備に手間取りまして、縁台に出たのは17時過ぎ。

日中は快晴だったのに、雲が出てすっかり夕暮れムードです。


どうやらそろそろ縁台も店じまいのようです。

頑張ればもう少しは早く縁台に出られはしますが、一応、法事と結婚式以外で、17時より前に呑まないと決めておりまして。

という事で、とりあえず今年最後の縁台の肴はこちら。


Dsc00228

スーパーで売ってた真イワシ。

腹開きして、骨と内臓を取ったものが1尾60円。

2尾買いました。

なかなか、皮を剥ぐのが上手に出来ません。


それから、厚揚げの焼いたのに、細葱を山盛り。

ゆったりと夕暮れが過ぎていったのでありました。

ではまた、来年の春、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

蚊取線香を乗せるやつ買いました

Dsc00155


蚊取り線香を乗せるやつを買いました。

これです。

なかなかいいです。

草抜きしたりするときに、庭に持って出られるのもいいですが、なにより縁台に映えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

台風一過の多摩川

本日は多摩川下って来ました。

三連休。
初日は曇り一時雨で何もせず。
二日目は台風ですが整体行きました。
そして、台風一過の本日。
多摩川漕いできました。

いやー、天気最高!
水量たっぷり!

この上ない川くだりでありました。

Dsc00176

Dsc00186_2


Dsc00199

Dsc00221_2

Dsc00222


たっぷり昼寝して、体内の毒素を蒸散したのでありました。


そして、漕いだ後はホッピー。

日に焼けて体が火照っているので、薄めゴクゴク。

肴は、油揚げを焼いたのと、庭のすっかりポインセチアと化したししとうの味噌いため。

行こうか家でぶんにょりするか迷ったんですが、行って正解でした。

あしたから、取り合えず頑張りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

2017年秋季 高校演劇埼玉西部B地区大会 プログラムと番外編

Dsc00150


いやいや、普段人影も疎らなこのブログも、演劇の季節だけアクセスが増えます。

で、本日は、受付で配られるプログラムについて、ちょっと書きたいと思います。
春も書きましたが、何書いたか忘れたし。


●所沢北高校 「のぞく・はいる・ほる」
 悪くはないんですが、キャストの所は、

 Aのひと・・・某 「びゅーん」

 という風になっていて、たしかに登場人物はABCDなんでしょうけど、劇を観ていても、誰がAで誰がBかは分かりません。
 どういう役の人かを書いてほしい。
 あと、学年も欲しい。

 

●入間向陽高校「靴下スケート」
 いいと思います。
 出身中学まで載せているのは立派です。
 贅沢を言うとですね、優子と加奈子、どっちが先生でどっちが生徒か、後になると分からないんですよね・・・。

 既成台本なので、ググれば分かりますが。

 表紙はいいと思います。なんか、まじめそうな感じがとても伝わってくる表紙絵です。

●芸術総合高校「朝がある」
 表紙は、なぜ首なしなんだろう???
 で、役名が全部ひらがな、人の名前が全部ローマ字。
 読みにくいことこの上ない。
 まあ、それは我慢するとして、やはり学年は入れて欲しい。

 セキュリティの見地からそうしているのなら、納得します。
 全国大会や、関東大会ならともかく、地区大会ですから、それなりにプライバシーが保護されて当然とも思います。

 ただ、芸総ですから、名前を売るくらいであってもいいような気もします。

●聖望学園高校「七人の部長」
 いやいや、表紙が良いです。一番いい。
 この表紙じゃなかったら、芸総が終わったところで帰っていたかも知れません。

 2ページ目もなかなかいい。
 ただ、役の中の苗字と、劇中の呼び名も出ているんですが、終わってみると繋がらない。
 やはり、何部かを書いて欲しい。そして、学年も。

 あと、コピーとか、3行程度の思い入れとかあるといい。

●所沢高校  「オイディプス(ギリシャ神話より)」 
 なによりいいのは、スタッフに「メイク」がある。
 こういうところが、所高は「やるなっ!」って思わせるんですよね。

 あとは、なにかメッセージが欲しい。 

●所沢商業高校「タナトピア」
 よいです。学年も入ってるし、それぞれの役に補足がついていて、後で見ても誰のことかが分かります。
 3行のあらすじもあって、完璧です。
 表紙に「はりこのトラの穴」って書かなくても良いかと。。。

●所沢中央高校「そうーゆうーことも」
 学年も、入っているし、<>の中にニックネームもあってこれもいい。
 あとは、あらすじとかメッセージが欲しい。

ということで、一番は、聖望ですね。

所商も完璧なんですが、聖望のは、プログラム見て、この劇観てから帰ろうと思ったわけですから!


余談

ちなみに今回は、二日とも早池峰亭でした。ラーメンと餃子はいまいちですが、から揚げ( \920 )が絶品です。

Bp_20170909_125405a


では、また、春に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

2017年秋季 高校演劇埼玉西部B地区大会に行ってきました

P_20170910_094845


2017年秋季 高校演劇埼玉西部B地区大会に行ってきました。

この大会は、9/7、9/9、9/10の3日間で13校の発表があります。

拝見しましたのは、土日の内の、以下の7校。

すみません、2日とも、最後まで拝見できず申し訳ありません。

土曜は宅配便の受け取りがありまして。。。( 生ものだったんです! )
日曜は、ちょっと家で用事がありましたものですから。。。それに次の日会社だし。

特に、狭山清陵高校さんには、Twitterでプログラムを教えていただいたのにもかかわらず、拝見しないという、恩を仇で返す結果となってしまい、申し訳ありませぬ。

それはそうと、上演日と上演順はどのように決まるのでしょうか?
9/7の方は気の毒ですね。きっとお客さん少ないでしょう。

今回、所沢西高校の上演が平日で観られなかったのが残念でした。相変わらず生徒創作を貫き、立派です。


■拝見した7本!

9/ 9(土)
所沢北高校 「のぞく・はいる・ほる」 古谷 泰三 作
入間向陽高校「靴下スケート」     中村 勉  作
芸術総合高校「朝がある」 柴 幸男 作、芸術総合高校演劇部潤色
聖望学園高校「七人の部長」      越智 優 作


9/10(日)
所沢高校  「オイディプス(ギリシャ神話より)」岡谷南高校演劇部脚色、所沢高校演劇部潤色
所沢商業高校「タナトピア」      穂村 一彦 作
所沢中央高校「そうーゆうーことも」  小林 洋 作


では、感想始めます。


●所沢北高校 「のぞく・はいる・ほる」 古谷 泰三 作

大地震の後、仲良し5人組みがいつもの場所で再会。でも、以前とはなにか違っていて、、。みたいな話。

役者さんは良かったと思います。
5人ともいいが。特に一年生(たぶん)がいい。

ただ、台本がいまひとつといいますか。なんでこれを選んだんだろう?

それにこの台本は、彼らに合っていないのではとも思います。
女子たちの出番がなんかとても中途半端です。

台本をググったら、登場人物は、ACDE。

え? 4人用の台本を5人でやったということ?

とはいうものの、一年生(たぶん)がかなりいい味出していたので、今後が楽しみであります。


●入間向陽高校「靴下スケート」     中村 勉  作

成績のかなり悪い女子中学生と家庭教師の会話劇。

うーん、何度か時計見てしまいました。

二人ともキャラはいい感じだったと思うし、中学生のとぼけたところが笑える瞬間は何度かあったし、断片的にいいところはあったのですが。

でも、全体としては、退屈感が・・・。

すみません、こうすれば良かった、ここが悪かったと言えるといいのですが、どうも分からない。

半分は台本のせいではなかろうか?

人数少なくて大変でしょうが、これからも頑張って下さい。

向陽は何と言っても累計マイベスト1位ですから、これからも期待しております。


●芸術総合高校「朝がある」 柴 幸男 作、芸術総合高校演劇部潤色

地区大会通過、おめでとうございます!

( 9/13 すみません。参加校投票で1位になったということで、まだ県大会出場かどうかは決まっていないんですね。西部Bは大宮と同じブロックで、大宮地区大会は10月なので、それまでは、わからない。
失礼しました。でも、投票一位おめでとうございます。 )

いやいやいや、良かったです。もちろん途中時計は見ましたけど、良かった。素晴らしかった。

「旧体育館」も「いまここ」も正直、寝てしまったんですが、「朝がある」は寝なかった。

個人的には、「旧体育館」よりいいと思いますし、こっちの方が好きです。

よくああやってじっと停まっていられるなと感心しますし、なによりオペレーションが美しい。

時計は見ましたけど。


写真の投影はどうかなと思いましたが、あとはパーフェクト!

もちろん、音楽の音が大きすぎてセリフ聞こえないとか、結構噛んでましたねとか、修正点は沢山ありますが、そんなことは11月までに修正すればいい。

今回、の7作品の中では一押しでした。


●聖望学園高校「七人の部長」      越智 優 作

いやいや、良かったです。

本当は、芸総観たら帰ろうかと思っていたんですが、プログラム観たら面白そうだなと。

残って正解でした。

台本もいいし、役者さんもいい。

最後まで引き込まれたままでした。

現実世界の高校が舞台で、高校生が主役な芝居は外れが少ないですよね。

会長と剣道部の子が良かった。


●所沢高校  「オイディプス(ギリシャ神話より)」岡谷南高校演劇部脚色、所沢高校演劇部潤色

いやいや、所高、やりますねえ。

良かったです。最後まで引き込まれて拝見しました。

ただ、去年の先輩を越えていないー。

滑舌が気になることがあったし、客席を向いてない時の声が聞こえない時がありました。

王妃が首をつったシーン。後方の客席の人にも王妃は見えたのだろうか?

あと、裁判長は、ローブ一枚まとうべきかと。

そして、気になったのは、役者さんが目立たなかった様な気が・・・。

目立ったのは、ディレクターさんと背の高いめがねのレポータの男子。

あー、なんか一杯書いてすみません。

私の中で所沢高校は期待値がかなり高いのです。

王妃以外は1年生のようなので、また1年半、楽しめそうです。期待してます。


●所沢商業高校「タナトピア」      穂村 一彦 作

うーん、暗転とか、なんと呼ぶのか分かりませんが、中間の幕の出し入れがしょっちゅうあり、集中できませんでした。
そんなに必要なことだったとは思えません。
会話のキャッチボールもいまいち。

でも、ひかり役の子が頭ひとつふたつ抜けていました。
由佳もよかった。

所商、2年前は風前の灯みたいな感じだったのに、盛り返してきました。

先生と橘さん。一年生って感じでしたが、これからです。期待しています。


●所沢中央高校「そうーゆうーことも」  小林 洋 作

仲良し4人組みが高校最後の思い出に、夏のキャンプにやってきます・・・。

うーん、どうしたんだろう所中。

役者さんは、そこそこいい演技してたと思いますが、なんか、舞台が素人っぽくなっている。

顧問の先生が変わったのか?
先輩から引き継がれなかったのか?

テントを張ったり、飯を炊いたり、飯をよそったり。
なにも、いちいちやらなくていいのに。

なんかそのせいで、何度も妙な間が出来てしまったし、物を渡したりするたびに「ありがとう」と言ったりするのも余計な事という気が。。。

テント片付けて避難するのは暗転ではダメなの?

ランタンつけるのに意味あるのか?
ランタンは百歩譲ったとして、シングルバーナー組み立ててその上に鍋を置く必要はあるのか?

全部計算なのか・・?
あるいは台本のせい・・・?


とはいっても、役者さんたちは良かったとおもいます。

4人それぞれに存在感がありました。

ちょっとしたことで劇的に良くなるかと。


 


という事で、今回は。。。


■作品賞
1位:芸総

2位:聖望
3位:所沢

芸総は文句なし。

2位は迷いました。所沢も良かったし。
優劣だと所沢かも知れませんが、聖望は面白かったので。。。


■俳優賞
ひかり

会長、剣道部

ミナミ、由佳

ディレクターさん、背の高いめがねのレポータ

ABCDEの誰か分かりませんが、男の子っぽい役の子


という事で、春の大会も楽しみにしております。

次回は、「プログラムに思うこと」の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

最近の縁台

昨日今日と、2017年秋季 高校演劇埼玉西部B地区大会でありました。

土曜4校、日曜3校、拝見しました。

感想を書いているのですが、今しばらくお待ちを・・・。


で、最近、縁台風景も怠けておりました。

上から、
2017.09.02 胡瓜
2017.09.03 茹でもやしとキムチの素
2017.09.09 胡瓜
2017.09.10 オニオンスライス
であります。

実は、新しい蚊取線香の容器を買いました。

P_20170902_174751


P_20170903_180409


P_20170909_174224


P_20170910_173759


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

勝浦川の鮎

Dsc00140


氷がぎっしり詰まったクール宅急便で、獲れたての鮎が届きました。

釣好きな高校時代の友人から、徳島県は、勝浦川の鮎です。

いやーありがたい。

まずは3時のおやつで頂きまして、夕方は鮎の塩焼きを携えて縁台へ。

さすがに肴が鮎だと、ビールです。

残念ながら見た目おいしそうには焼けなかったので、調理後の写真掲載はなしですが、いやー、うまいうまい。
うまいねえ。

去年は野洲川の鮎、今年は勝浦川の鮎。


来年も是非お願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

多摩川 猛暑、のち、曇り

670キロ走って埼玉に戻った次の日は、5連休の最終日を使って、5週間ぶりに川くだりです。ああ忙しい。

次の日から会社だし、天気予報は午後から曇りなので、7:30に家を出ます。

平日なんで川は空いているだろう等となめていたら、釣師の方が結構いらっしゃいました。

で、この日の水位は、なんと-2.08。

-2.1を越えるのは人生2回目ですが、今の調布橋水位計は少し高めに出ているように思えます。

とはいえ、久し振りに水たっぷり感がハンパない。パドルをさしても水が重い。

Dsc00115


Dsc00119


Dsc00125


Dsc00130

川原でコーヒーを飲んでいる内にどんどん空が曇ってきまして、昼寝どころではなくなったので、早々に切り上げて、お昼過ぎには家にいたのでありました。

猛暑を楽しんだのは、ほんの一時でしたが、まあ、よしとしましょう。

Dsc00137

そして最後は、近所のスーパーで秋刀魚の刺身を買ってきて、5連休最後の縁台を楽しんだのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

寂れゆく街

ちょっと、帰省しておりました。

いやー、わがふるさと、寂れに寂れております。

県の人口も減ってはいますが、それ以前に、郊外のショッピングモールに核が移転しているんでしょう。

往時の中心商業地区は、もはや見る影もない。。。

P_20170819_182347

正に、ここが中心商店街でした。


P_20170819_182544

ここも同じ。

このままでは、どうしようもないですが、なにか方法はあるのでしょうか???

そして、ここ・・・。

P_20170820_142628

小松島港ですが、こんな感じ。


P_20170820_142041


岸壁で釣している方も優雅なんですが、ブーンって軽自動車がやってきて、運転席のおばちゃんが、釣してるおっちゃんに向かって・・・

「この時間は釣れんけん、夕方来るわー」

おばちゃんかっこいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

三連休の三日目

結局、漕がずじまいの3連休です。

でも仕方ありません。
天気いまいちですから。

で、今日は6/24のレポートを仕上げて、自治会の集金をして、庭の草むしりを少しだけして、一日が終了です。

近所のスーパーに行くと、腹開きの真イワシ80円で売ってました。

金曜から売っているし、連休中市場は休みではないかと気になりはしたものの、おにいちゃんに刺身にしていいか聞いたら、ダイー、ジョウブデスヨって、ちょっと考えつつ答えてくれたので、2尾買いました。

皮むいて、包丁で切ったら、あんまり美しくはなくなったのですが、お味の方は絶品でした。

コストパフォーマンス考えたら、真イワシは最高レベルの魚ですねえ。

で、かれこれ、もう1ヶ月漕いでおりません。

それから、天竜川の大会は、今年はパスしてしまいました。すみません。

出場されるみなさま、ご検討をお祈りいたします。

Dsc00097

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

三連休の二日目

3連休の2日日です。


今日も、6/24のみなかみの動画編集で一日が終わってしまいました。
もちろん、趣味でやっていることではあるのですが、幾らなんでも、三連休のうちの2日を費やすと悲しすぎる。

それでもまあ、なんとか終わりました。

予告編含め、2人日くらい掛かったのではないか・・・。いや、工数にするのやめよう。

まあ、天気がいまいちなので、川には行かないからいいのですが・・・。

それで本日の天気は曇り時々晴れ。

ちょっとカヌーに行くテンションではありませんが、考えたらかれこれひと月も漕いでいない。

それだけ週末いまいちな天気が続いているということですが、さすがにこれだけ漕がないと、体調が悪くなってきます。


そして、本日の縁台は、キンミヤ・ホッピーと、巨大胡瓜の浅漬け。

P_20170812_175558


今年はプランターに胡瓜を植えたんですが、ちょっと目を放した隙に巨大化し、収穫6本のうち、まともな大きさで摘めたのは2本だけという有様ですが、巨大胡瓜の浅漬け、案外いけます。

あしたは、曇り時々晴れみたいだから、ちょっと川の様子見に行ってきますかねえ。。。

でも、庭や家の周りの草むしりもしないとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

3連休

3連休の初日です。

世のかなには、今日から10連休という人もいるみたい。
あるいは、9連休は別に取って、3連休プラスアルファという人もいるみたい。

ではありますが、私はただの3連休。

初日の今日は、平日と同じ時間に目が覚めまして。

6/24のみなかみの動画を作っていたんですがこれが全然完成しない。

折角の休日なのに、ずっとパソコンに向かっています。

そのうち、それはまだまだ時間かかりそうと悟ったので、先に予告編を作ることに。

考えたら、トータルでは余分に時間が掛かる訳で、あれもこれもと思っていた休日も、動画と整体だけで終わったのたでありました。

それにしても整体は気持ちいい。

で、夕方は曇り空ですが、縁台のひと時を過ごしまして、連休の初日が暮れていったんでありました。

Dsc00095

写真の胡瓜は、収穫し損なって、巨大化してしまいました。


そして、完成した予告編がこちらです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

一息つきました

このところ遅かったのですが、やっと一息つきました。

土曜は久々の休日出勤だったのですが、案外酷いことにはならずに、16時に退社。

ギリギリ夕方タイムに間に合いました。

そうはいっても、ゆったり湯船という訳には行かず、慌しくシャワーを浴びて縁台へ。

肴は小茄子の漬物。

Dsc00092

そして日曜。

雑用してたら一日が終わってしまいました。

16時半には風呂の掃除を始めて、17時には縁台へ。

肴は茹でたオクラと大根おろし。

空の感じが「ハチガツ」って感じで、いいですねえ。

Dsc00094


で本日は久々に20時半に帰宅しまして、休前日の様に、ダラダラ飲んでいるのであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

Amazonのアカウントに侵入された話

そうそう、この話を書くのを忘れていました。

忘れていたというより、ほったらかしにして、時が流れるにつれて、だんだん面倒くさくなっていたのです。

しかし、被害を拡大しないためにも、世に知らしめた方が良いでしょう。


6月の下旬の事ですが、Amazonのアカウントで、勝手にギフト券を購入されてしまいました。

早めに気づいてキャンセルできたので、金銭的な損失はなかったのですが、いろいろ面倒なことがありました。

経過
1. 深夜、突如として大量のメールが届き始める。大半が外国語。
 いくつか見ましたが、
 「アカウントを登録したので有効化するための手続きを進めてくれ」
 見たいな感じです。
 その数、1分間に数十通。

 この時点で、この大量のメールがなぜ届いたのかは分かりません。
 また、このメールそのものが、問題のあるものかどうかは分かりません。


2.翌日、Amazonの注文履歴を見たところ(つまり、パスワードは変えられていなかった)、
 見覚えのないギフト券購入がありました。
 金額にして18万円。
 
 直ぐにAmazonに電話したところ、キャンセルすることが出来ました。

おもな経過としては以上ですが、いくつか気づいたことをメモします。

・たまたま、購入した商品に不具合があり、返品手続きを進めていた関係で、注文履歴を見たことが奏功しました。それがなければ、直ぐには気づかなかったと思います。

・Amazonからの「ギフト券が注文されました」メールは、大量のメールが届き始めた10分後くらいに届いていました。
 これは想像ですが、「ギフト券が注文されました」メールに気づかせないために、大量のメールが送られてきたのではないかと思います。

 たとえば、指定したメールアドレスで、世界中のフォーラムやらなんやらに登録依頼を送信するようなツールを作ってあって、
 それでいっせいに登録が行われ、各サイトは登録されましたメールを返信したのではないかと・・・。(これは想像です)

・既にキャンセルした後でしたが、
 「ギフト券が開封されました」メールが届いた際にも大量のメールが届きます。
 実に1分間に100通以上。

・Amazonのパスワードは変更しました。(オペレータに再設定メールの送信を依頼して変更)

・初めてのメールアドレスにギフト券を送る場合、クレジットカード番号入力の要求があるのではないかと思います。
 だとすると、犯人は、Amazonのパスワードだけでなく、私のクレジットカード番号も入手していたことになります。
 結局、クレジットカード番号も再発行することになり、カード会社に電話したり、自動引き落としの変更など、面倒でした。

・犯人が、Amazonのパスワードを変えなかったのは何故か分かりません。
 ギフト券が購入されたことに気づかせないためかも知れません。

・そして、今回、すぐにきづかず、キャンセル出来なかったらどうなったか?
・或いは、このカードを使い続けて、再び不正利用されたときにどうなるか?
Amazonにしても、カード会社にしても、歯切れの悪い回答でした。

カード会社は「ご心配なら再発行をお薦めします」といいますが、私が心配なのは、再度の不正利用そのものではなく、不正利用があったとき、保険等で保障され、カードホルダーに損害が及ぶ事がないのかどうかなのですが、そこははっきりしませんでした。

おそらく、ここのケースごとの対応になるのではないかと想像しました。

みなさま、突如、雪崩のようなメールが届いたときは、ご注意ください。

ちなみに、未だに一日数十通のメールが届いております。

それと、ギフト券の送り先メールアドレス。
あえてここでは公表しませんが
有効なアドレスだとすると、ちょっとこれが気になっております。
( 手紙書いたりはしませせんけれど・・・ )


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅雨は本当に明けたのか?